小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-04-09 「思い出のグリーン・グラス」
2006-04-09 「思い出のグリーン・グラス」
 昨日は森山良子さんのコンサートに行ってきました。渋谷の「オーチャード・ホール」で3日間、その中日です。場内は満員の盛況で、森山さんがいまも安定した人気を誇っていることに嬉しく思いました。

e0021965_1795811.jpg 森山さんは学校の1年先輩です。高校時代には学園祭などで同じステージに立ったこともあります。当時は(1960年代半ば)、大学生を中心にフォーク・ソングの大ブームでした。ぼくが通っていた学校は幼稚園から大学までの一貫教育で、大学では黒沢久雄さん(黒澤明の息子さん、知ってますよね?)が中心になったブロードサイド・フォーが大人気でした。
 森山さんは高校生でしたが、ブロードサイド・フォーのマスコット・ガール的存在でフィーチャーされていたんです。そのころは、あちこちの大学にフォーク・バンドがあって、マイク真木のモダン・フォーク・カルテットとか、フォー・ダイムスとかのグループが人気でした。
 それでこういうグループを中心にフォーク・バンドが10組くらい集まっては、毎週末にどこかでコンサートを開いていました。それも厚生年金会館や渋谷公会堂など、3000人規模のホールが満員になるコンサートを学生たちが主催していたんですから、いかに人気があったか、わかってもらえるでしょうか。
 そんな中で、森山さんは高校生ながら大スターでした。当時は“和製ジョーン・バエズ”などと呼ばれていたことを思い出します。たしかジョーン・バエズが来日したときも、共演したと思います。それで、そういうコンサートでは最後に必ずシングアウトとかフーテナニーといって、出演者全員がステージで「ウィ・シャル・オーヴァー・カム」や「わが祖国」といった曲を、お客さんと一緒に歌うのがならわしでした。

 森山さんのステージを観ながら、そんな昔のことを思い出していました。彼女がひとりでギターを弾いて歌う「さとうきび畑」から始まったコンサート。フル・コーラスをじっくり歌う姿に、その昔、舞台でジョーン・バエズのように「ドナ・ドナ」を歌っていた彼女のことが心に浮かんできました。
 そして、2曲目が「思い出のグリーン・グラス」。ステージで森山さんも紹介していましたが、これは高校を卒業してプロ・デビューした彼女がナッシュヴィルで録音した『森山良子イン・ナッシュヴィル』に入っていた歌です。日本ではトム・ジョーンズの歌でヒットしていました。
 あのころ、アメリカでレコーディングするのは“大事件”でした。しかも、カントリーの本拠地ナッシュヴィルで一流のミュージシャンをバックにカントリー系のアルバムをレコーディングしてきたのですから快挙と呼んでいいでしょう。
 発売されるや、渋谷の「ヤマハ」で買ったことを覚えています。中でも「思い出のグリーン・グラス」がフェイヴァリットで、それ以来ことあるたびにこのレコードを聴いてきました。iPODを買ったときにも、真っ先にiTUNEに入れたCDのうちの1枚です。
 その「思い出のグリーン・グラス」が、レコーディングから40年近くたったいま、相変わらずの澄み切った歌声で「オーチャード・ホール」に響きわたりました。そうそう、忘れていましたが、今回のリサイタルはデビュー40周年を記念してのものです。

 書きたいことは沢山あるのですが、長くなるので最後にもうひとつだけ。
 コンサートのラストで「30年を2時間半で」というドラマ仕立ての歌がうたわれました。内容は、どちらもいまはひとりものになっている昔の恋人が30年ぶりに偶然出会い、最初は喫茶店、次はホテルのバーで思い出を語り合う内容です。
 それで思ったのですが、リサイタルという形でないステージには何度か接していましたが、森山さんのリサイタルを観たのは35年ぶりぐらいなんですね。まさに「2時間半」のコンサートで、いっきにぼくは昔に戻っていました。そんなことを感じさせてくれるコンサートはそうそうありません。森山さんにとっての40年、長いようで短かったんでしょうね。その道程を凝縮したような素敵なコンサートでした。
by jazz_ogawa | 2006-04-09 17:13 | ライヴは天国 | Trackback(2) | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/3186392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Blink Link 役.. at 2006-04-16 22:42
タイトル : 食器・グラス
Blink Link 役立つリンク集にキッチン用品のページができました。鍋、やかん・ポット、クッキングツール、シンク回り用品、食器・グラス、水筒・ランチジャー、ブランド別、フライパン、包丁・はさみ、オーブン・製菓用品、テーブルウエア、アウトドア用品などキッチン用品が満載です。... more
Tracked from ギター初心者のための奏法解説 at 2006-05-03 12:28
タイトル : ギターメーカー K.ヤイリファンの集い
キラーも好きなアコースティックメーカー K.ヤイリですが、ファンの集いが開催されます。日頃は楽器屋さんでしか情報を得ることはできませんが、こういったイベントに参加することで、工場での生産内容や、ユーザー同志の意見など分かりギター奏者としては、かなりメリットが大きいイベントではないでしょうか? ... more
Commented by NetHero at 2006-04-09 18:37 x
小川さん、こんばんは。
NetHero@Corona,California です。
ブロードサイドフォー、懐かしいですね。
「若者達」ですか。確か。
私が高校一年の時でした。民青の歌だと一部では嫌われてましたが、
政治関係には全く無関心だった私は、事あるたびに歌ってました。

ところで、今夜、当地で Sonny Rollins のコンサートがありました。
30数年ぶりで見る実物 Rollins でしたが、おぼつかない歩き方とは関係無しにテナーは絶好調でした。インターミッション無しでアンコールの Tenor Madness まで約2時間。
ぶっとーしの演奏でした。75歳ですか。
見ているこちらの方が疲れました。(笑)
いやはや、世の中、凄い人は一杯いますね。
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-09 23:32
NetHeroさん、お久しぶりです。ロリンズ、元気みたいですね。ぼくも最後の日本ツアーといわれた昨秋のコンサートを2回観ましたが、まだまだ吹ける感じでした。日本には来れないようですが、欧米ではツアーを継続するようのなので、今後もチャンスがあればできるだけ観たいと思っています。
昨日の森山さんも、以前と変わらぬ美声と声量と若々しさに感激しました。
Commented by forcek at 2006-04-10 14:39 x
森山良子は小川さんの先輩なんですね、二人の学園祭でのステージ観てみたかったなー(笑)そう言えば小川さん話は違いますがコレクターガイドに載ってましたが、最初のアメリカ旅行で黄金コンビの猪木・坂口組の北米タッグ選手権を「オリンピック・オーディトリアム」で観たとありましたよね、俺も記憶のどこかに「カール・フォン・ショッツとクルト・フォン・ヘス」彼らの名前があったので調べてみたら、どうやらヘスは99年にカナダの自宅で心臓発作で死去したらしいですねーそれにカールとヘスはタッグコンビとしては絶妙だったけど私生活では犬猿の仲だったらしいです(笑)小川さん俺も昔のプロレスが好きだったのでついつい気になってしまいました(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-10 18:35
forcekさん、プロレスも好きですか。まるでぼくと瓜二つですね。年上ということで申し訳ないですが、力道山時代にぼくは何度も会場に行きました。渋谷に「リキ・スポーツ・パレス」という小さなアリーナを力道山が作り、地方巡業していないときはそこでよく試合していました。家がすぐそばだったので、何度も見に行ったんですよ。そのうち、プロレス談義もしましょう。
Commented by forcek at 2006-04-11 19:49 x
小川さんホントにご両親の出身地のことや諸々等、小川さんが他人じゃないような気がしてなりません(まぁもちろん俺の憧れからでしょーが笑)もしかしたら前世で何か繋がりがあったかもしれません(勝手な想像ですいません笑)ちなみに力道山はさすがに観れませんでしたので、俺の時代ではハリーレース(彼が1番好きでした)他にも、ザ・ファンクス、ビル・ロビンソン、ジャック・ブリスコ、ブルーノ・サンマルチノ、ディック・マードック、ダスティ・ローデス、バーン・ガニア、ニック・ボックウィンクル、ローランド・ボック、ボブ・バックランドなどこの辺も好きでした。猪木、馬場以外でも国際プロレスも見てましたね(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-12 00:43
forcekさん、留学時代はボブ・バックランドがWWWFのチャンピオンで、MSGで何度か試合を見ました。それにしても懐かしい名前が並んでいますね。ぼくも彼らは大好きです。
<< 2006-04-12 シカゴの... 2006-04-06 新しい才... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム