小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 02:52
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
小川さん、 著作が続々..
by Fujiyama at 23:36
kikuさん、ぼくもブル..
by jazz_ogawa at 09:40
小川さん、こんばんは。 ..
by kiku at 19:14
めいこさん、「ピットイン..
by jazz_ogawa at 01:15
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005-08-03 愛しのJazz Man~チェット・ベイカー
 先日、チェット・ベイカーの話を、というリクエストをいただいたので、今日は彼のことを少し。

 独特の音色が強い哀愁を感じさせるチェット・ベイカーは、大好きなトランペッターのひとりです。ヴォーカルも肩から力が抜けていて、抜け過ぎのときもありますが、この抜け具合に何かほっとさせられます。チェットのトランペットとヴォーカルを聴いていると、きりきりしているときも心が和みます。沈静効果があるのでしょうか?

 そんなチェットですが、このひとには困った性癖がありました。かなりの麻薬中毒だったんです。ミュージシャンという職業柄、逃げも隠れもすることができません。彼が出演していたクラブの楽屋には、いつもヤクの売人が来ていて、貰ったギャラをそのまま取り上げていく光景がよく見られたといいます。
 当然、何度か逮捕もされました。ところが、そのたびにチェットは無罪放免になるんですね。どうして有罪判決を受けなかったのか? 理由は担当の判事がチェットの大ファンで、学生時代にトランペットを吹いていたからだそうです。
 アルト・サックスのアート・ペッパーは、同じ罪で同じ判事が担当したのに、トランペッターでなかったため、3年の有罪判決を受けました。しかしこうした情状酌量が、チェットの悪癖を助長したともいえるでしょう。これでチェットは“懲りないひと”になってしまったのですから。

 おまけの話もしておきましょう。麻薬中毒患者として名を馳せていただけに、チェットはなかなか来日することができませんでした。その彼が1986年にとうとう待望の初来日を果しました。そのときのインタビューで、彼はあっと驚く話をしてくれたのです。
 「わたしは麻薬をひとに勧めたこともなければ売ったこともない。自分の稼いだお金で自分の体に打っているだけだ。しかも56歳になってもこんなに元気で演奏もできている。こうやって日本にも来ているじゃないか(骨と皮のようになっている彼はとても健康体には見えませんでしたが)。だからそのどこが悪いというのだ」e0021965_041199.jpg
 こう言って、チェットは胸を張ったのです。
 しかし彼はこの来日から2年後、イタリアで宿泊していたホテルの自室窓から転落してこの世を去ったのでした。これも麻薬のせいで、窓から飛び出してしまったのではないだろうか? とぼくは思っているのですが(LSDの幻覚作用に飛べる気分になれる、というのがあるようです)。

 最後まで波乱万丈の人生を送ったチェット・ベイカー。きっと、心の中にはいろんな悩みや、寂しいことや、悲しいこともあったのでしょう。彼はそれらすべてをひっくるめて、音楽で自分のことを語っていたように思われてなりません。だから、ひとの心を打つプレイや歌を聴かせてくれることができたんじゃないでしょうか。
 ぼくはチェットのレコードやCDを聴くたびに、穏やかな気分になります。それと同時に、ときどきはその人生に思いを馳せてみたりもします。
 たった一度しか話すことができなかったチェットですが、とても印象的なひとでした。その人柄から醸し出される不思議な魅力が、音楽にも息づいていたように思われてなりません。
by jazz_ogawa | 2005-08-03 00:19 | 愛しのJazz Man | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/383001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by プログレ at 2005-08-03 00:47 x
チェット・ベイカーってすごい! 小川さん若い! というかかわいい? 小川さんが垣間見た、もっといろいろなミュージシャンの素顔を教えてください。
Commented by yoshi at 2005-08-03 02:42 x
小川さんのチェットの話を聞いて、チェット聞いてみたくなりました。「わたしは麻薬を~~~」のところ、なぜか妙に説得力ありますよね・・・。チェットの人柄がかいまみれてとても楽しく読ませてもらいました。ぜひその他のミュージシャンの素顔も教えてください!
Commented by ジャイロ at 2005-08-03 12:45 x
小川さんのラジオ(Inter FM)聞きました! ジャズだけでなく、ビートルズも詳しいんですよね。ラジオ用のレコード収集の話、さすがコレクターですね。コレクター道の話も、NY滞在中の話ももっと聞きたいので、どうぞ宜しく。
Commented by やす at 2005-08-04 00:08 x
小川さんの若い頃の写真ステキですね。ベイカーさんも神経質そうな顔をされていますが、いかにも、独特の個性的な演奏をしてくれそうな雰囲気です。CD探してみます。
Commented by ogawa at 2005-08-04 00:35 x
CD買うなら『Chet Baker Sings』がおすすめです。大人の味わいで彼のトランペット・プレイとヴォーカルが聴けます。
Commented by myuto at 2005-08-05 02:55 x
Chet Baker Sings買いました!小川さんのオススメどおり大人の味わいですね!トランペットの方が好きかもです!!!
Commented by decoppati at 2005-08-07 11:39 x
昔から尊敬していましたのでここで発見して楽しくブログ拝見しています。
83-4年だったか、NYの場末のカントリー聞かせる店でJacoが錯乱して
ヘロヘロになってたのを思い出しました。
彼もjunkieでしたし、非業の死を遂げましたよね。
楽屋に引きずり込まれそうになったのもいい思い出です。
Commented by ogawa at 2005-08-09 22:38 x
decoppati様、ぼくもJacoのヘロヘロ場面に何度か遭遇しています。彼もチェットと同じで破滅型の人生を送ったひとですね。今度、機会があればJacoの思い出話も書きたいと思います。またコメントお願いしますね。
Commented by プログレ at 2005-08-14 22:54 x
お奨めのCD「Chet Baker Sings」を聴いています。すごく甘い声で、ちょっとハスキーな女性の声?と思うくらいですね。 小川さんと一緒に写真に収まっている人物とは、全く結びつきません。 イヤホンで聴いていますが、脳細胞を揉み解されるようで、すごく良いです。
Commented by ogawa at 2005-08-15 00:22 x
プログレさん、たしかにあの写真からは想像できないかもしれませんね。『Chet Baker Sings』を吹き込んだのは、あの写真より30年以上も前で、そのころは“ジャズ界のジェームス・ディーン”と呼ばれたくらいの美青年でした。写真からはわかりにくいかもしれませんが、実際に会ったチェットは骸骨に皮がくっついているだけのような顔つきになっていました。麻薬のせいだとしたら、残酷な現実ですよね。
Commented by kiku at 2005-08-16 10:12 x
小川さんはじめまして。僕がジャズを知らなかった10年ほど前にカーラジオから流れてきたChetの歌声と独特の雰囲気にやられ、さっそく「Sings~」「Sings &~」の2枚を手に入れたところはまってしまいました。その後何枚かChetのCDを購入しましたが、特にその2枚は選曲もすばらしく今でもいついかなるときでもPlayさせれば聴き入ってしまうお気に入りです。まさに僕にとってはいちごショートのようないつ食べても「おいしい」アルバムです。これからも楽しいお話聞かせてください。では。
Commented by jazz_ogawa at 2005-08-16 11:36
kikuさん、ぼくもチェットの作品でもっとも好きなのがその2枚です。あとは、リバーサイドから出た「イン・ニューヨーク」も好きですね。
<< 2005-08-05 Work... 2005-07-31 久々には... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム