小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-09-25 映画『太陽』@銀座シネ・パトス
e0021965_22262418.jpg 週末に尾形イッセイ主演の『太陽』を観てきました。結論からいえば、この映画、よくわかりません。尾形イッセイ演じる昭和天皇の立ち居振る舞いが似ているなぁとは思いましたが、この映画が何を伝えたいのかがぼくには伝ってきません。
 「日本人には映像化が不可能なテーマ」という点での評価も聞きますが、いまの日本でこの映画を映像化するのに何がひっかかるんでしょう? 天皇陛下のことを描くのがタブーっていうことなんでしょうが、この映画を観て「よくこんな映画が作れたなぁ」なんてことは思いませんでした。ただし、「よくもまぁこんなテーマを選んだものだ」とは思いましたが。

 実際、天皇陛下の素顔なんか知りませんし、ニュース映像で紹介される仕草や言葉以外のことはわかりません。本音が伝ってくることはなかったでしょうから、天皇陛下の心のうちだってわかりません。
 だからぼくがイメージしている範疇でいうなら、尾形イッセイはとても上手でしたね。しかし、作品としてはどうなんでしょう? 封切られてからかなり時間が経っているのに、小さいながら映画館はほぼ満員でした。ですから評判はいいんでしょう。
 ぼくの感想は、映画とは無関係のことも含めて考えさせられる作品だったことに尽きます。といっても、下世話なことなんですが。たとえば、終演後にパンフレットがよく売れていたことです。群れをなすように売り場に集まって、みなさんパンフレットを買っていました。こんなにパンフレットが売れる映画って珍しいと思います。
 映画の意味がわからないとパンフレットが売れるんだ──そんなことをすぐに思ってしまうぼくは不純なんでしょうね。となれば、ちょっとわかりづらい映画を作るのも手だな、なんて、さらに不純なことを考えてしまうぼくでした。

 この映画、きっと観る世代によって感じかたが違うんでしょう。ぼくは戦後の生まれですから、天皇陛下に「恐れ多くも」なんていう思いはほとんどありません。物心ついたときには神様じゃなかったんですから。でも、戦前のひとはそうじゃないんでしょうね。それからぐっと若い世代にとっては、天皇陛下とそれを取り巻くひとたちの様子をどう思うんでしょう? ぼくには滑稽に思えたんですが、多分同じようなものじゃないでしょうか?
 あと、マッカーサーとの会見や食事のシーンも不思議な光景でした。マッカーサーも一体どんな人柄をしているんでしょう。ちょっと普通じゃありません。天皇陛下よりマッカーサー側から、「こんな風に描いて」って文句がくるんじゃないかと思ったほどです。でも、観たひとの間でそんな疑問は湧いていないと思いますので、これまたぼくの勝手な感じかたなんでしょう。

 チラシには『天皇ヒロヒト――彼は悲劇に傷ついた、ひとりの人間。・・・「太陽」は戦争という悪夢の中で引き裂かれる、ひとりの人間の苦悩と孤独、そして彼の愛する家族をめぐる映画である・・・』と書かれています。ぼくはまったくそういう風には思いませんでした。感性が鈍くなっているのは否定しませんが、「本当かよ」という感じです。

 そういえば、高校のときに学園祭でぼくのクラスは「天皇制」についての発表をしたんですが(あのころは真面目に物事を考えていたんですね、きっと)、どんな内容だったかはすっかり忘れてしまっています。本当にそんなことをやったかどうかも、いまとなってははっきりしません。ひょっとすると、思い違いかもしれません。何かを調べた記憶はあるんですが。

 今日はなんだかへんな話題になってしまいました(今日だけじゃなくて、いつも変だと思われているかもしれませんが)。ではでは。
by jazz_ogawa | 2006-09-25 22:32 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4210973
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画 DVD 気ままなブログ at 2006-09-26 22:53
タイトル : 映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。
日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています~よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。... more
Commented by よし at 2006-09-26 04:26 x
元皇族の末裔である竹田恒泰さんのブログには、歴史的な考証も不十分だと書かれていました。私は在英のためまだ観ていないのですし、内容はともかくとして、なぜ今、この時期に、このテーマでの映画ができて上映されているのか、その意味について関心があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/takebom1024/39729034.html
Commented by forcek at 2006-09-26 12:58 x
小川さん、映画観てないんで何とも言えませんが(予定もありませんが笑)今回の「愛しのJazzMan」のブレイキーも面白かったです。写真と自動車が趣味だったんですねー、ヌードとノー・ブレイキーの話は笑いました(笑)同時に「大人スタイル」のエバンスの異様なむくみと反比例の美弾は何とも切ない気持ちになりますね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-09-26 14:51
よしさん、コメントありがとうございます。この映画、観るひとによっては「いい」という評価になるのかもしれませんが、ぼくには理解できなかったということです。何か訴えたい、伝えたいという製作者の思いはわかるんです。でもその「何か」が、生憎とぼくの鈍化した感性や歴史に無知なことから、理解できなかったのかもしれません。いずれにしても、観たひとそれぞれで、ぼくの「よくわからなかった」という感想も含めて、何かを感じればいいのではないでしょうか? 映画とか、音楽ってそういうものだと思います。もしいずれチャンスがあればご覧になって、ぜひご感想をお聞かせください。
Commented by jazz_ogawa at 2006-09-26 14:53
forcekさん、いつもいろいろと読んでくれてありがとうございます。こういうコメントは嬉しいです。テンションが下がるときもあるんですが、こう書いていただくとまたやる気が起こってきます。
Commented by fanfan at 2006-09-26 22:22 x
小川さんこんばんわ。気になってはいたのですが私は見ておりません。
何かテーマがあるのでしょうか?あるのでしょうね。映画なので。。(笑)
どういう視点で映画が展開してゆくのか興味あります。
やはり、大戦があった激動の「昭和」。天皇ヒロヒトが軍事化の日本に
何を思っていたのか強い関心はあります。
あとイッセー尾形さんの大学教授の物まねが好きです。
絶妙ですよね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-09-26 23:20
fanfanさん、この映画、ぼくには内容がよくわかりませんでしたが、そのことも含めて「考えささえられる映画」ではありました。それって重要なことで、日本が戦争に走った背景や現在の状況とか、いろいろなことを考えさせられましたし、いまも考えています。
<< 2006-09-28 あれから15年 2006-09-22 PANJ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム