小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-11-03 日野皓正@Ginza Jazz International Jazz Festival
e0021965_20275746.jpg 昨年に続いて今年も「ギンザ・インターナショナル・ジャズ・フェスティヴァル」が開催されています(3日と4日)。これはGinza International Luxury Committee(国際ブランド委員会)に所属する各ブランドの起源であるフランス、イタリア、イギリス、アメリカ、日本の5ヵ国から話題のミュージシャンを集め、あちこちの施設を会場にすべて無料で聴かせてくれるフェスティヴァルです。今年は15グループ、総勢70名のアーティストが各国から結集しました。

 初日の今日はシャネルにある「ネクスト・ホール」で日野皓正クインテットを聴いてきました。日野さんは昨年発表した『ドラゴン』が素晴らしい出来映えで、そのときも「ブルーノート東京」でライヴを聴きましたが、今回は最近発表した『クリムゾン』からの曲が中心のライヴです。
 ぼくは『ドラゴン』で、ここしばらく日野さんが追求してきた音楽の完成形を見た思いがしています。メンバーのプレイも充実してきましたし、日野さんの音楽も奔放でアグレッシヴ、しかも心に優しい響きを与えてくれるものになったと感じたからです。
 若いころは力任せにぐいぐいと演奏を引っ張っていた日野さんですが、そういうひたむきさを維持しながら肩から力の抜けたプレイに、これまで積み重ねてきたさまざまなものが凝集されたように思われます。
e0021965_20281742.jpg その発展形が『クリムゾン』で、その中から<シャウティング><ハウ・インセンシティヴ><オール・ブルース><ガンボ><新曲><川の流れのように>などが演奏されました。<ガンボ>では、22歳のアルト・サックスを吹く女性の詩が日野さんによって朗読され、独特の口調とあいまって胸に迫まります。
 「わたしの願望。それは世界中の兵器を楽器に変えること。機関銃は重いでしょ。どうせ重いものを持つならチューバを持てばいいじゃない。鉄砲で女の子の心臓を打ち抜くなら、アルト・サックスで女の子の心臓を打ち抜こうよ」
 こんな内容だったと思いますが、最近の日野さんはステージでもよく平和を訴えかけています。今日はいじめのことについても話していましたが、ぼくもその考えには全面的に賛成でした。

 日野さんの演奏を聴いて強く思うのは、日野さんにしかできないジャズをやっていることです。ジャズの言葉を使いながら日本的な情緒を感じさせる音楽にぼくは気持ちが和みます。日本人同士、共通の情緒や文化的なバックグラウンドがあるっていうことなんでしょうか?
 <川の流れのように>は、美空ひばりさんのあのヒット曲です。これなんか下手をすれば奇妙なジャズにもなりかねません。しかし日野さんが心を込めて吹くメロディは、どこからどう聴いても《日野ジャズ》と呼べるスタイルになっていました。それがぼくにはとても心地よく響きます。

e0021965_18363312.jpg 最後に銀座とジャズの関係に話がおよびました。「ギャラリー8」や「ジャンク」など、散々入り浸ったライヴ・ハウスの名前が出てきて、あのころに思いを巡らせてみました。ぼくがジャズと出会ったのも銀座です。
 1964年のある日、偶然聴いた『ゲッツ=ジルベルト』がきっかけになりました。その日はシャツを買いに行ったのですが、その店で流れていたこの音楽に興味を覚え、シャツを買わず、近くの「ヤマハ」でレコードを買って帰りました。その先にジャズとの出会いがあるわけです。
 ソニー・ビルがオープンしたのは1966年でした。この日、日野さんは白木秀雄クインテットのメンバーとして「サバティーニ」があるフロアで演奏したそうです。ぼくもソニー・ビルにいたはずですが、ジャズが演奏されていたことは知りませんでした。時間帯が違ったんでしょうね。
 1966年は武道館でビートルズを、3週間後には厚生年金会館ホールでジョン・コルトレーンを聴いた年でもあります。そして、生まれて初めてライヴ・ハウスで日本人が演奏するジャズも聴きました。それが日野皓正カルテットだったんですね。新宿にあった「タロー」という店です。
 あれから40年。その間、ずっと日野さんの音楽を聴いてきました。そして、いまも日野さんはあのときと同じようにクリエイティヴなプレイを追求しています。ぼくはそういう姿勢に敬意を表したいと思います。

e0021965_20283345.jpg
 写真は終演後に楽屋で写しました。『となりのウイントン』の帯用に素敵なコメントを寄せてくださったので、お礼とご挨拶を兼ねて伺いました。この本にもニューヨークで日野さんと交わしたエピソードが書いてあります。あれからでも25年が経ったんですね。
 ところでこの写真の日野さん、亡くなられた弟の元彦さんそっくりなことに驚きました。元彦さんもいつも素敵な笑顔を見せてくれました。兄弟ですから似ているのは当たり前ですが、それにしてもそっくりです。まるで元彦さんと一緒に写っているような気持ちになります。

 今日はいろいろな意味で人生の年輪というか、積み重ねを考える1日になりました。
by jazz_ogawa | 2006-11-03 20:40 | ライヴは天国 | Trackback(4) | Comments(11)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4479768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from こくみん共済で充実保障!.. at 2006-11-03 22:26
タイトル : こくみん共済で充実保障!!【全労済のこうみん共済】
全労済のこくみん共済(国民共済)であなたのライフプラン見直しませんか? 幅広い保障で年齢にかかわらず掛金一律 シニア キッズプランも充実! 全労済 割戻金 県民共済 保険 外国人 甲状腺 1600 円 医療 保険火災 保険cm 全労災 県民 共済 割戻し金 解約 医療 医療 タイプ ブライダル キッズ タイプ キッズ 個人 定期 生命 共済 事業 規約 学校 評判 医療 終身 タイプ 自動車 保険 都民 共済 住所 変更 火災 共済 全労災 出産 火災 保険 1 600 円 地震 保険 府民 共...... more
Tracked from パチンコ美空ひばり必勝法 at 2006-11-10 10:23
タイトル : パチンコ美空ひばり必勝法です
パチンコ美空ひばり必勝法です... more
Tracked from 無料楽曲配信サイト オス.. at 2006-11-10 14:33
タイトル : 無料楽曲配信のオススメ情報!!
無料楽曲配信サイトおさがしですか? ココにはプロ・アマ問わず音楽を本当に楽しむ人が集まる楽曲を取り揃えた無料配信サイトの情報ばかりです!! 各サイトから無料で配信されるかっこいい音楽を聴いて楽しい音楽のある生活をおくりましょう!! インディーズで活躍している歌手・グループの情報も♪ 明日の日本の音楽シーンを担う彼らの楽曲もここから!!! ... more
Tracked from シャネル(Chanel).. at 2006-11-25 23:53
タイトル : シャネル(Chanel)の化粧品 優雅な魅力
シャネルは、「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」という積年の疑問への回答として、素材を女性服に応用し、スポーティでデザインのシャネル・スーツを生み出した。この姿勢は、シャネルの後を引継いだ、カール・ラガーフェルドにも引き継がれている。... more
Commented by fanfan at 2006-11-04 11:01 x
こんにちわ。日野さんのエネルギー。タフさには敬服です。。
私も昨日銀座におりました。山野楽器に用があっていったのですが、お店へ向かう途中でレディキム?さんでしたか、女性シンガーが道端でタバコすっているところに出くわし、ジャズフェスタの存在を知りました。

山野楽器店頭でも宣伝をしていたので、今日もフランス人らの演奏を聞けるようだったら行ってみたいと思います。
でも、こういう無料コンサートをどんどんやってほしいものです。
音楽は、人の心臓を打ち抜きますものね。。

Commented by jazz_ogawa at 2006-11-04 12:07
fanfanさん、ぼくも街がひとつになってジャズを提供するっていう試みはいいことだと思います。それで多くのひとが集まり、それが盛り上がれば継続する力になりますし。それと良質な音楽が持っている力はとても大きいと思います。
Commented by yuriko at 2006-11-04 14:43 x
私も昨日、銀座にいました~♪そのようなイベントがあったなんて知りませんでした!!素敵ですね♪もっともっといろんなところで、このようなイベントをやっていただきたいです♪写真の日野さんは、今までの日野さんのイメージよりもぽっちゃりされてます。(笑)
Commented by NetHero at 2006-11-04 18:01 x
小川さん、こんばんは。

私も生まれて初めて、日野さんのライブを聴いたのは「タロー」でした。小川さんより、かなり遅れて(笑)だと思いますが、72年の4月頃だったと思います。フロント2管のクインテットでした。あの狭苦しい「タロー」での、日野グループの演奏は、当時得意のモーダルな曲ばかしで、トコさんのドラムソロなんかは、床も抜けんばかりでした。

その後、日野さんのライブはずっと後の93年6月に New York のスィートベイジルで聴いたのですが、主にスタンダードの演奏でズート聴き易くなっていました。 でも、日野さんのエネルギッシュさは変わっていなかったですね。

話は変わりますが、小川さんは、66年のコルトレーンの日本ライブをお聴きになっているとか、、、。改めて恐れ入りました。
因みに66年の私は、主に加山雄三を聴いていました。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-11-04 22:46
yurikoさん、せっかく銀座にいたのに残念でしたね。結構、あちこちでやっていたんですけどね。日野さんは、ステージではもっと精悍な印象でした。きっと、写真のせいでしょうね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-11-04 22:52
NetHeroさん、ぼくも当然加山雄三は大好きで、若大将に憧れていました。最近DVDのボックスがいくつも出て、全部買ってしまったほどで、いま観てもあのころの若大将はかっこいいとため息をついています。
コルトレーンは、<マイ・フェイヴァリット・シングス>しか知らずに聴きにいったので、最初同名異人かと思ったほです。その程度の知識しかなかったんですね。
ぼくが最初に観た日野さんのカルテットは、大野雄二、稲葉国光、トコさんでした。稲葉さんがベースをフラメンコ・ギターみたいにして<星のフラメンコ>を弾いたのが一番記憶に残っています。
Commented by NetHero at 2006-11-05 05:12 x
小川さん、続きです。

加山雄三は、一種の神様の様な存在でしたね。彼の作った曲は一杯ありますが、「夜空の星」とか「旅人よ」なんてのは語り継がれてよい楽曲と私は思っています。

彼は New Jersey 在住なんですね。当地 L.A. にも昨年、コンサートでやってきましたが、行った人の話に拠れば、なんでも2時間ほどのコンサートを全て英語で通したとか、、、。それも結構、うまい英語とのことでした。人の話なので、真偽の程は、分かりませんが全くの嘘ではないと思います。

先週は、懐かしの布施明が来てコンサートをしていたようです。彼もいい歌が一杯ありますよね。

今週7日火曜日の夜は、渡辺貞夫さんが Peter Erskin のトリオ とハリウッドのクラブでコンサートをするようです。トリオのメンバーは、多分アランパスコァ on Piano, デーブカーペンター on base と思います。値段も $25 と手頃なんですが、如何せん時間帯が悪く、私は残念ですが行けそうもありません。貞夫さんもいいお年なんで、元気なうちに、もう一度演奏を是非聴いてみたいのですが。
Commented by NetHero at 2006-11-05 05:35 x
すみません。ひつこく続きです。お許し下さい。

私の聴いた 日野クインテットのメンバーは、植松隆夫 on tenor, 益田幹夫 on piano, 池田芳夫 on bass, 日野元彦 on drum と云うメンバーでした。最初の曲は日野さんのアルバムにも収録されている "Love Nature" とか云う名前の曲でした。フリーダムジャズダンスの様な出だしが結構大げさな曲で、今でもメロディーは口ずさめます。

あと思い出と云えば、「タロー」の狭いトイレで鍵をかけずに小用を足していたところ、ベースの池田芳夫さんが、あやまってドアをあけてしまい、「失礼」と言ってドアをあわてて閉められたと云うことぐらいでしょうか。

小川さんの「星のフラメンコ」に比べれば、意外性及び衝撃力に大いに欠けますね。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-11-05 08:51
NetHeroさん、加山さんはニュージャージーに家を持っているんですよね。それで、昨年はカーネギー・ホールでもコンサートを開きました。ぼくはたまたまニューヨークにいたんですが、残念ながら行けませんでした。
そういえば、ビートルズが日本に来たときも、同じレコード会社所属で英語も喋れることから宿泊先のホテルに遊びにいっていますよね。羨ましい!
Commented by forcek at 2006-11-07 01:34 x
小川さん、日本のジャズの牙城を守ってきた3人(秋吉さん、渡貞さん、日野さん)は相変わらずスゴイですね、でも今日も俺は飲みながら
脳内麻薬をより多く分泌するジャンキー達を選んで聴いてますが(笑)
やっぱジャズって少しでも感じてはまるとマジに飽きないんですよね
アァーそうだ小川さんー今度は俺もブログをexciteに作りました。http://forcek.exblog.jp/ です(笑)



Commented by jazz_ogawa at 2006-11-07 07:35
forcekさん、裏フォース、グッド・アイディアですね。ぼくも「ゴッド・ファーザー」は大好きです。アル・パチーノみたいな大人(役ではなくて)になりたいと思っていたのですが、これは無理でした(笑)。
<< 2006-11-05 ジョアン... 2006-11-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム