小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-04-25 寺井尚子「夜間飛行コンサート」
e0021965_23204582.jpg 「めぐろパーシモンホール」には初めて行ったのですが、都立大学の近くにあるなかなか気持ちのいいホールでした。そこで23日に寺井尚子さんの演奏を聴いてきました。新作『夜間飛行』の発売に合わせて行なわれているツアーの東京公演です。ほどよい大きさのホールはほぼ一杯のお客さんで、いい雰囲気のうちにジョビンの「おいしい水」からステージが始まりました。

 寺井さんはジャズでは珍しいヴァイオリン奏者。クラシックのイメージが強い楽器を用いて、大胆かつ果敢にプレイするところが好きですね。強力でスピード感に溢れ、緊張感のある演奏。この特徴は新人のころから少しも変わっていません。
 女性でヴァイオリン奏者となれば、穏やかで優しい演奏を想像するひとが多いでしょう。ぼくも聴く前はそう考えていました。でも随分前に初めて六本木のライヴ・ハウスで聴いた寺井さんは、サックス奏者が顔負けするくらいばりばりとヴァイオリンを弾いてみせたのです。
 可愛い顔をした女性が、むさくるしい男性陣を向こうに回して、一歩もひけをとらないどころか、彼らをノックアウトする勢いでヴァイオリンを弾くのですからびっくりしました。なんと痛快な女性がいることかと思ったものです。そして寺井さんは着実に実力を伸ばし、音楽性を発展させてきたと思います。
 ライヴはたまにしか観に行けません。でもリリースされるたびにアルバムを聴いていると、ここ数年で彼女が自分の進むべき方向をはっきりさせたんではないかと思います。豪快なプレイは相変わらずですが、最近はそこに優美な要素を以前よりいい形で表現するようになってきました。このバランスがなかなか難しいところで、ゴージャズな雰囲気を強調してしまうと、ぼくのようなへそ曲がりはちょっと抵抗を感じます。
 音楽はあくまでゴージャスなほうがいいんですが、それだけでは物足りないんですね。もちろんばりばり弾けばいいものでもありません。何でもバランスが大事で、寺井さんの演奏は、そんな風に思っているぼくのテイストにぴたりとはまるんです。

 ぼくは軟弱な音楽が大好きです。昔からそういう傾向はあったんですが、それがここ10年くらい強くなってきました。別に寺井さんの音楽が軟弱だっていうことではないんですが、彼女の演奏を聴いていて、聴きやすい演奏がやっぱり一番だなんて思っていました。もちろん「聴きやすい=内容のない音楽」ということではありません。内容があって聴きやすい音楽がいいってことです。
 話が、今日も変な方向に来てしまいました。ぼくが思っているのは、自分の好きな音楽をとことん聴いていきたいということです。若いひとは他人の意見に左右されるかもしれません。それもいいんです。最初はいろいろなひとの話に耳を傾けることも大切です。
 すると、そのうちに自分の好きな音楽がわかってきます。前回書いた「ジャズ(音楽)がわかる」というのはそういうことじゃないでしょうか。
 「音楽がわかる」ということは、あるアーティストがやっている音楽、あるいはそのアーティスト自身でもいいのですが、それが「わかる」のではなくて、自分の好きな音楽が何か、それが「わかる」ことだと思います。
 ぼくが長い時間をかけて音楽を聴いてきたのも、極論してしまえば「自分の好きな音楽がわかる」感覚を養うことだったのでしょう。
 「ジャケ買い」という言葉がありますが、それも同じようなことです。ある程度音楽を聴き込んでくると、ジャケットを見ただけで内容が想像できるようになります。
 自分の感性を信じ、耳を信じることです。だって、ひとのために音楽を聴いているわけじゃないんですから。自分が楽しむために音楽は存在するんです。寺井さんのステージを観た帰り、小雨の中を歩きながらそんなことを考えていました。
by jazz_ogawa | 2006-04-25 23:24 | ライヴは天国 | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/3303433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 『音楽神殿』-au公式着うた at 2006-05-24 19:21
タイトル : ヴァイオリンの生音を着うたに
《音楽神殿》は、演奏家とファンとを着うたと新着情報で結ぶ、まったく新しい本格着うた参A4任后・▲・札垢呂海舛蕕・蕁崚Z-webトップメニュー」→「カテゴリで探す」→「着うた」→「クラシック・ジャズ」→「音楽神殿」... more
Tracked from 《音楽神殿》-au公式着うた at 2006-06-05 13:46
タイトル : クラシック無料着うたアリ
《音楽神殿》は、演奏家とファンとを着うたと新着情報で結ぶ、まったく新しい本格着うた参A4任后・▲・札垢呂海舛蕕・蕁崚Z-webトップメニュー」→「カテゴリで探す」→「着うた」→「クラシック・ジャズ」→「音楽神殿」... more
Commented by forcek at 2006-04-26 20:26 x
小川さん「めぐろパーシモンホール」音も良かったですか、「寺井尚子」ということで一つ質問していいでしょうか(笑)昨日たまたま2002年の6月号のSJを見ていて、小川さんの「ステイシー・ケント」へのインタビューと今回の「寺井尚子」の記事とシンクロしてなんですが(笑)小川さんこんな質問ですいませんが、今ままで女性アーティストにインタビューした中で(年齢や国内外問わず)誰がキレイでかわいいらしく印象深い人でしたか(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-26 23:50
forcekさん、ホールの音はよかったですよ。
きれいで可愛いというのは答えるのが難しいですね。一概に決められません。でも一番面白かった女性はカーラ・ブレイですね。彼女についてはいずれ「愛しのジャズ・メン(ジャズ・ウーマンですが)」で紹介しましょうか。
Commented by forcek at 2006-04-27 01:57 x
小川さんカーラ・ブレイっすかー、俺がジャズ聴き始めの時にまずよく聴かされた女性ジャズ・ミュージシャンはカーラ・ブレイでした(笑)彼女のDinner MusicやLive!をよく聴きましたが、そのおかげで自分でもThe Very Big Carla Bley Band やゲィリーバートンとのA Genuine Tong Funeralを買いましたが、最近は戸棚の奥でした(笑)一つ憶えているのは、彼女へのインタビューでハービーのスピーク・ライク・ア・チャイルドを聞かせた時に、彼女がハービーの(ホーン・アレンジ等の)センスに驚嘆していたことです、俺はそんなひとくせもあるけど純粋な女性が素直にいとおしく感じる今日この頃です(笑)明日は久しぶりに彼女を聴いてみようかなーっと思いました(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-27 23:48
forcekさん、カーラ・ブレイの音楽は本当に面白いですよね。ポール・ブレイ、カーラ・ブレイ、ゲイリー・ピーコック、アネット・ピーコクの不可思議な関係も興味深いですしね。
<< 2006-04-27 My O... 2006-04-23 「はっぴ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム