小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-08-28 チック・コリア&タッチストーン@BNT
e0021965_23214916.jpg 昨日はいい音楽を聴くことができました。チック・コリア&タッチストーンです。昨年から今年にかけて、チックは欧米でタッチストーンと名乗るグループを率いてツアーをしています。ただし、昨日聴いたグループはそれとはメンバーが幾分違っていました。
 フルートのヒューバート・ロウズ、パーカッションのアイアート・モレイラ、リード楽器のティム・ガーランドは日本ツアー用のメンバーで、タッチストーンからはドラムスのトム・ブレックラインとベースのカルロス・ベナヴェンが参加した特別編成です。そこにフラメンコ・ダンサーのアウシ・フェルナンデスが加わっているのも興味深いところでした。

e0021965_2322758.jpg チックのファンならご存知かと思いますが、このタッチストーンは2枚組のアルバムがチックのサイト限定(http://www.chickcorea.com/)で発売されています。ぼくはてっきり「ブルーノート東京」でもこのアルバムから曲が選ばれるものと思っていました。ところがふたを開けてみたらまったく違っていたので、これも日本のファン向けだったんでしょう。チックなりの配慮だと思います。

 「セニュール・マウス」から始まったステージは想像以上に素晴らしい演奏の連続で、ライヴは2時間くらい続きましたがあっという間に終わった感じです。チックはここに来てさらに意欲的になっているようです。グループのサウンドにも細かい配慮をしていましたし、ソロも絶好調でした。
 それから数曲にしか参加しなかったんですが、フラメンコ・ダンサーとのコラボレーションも見事でした。ダンサーが加わることによって、チックも触発されていたのは明らかです。ラテン・フレイヴァーが強調されたことも当然ですが、それよりリズミックな要素がいつにも増して心地よい響きを獲得していました。

 全体の印象としては、初期のリターン・トゥ・フォーエヴァーにラテンの要素を強めに加味した感じです。アイアートが加わっていたことも理由のひとつですが、チックの弾くエレクトリック・ピアノもそうした雰囲気を思い起こさせてくれるものでした。ただし、決して昔の音楽やサウンドをなぞっているわけではありません。
 進化したリターン・トゥ・フォーエヴァーとでもいえばいいでしょうか。最初に「いい音楽を聴いた」と書いたのはこのことです。ぼくには、心のどこかで第一期リターン・トゥ・フォーエヴァーをもう一度聴いてみたいという願望があるんですね。アル・ディメオラやスティーヴ・ガッドが入ったリターン・トゥ・フォーエヴァーより、アイアート&フローラ・プリム夫妻とジョー・ファレルが入っていたリターン~のサウンドに愛着を感じているからです。
 それで最初に「セニョール・マウス」が演奏されたときに、「おおッ、この曲からきたか」と思いました。第一期のグループが演奏していた曲ではありませんが、心に描いていたリターン・トゥ・フォーエヴァーに近い演奏が聴けたからです。
 チックが弾くエレクトリック・ピアノに、いまと昔が交錯しています。こういうある種のデジャ・ヴュ感と現実とが心の中で行き来する音楽に堪らない魅力を感じます。その最たるものがストーンズのライヴですが、昨日のチックにもそれが感じられました。
 ヒューバート・ロウズとチックのデュオでほとんど全編が演奏されたバッハの「シシリアーノ」ももよかったです。ロウズはジャズ・クルセイダーズのオリジナル・メンバーでしたが、クラシックを勉強したいといってグループを辞めてニューヨークに出て行ったひとです。チックも7歳でクラシックのリサイタルを開き、ボストンでコンサート・ピアニストを目指し、その後にジュリアード音楽院に入ったほどです。
 ふたりが弾くバッハからは、微妙にジャズのフィーリングが反映されていて、それが何ともクールでかっこいいアプローチに思われました。チックのクラシック(もしくはクラシック的な演奏)は久しぶりに聴きました。こんな演奏に接すると、またじっくりと聴いてみたくなります。

 アンコールでは「メディテーション」が演奏されました。チックが弾くジョビンの曲は聴いたことがありません。しかもアイアートがヴォーカルも聴かせてくれました。彼がきちんとした歌をうたったのも、初めて耳にするものです。うまくはないのですが、雰囲気と味のある歌で、心を惹かれました。
 もちろん、これでステージが終わるわけにはいきません。最後はお待ちかねの「スペイン」です。これもいつも以上にリターン・トゥ・フォーエヴァー的な内容でした。そして、途中からダンサーも加わって、パフォーマンスとしておおいに盛り上がりました。

e0021965_23223395.jpg チックはこのあと「東京JAZZ」でオーケストラとの共演が実現します。こちらは30日に発売される『チック・コリア/リターン・トゥ・フォーエヴァー~ライヴ・アット・モルデ』をステージで再現するものです。タイトルからもわかると思いますが、チックの代表的な曲がオーケストラをバックに演奏されるはずです。ちなみに、このアルバムのライナーノーツはぼくが書きました。
 ということで、「東京JAZZ」のチックにも期待を寄せているところです。
by jazz_ogawa | 2006-08-28 23:31 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/4064480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-08-29 01:21 x
小川さん、最近チック聴いてないんですが、ヒューバート・ロウズとアイアート・モレイラもって言われちゃうと余計に触手が伸びますねー(笑)これでホントにフローラ・プリムとジョー・ファレルが入ったらスゴイっすね(クリード・テイラーにも聴かせたかったですね笑)小川さん、ハービィーとチックとキースはあの時代からマジに現代ジャズ界最高のレジェンドになり、音楽のサンクチュアリに届いた本物ですが、もしマイルスが生きていて今の彼らを聴いたらどう感じるんでしょうー(笑)イイ意味で、それがどうしたクソガキどもって言ってましたかねー(爆)
Commented by jazz_ogawa at 2006-08-29 07:31
forcekさん、正直にいうと、チックにはそんなに期待はしていませんでした。それだけに、このライヴにはなおさら強い印象を覚えました。いまの音楽になっているんですが、マイルス時代のチックみたいなところもありましたし。
Commented by NetHero at 2006-08-29 16:37 x
私も小川さんのお言葉 「ぼくには、心のどこかで第一期リターン・トゥ・フォーエヴァーをもう一度聴いてみたいという願望があるんですね」に全く同感です。 Chick Corea と云えばフリー演奏と思っていた1972年6月に、結成直後の Return to Forever を Finland の Poli Jazz Festival で聴いたのですが、曲の美しさ、分かりやすさ、に非常に感動したのを思い出します。 因みに、Steve Gadd, Bill Conners にメンバー変更された Return to Forever を翌年春に Village Vanguard で聴いたのですが、名曲 Spain が演奏されたにも関わらず、最初の感動にはほど遠かったです。
Commented by ohm at 2006-08-29 19:07 x
いまの音楽になっているんですが、マイルス時代のチックみたいなところもありましたし。
Commented by jazz_ogawa at 2006-08-29 23:13
NetHeroさん、1972年に早くもRTFを観ているんですね。ぼくはそれから半年後の1973年正月に、たしか渋谷公会堂だったと思いますが観ました。その丁度1年前に、結成されたばかりのウェザー・リポートをやはり渋谷公会堂で観ていましたし、あのころは時代が変わりつつあることを肌で実感していました。あのわくわく感がいまだに忘れられなくて、チックにしろザヴィヌルにしろ、いまもライヴを聴くと、心の奥にある何かが点火されるのかもしれません。
Commented by NetHero at 2006-08-30 16:35 x
「あのころは時代が変わりつつあることを肌で実感していました。あのわくわく感がいまだに忘れられなくて、チックにしろザヴィヌルにしろ、いまもライヴを聴くと、心の奥にある何かが点火されるのかもしれません。」
流石、プロの文筆家の小川さん。私の言いたい事をズバリ言ってくれました。これでスッキリしました。今夜は良く寝れそうです。ありがとう御座いました。(笑)
因みに、私も Weather Report は 1972 年の正月明けに大阪の Festival Hall で聴きました。結局、それが最初で最後の私の Weather Report ライブ体験でした。
Commented by jazz_ogawa at 2006-08-30 19:33
NetHeroさんとは同世代なので体験しているものがほとんど同じなんでしょうね。チャンスがあればゆっくりお話したいですね。
Commented by NetHero at 2006-08-31 16:02 x
体験しているものがほとんど同じでも、小川さんの方が中身はぐっと濃さそうですが、、、。(笑)
L.A. 近辺に来られることがあればお目にかかりたいですね。
その時は、小川さんの著作にサインをお願いします。
Commented by jazz_ogawa at 2006-08-31 17:33
NetHeroさん、中身が濃いかどうかはわかりませんが、音楽でも何でも体験が大事ですものね。要は、ぼくたちはすばらしい財産を共有していることだと思います。
LAにはあまり行きませんが、その節は連絡します。
Commented by NetHero at 2006-09-01 16:07 x
了解しました。その時は、粗相の無いように歓待させて頂きます。(笑)
<< 2006-08-30 「愛しの... 2006-08-27 ONGA... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム