小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-06-28 エルダー・ジャンギロフ
e0021965_20201522.jpg 先週の金曜日(23日)と、この間の日曜日(25日)、立て続けにエルダー・ジャンギロフのライヴを観てきました。旧ソ連のキルギス共和国出身のピアニストで、現在19歳。昨年リリースされたデビュー作『エルダー』(ソニー)のライナーノーツを書いたこともあって、とにかく気になっていたピアニストの初来日です。その作品を録音した時点で彼は17歳でした。そして圧倒的なテクニックに、ぼくはびっくりしてしまったのです。
 メンバーは、つい先日発売された2作目の『デイリー・リヴィング~ライヴ・アット・ザ・ブルーノート』(Sony)と同じマルコ・パナシア(ベース)とトッド・ストライト(ドラムス)です。想像はしていましたが、ライヴではテクニックとスピード感に一層の磨きがかかっていました。デビュー作をレコーディングしてから2年近くが過ぎているのですから、当然といえば当然といえます。しかしすでにかなりの完成度をその作品で示していましたから、そこからさらなる成長を遂げるのも大変なことではあります。

 W杯でどんよりした気分になっていた金曜日は、そんなことを考えながら会場の「草月ホール」に向かいました。そして1曲目からぼくはその演奏に心を奪われてしまったのです。デビュー作に入っていた「レインドロップス」ですが、爽やかさと強力なタッチが入り交ざった独特のプレイが実に個性的な響きを醸しだします。
 つい先日発売された2作目の『デイリー・リヴィング~ライヴ・アット・ザ・ブルーノート』(Sony)でも気配は感じられていたのですが、エルダーのプレイは1作目より叙情味が表現されるようになっていました。それが超絶技巧でばりばりとピアノを弾く一本調子の内容から、変化に富んだ表現へと演奏を発展させていく原動力になったと思います。

 タイプやスタイルは全然違うのですが、エルダーのプレイに接して、ぼくは40年近く前に初めて聴いたチック・コリアのことを思い出しました。スタン・ゲッツのグループで初来日したのですが、まったく無名だった彼のプレイに、ゲッツより強い衝撃を覚えたんですね。
 その時点では、ジャズのコンサートなどほとんど行ったことがなかったのですから、そうした音楽との新鮮な触れあいもそのときの衝撃には加味されていたことを否定しません。しかし、彼のプレイからは何かまったく違う種類の響きが聴こえてきました。これは直感みたいなものです。
 それと同種の思いを、エルダーのプレイからも感じました。こういう体験は、チック以外でいえば、ウイントン・マルサリスがハービー・ハンコックのグループに入って初めて日本に来たときだけです。ですから、金曜日は実にいい体験をさせてもらいました。

e0021965_20203334.jpg ただし、ぼくは一方でこんなことも考えてもいました。チックもウイントンも登場してきた時代が重要なんです。彼らのような新人が、あの時代は求められていたんですね。ところがいまの時代、果たしてエルダーのプレイが多くのジャズ・ファンに求められているかといえば、残念ながらそうではないと思います。
 ジャズといってもスタイルが拡散してしまい、リスナーの興味も多様化しているため、伝統的なスタイルを発展させた形の演奏はそれほど高い評価は受けないのが現実です。そこが残念だし、情けなく思います。ジャズは日々進化している音楽ですからそうなるのも仕方ないのですが、それでも素晴らしい演奏やミュージシャンがそれなりの評価も受けられない現実は淋しい限りです。
 などと書いてしまいましたが、エルダーに対する評価はこれからです。ぼくの予想が先走りで的外れであることを祈るばかりです。3~4年後に、あのときは馬鹿な予想をしたもんだと、反省するようなことになればいいのですが。

 日曜日に行ったのは、一般には公開されない内輪の会でした。能楽師の大倉正之助さんが個人的に主催した会だと思うのですが、ぼくはAvexのかたから「ぜひ来てください」といわれて行ってきました。会場はキャピトル東急ホテルの「ザ・ガーデンビュー」です。ここで昼下がりにジャズのライヴが行なわれるというのも面白いセッティングです。大倉さんは鼓の人間国宝で、年齢はぼくと同じかちょっと若いか、といった世代のひとです。
 最初、ぼくはてっきりエルダーと大倉さんが共演するものとばかり思っていました。ところが共演はせずに、エルダーのトリオの演奏だけで終わってしまいました。なぜ大倉さんがエルダーを招いてこの会を開いたのか、ぼくにはわかりません。招待されていたかたも、みな能楽関係のひとみたいでした。そして、当のAvexの担当者は法事があるとのことで、その場にいませんでした。ですからぼくが呼ばれた理由も、会の目的も不明です。
 しかし、今回は「草月ホール」よりもっと至近距離でエルダーのプレイを観ることができました。ぼくの席からは、指の動きも手に取るようにわかります。流麗なタッチのエルダーですが、動きだけを観ていると、意外なほどごつごつした印象を覚えました。
 これって、昔、何度か「ヴィレッジ・ヴァンガード」で観たビル・エヴァンスの指の動きに似ています。彼も流れるような指使いではないのに、出てくる音は非常にスムーズで、しかも美しい響きを有していました。見た目と聴こえる音に、イメージ上の差があるとでもいえばいいでしょうか。
 「草月ホール」で聴いた「思い出のサンフランシスコ」の響きがとてもエヴァンス的だったのですが、その理由がわかったように思います。エルダーは驚異的なテクニックで話題を集めていますが、エヴァンスと同じで、バラードのように穏やかな表現をしたときのほうが魅力的です。それも、指使いと関係しているのかもしれません。

e0021965_20463687.jpg さて、今週の土曜日はHi-Fiのイヴェントがあります。何を回すか決めていませんが、「ONGAKUゼミナール」の余韻もあるので、サザン・ソウル特集でもしようかと思っています。興味のあるかたはぜひいらしてください。ぼくの出番は23:30から30分です。

【DATE】7/1(sat)
【PLACE】 @Shibuya PLUG(http://www.shibuya-plug.tv/
【TIME】23:00-05:00
【CHARGE】2000yen/1drink
by jazz_ogawa | 2006-06-28 20:33 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/3717956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-06-29 01:42 x
小川さん、エルダー・ジャンギロフはSJか何かで宣伝を見て、ジャケの剥き出しの鍵盤が印象的でどこか頭に残っていましたが、実際にはまだ耳にしてませんでした(小川さんのライナーなんですね)17才とか18才とか最近は若い人もたくさん出てきてますが、確かにその時点で完成されすぎてると先入観が先行しますから、後が余計に大変だと思いますが、やっぱり何でも最後は味が勝負ですから(笑)彼のこれからの人生経験や生き方が今後のプレイの大きな調味料になるのでしょうねー、しかし小川さんにチックやウイントンやエヴァンス等を想像させるということはタダ者ではなさそうですねー(笑)。
Commented by jazz_ogawa at 2006-06-29 19:21
forcekさん、まさしく仰るとおりで、これからの人生がいかに音楽上に反映されるかでしょうね。こういう凄い若者が最近は増えてきているようで、将来はどうあれ、いまの彼らをぼくは楽しんでいきたいと思っています。
Commented by yokohama at 2006-07-02 23:17 x
40を過ぎてジャズに出会いました。音楽的なことはさっぱりわからないおばさんです。去年はソニーロリンズのライブに感動しました。こちらの記事も興味深く読ませていただきました。今年も東京JAZZとブラッドメルドーが楽しみです。多分これからもうんちくは理解出来ないと思いますが、ジャズを愛し続けたいです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-07-02 23:30
yokohamaさん、コメントありがとうございます。ジャズは難しく考えず自分のスタイルで楽しむのが一番です。聴いているうちにいろいろな知識も増えていくでしょうし。今後もよろしく。
<< 2006-07-01 Work... 2006-06-25 「メンフ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム