小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-12-09 南佳孝@「難民の子どもたちに光を」
e0021965_84859100.jpg 10月の「小僧comこだわりジャズ・ライヴ」に出演していただいた南佳孝さんが、そのときの繋がりで「難民の子どもたちに光を」のチャリティ・イヴェントに参加してくださることになり、おととい丸の内oazoビル1階の特設ステージでフリー・コンサートが行なわれました。ピアニストだけをバックにしたギターの弾き語りによる1時間ほどのステージです。

e0021965_8492818.jpg 「夜間飛行」「ザ・ギフト」「君をのせて」「モンロー・ウォーク」など、小僧comのライヴとほぼ同じ曲でしたが、ピアノとギターだけというのが味わい深くて、前回とはまた違う雰囲気が楽しめました。とくに南さんのギターがこの間よりきちんと聴けて、元ギタリスト(?)のぼくはそれを至近距離で楽しめる幸福な時間を味わいました。

e0021965_8495832.jpg 今回のコンサートは、世界各国にいる難民の子どもたちに食料・医療・教育などで支援をするための資金集めが目的です。それに賛同してくださった南さんはもちろんノー・ギャラで気持ちよくステージを引き受けてくれました。ぼくは直接の関係者ではありませんが、少しは縁のある人間として、南さんやスタッフのかたにお礼をいいたいと思います。
 イヴェント自体は明日の10日で終了です。4日から始まったイヴェントでは、連日12時、15時、18時の3回、さまざまなコンサートが催されています。南さんは7日の18時の部に出演していただいたわけですが、今日は15時から三枝成彰さん率いる六本木男声合唱団倶楽部、明日は同じ時間帯に自由が丘ゴスペルクワイアが登場する予定です。
 スケジュールやイヴェントの趣旨、さらにはネットで募金も受けつけていますので、詳しくはこちらhttp://www.kozocom.com/events/index.htmlにアクセスしてみてください。

e0021965_8501848.jpg ところでぼくは偉そうなことがいえる人間ではありませんが、ちょっとひとこと今日は書きたいと思います。みなさんがそうだとは思いません。でも、日本人ってチャリティに冷たいですね。昨日はそう感じました。
 最初から最後まで椅子にすわってじっくり聴いていたひとが、終わると募金箱には目もくれずさっさと帰っていきます。ひとりじゃありません。関係者に聞くと、そういうひとが毎日とても多いそうです。
 寄付は強要するものではありません。したがって寄付をする必要もありません。でも、気持ちって大切じゃないですか。「勝手にオープン・スペースでやっているものに、どうしてお金を払わなくてはいけないの?」といわれるかもしれません。通りすがりのひとならそれもいいでしょう。でもじっくり聴くなら、気持ちでいいんだから寄付していけよな、と心の中で思いました。
 丸の内です。みなさん、身なりもきちんとしていますし、年齢もそこそこです。会社でもそれなりの仕事をしているんでしょう。でも財布の紐は固い。けちというより、はなから寄付の感覚がないんでしょう。悪気はないんだと思います。チャリティに鈍感なだけだと思います。
 こんなこと、本音をいえば書きたくありません。でも、「お前も気をつけろよ」と自分にいい聞かせるため、自戒の気持ちを込めて書いています。
 不思議なのは、大災害や24時間テレビなんかではボランティアや寄付に異様な盛り上がりを示すことです。それとの落差を考えると不気味ですね。ぼくも含めて、「自分さえよければ」という気持ちが無意識のうちに心の中にはびこっているのかもしれません。悪意がないだけ、却って怖いかもしれません。気をつけなくては。
by jazz_ogawa | 2006-12-09 08:54 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4701104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ビビアン 財布をプレゼン.. at 2006-12-12 02:22
タイトル : プレゼントにビビアンスエストウッドの長財布なんてのはどう..
ビビアンウエストウッドの財布がほしい人集まりましょう♪ ... more
Commented by ギムレット at 2006-12-09 13:53 x
早速のご報告ありがとうございます。
暖かいコンサートの模様が伝わって参ります。しかし、それにしても
観客の方の心の冷たさと言おうか、無関心さが心寂しいです。
南さんのファンの方々に声を掛ければ、もっと集まって頂けたのにとも
考えましたが、主旨のがチャリティであり、自分が参加して積極的にボランティアをしている訳でなかったので声掛けをしませんでした。
先生の考えに私もとても共感をおぼえます。日本はまだまだ社会的な成熟度が低いように思います。私もたまに海外に行ったおりに思う事は日本人で良かったと、食事や環境面で単純に考えるだけでしたが、ではそう考える理由として豊かな日本にいて何か出来る事はないか、どんな意識をもてばいいかと考えても、なかなか実行にうつせません。そう、悪意はなくても意識が低いのです。今回のお話を読ませて頂いて自分も含めてとても考えさせられました。来年はボランティアのお手伝いを少しでも出来ればと思いました。
Commented by Abby Jane at 2006-12-09 14:43 x
小川さん 南さんのコンサート、盛り上がったようですね。聴きたかったです。私も日本では寄付に対して冷たいな、とよく感じることがあります。運営側にいると、辛らつにすら感じますよね。どうも「このお金がちゃんと恵まれない人たちに行くの?」という不安があるからなんでしょうか?

よく公園などに行くと、アマチュアのミュージシャンがギターケースを広げてパフォーマンスをしていますよね。海外ではお金を入れる人が日本よりも多いような気がします。私はどこにいても、自分が単純に気に入って感動すると、多額じゃないですけどお金を置くようにしています。

今日は、これから夜の部に友人、盲目のパワフルミュージシャン「増田太郎」が登場で、私もボランティアでお手伝いに行きます。私は小さな収入があって暮らせているのだから、ちゃんと寄付してきま~す。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-09 23:25
ギムレットさん、コメントありがとございます。寄付をするひとが正しくて、しないひとが間違っているとはまったく思いません。ただちょっと冷たいなぁと感じることがあったので、こういう書き方をしてしまいました。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-09 23:31
Abby Janeさん、さきほどはどうも。仕事があって途中退席しました。
ギムレットさんのところでも触れましたが、寄付するもしないも個人の自由です。でもそういうチャリティということも知っていて会場に来たのか、たまたま通りかかったらやっていたので観たかは知りませんが、ある程度の時間しっかりと聴いたのなら、少しくらいは志しを置いていったっていいんじゃないの? と思った次第です。
Commented by forcek at 2006-12-10 17:45 x
小川さん、おつかれさまです。日本人はホントに諸外国と比べるとマスコミに扇動されないとチャリティに消極的ですよね、俺もどんな形であれ「志し」は忘れないように気をつけたいと思います。後小川さんー詳しくはこちらのアドレスの拡張子が、htmlmになっていて飛ばないのでmを消してhtmlにしてください(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-10 18:14
forcekさん、ご指摘ありがとうございます。直しました。自分で確認しないところが、ぼくのいい加減なところで(笑)。
まあ、寄付をしないのもそのひとの「主張」だったのかもしれませんが、ぼくはそういうのいやですね。ぼくは、その趣旨に賛同できるなら、できる範囲でなんらかのお役に立ちたいと考える人間です。
それからこの場を借りて書いておきますが、当日いらした多くのひとは寄付をしています。
Commented by yuricoz at 2006-12-10 22:42
>はなから寄付の感覚がないんでしょう
確かに!!ラッキー♪時間があるから見ちゃおう♪で帰る。みたいな。
多分、南さんが無料で出てるとか、わかってないのかも。。。ステージ作るのもお金かかってるだろうし、そのお金も寄付できるのに。。とか考えてしまう自分・・・すいません。でも、聴いたら払えよな~少しでいいんだからさ~!!とちょっぴり怒る私。日本人は、グッズとかにチャリティを上乗せしたものを買う方が好きみたいです。チャリティしたぞ!!という証拠というか自分の確認がしたいんですね。認識は、まだまだ浅いです。
自分も反省します。行けば良かったです。。。
Commented by jazz_ogawa at 2006-12-10 23:34
yuricozさん、寄付の話は別にして、ライヴはとてもよかったです。スペースも広くないインティメートな雰囲気の中で南さんの歌が聴けるチャンスって、東京じゃなかなかないですもんね。
<< 2006-12-10 『硫黄島... 2006-12-08 John... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム