小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-04-01 Works & Information in April 2006
 まずは残念なお知らせから。昨年の7月にInter Fmでスタートした『赤坂泰彦One On One』ですが、3月末で終了いたしました。電話出演とはいえ、番組を通して赤坂さんと音楽の話ができたことは楽しい体験でした。
e0021965_23575419.jpg 4月はいろいろあります。2日はローリング・ストーンズのコンサートを観に埼玉スーパー・アリーナに行きます。チケットは「ゴールデン・サークル」です。大枚をはたきました。楽しんできます。
 4月中旬には河出書房新社から今年2冊目の本となる『JAZZ Talk JAZZ』が発売されます。出版社も販売に力を入れてくれるようです。店頭で見かけたら、立ち読みでもいいですからちょっとめくってみてください。
 22日には2ヵ月に一度の「Ongakuゼミナール」があります。今回のテーマは「はっぴいえんどと仲間たち」。ぼくなりの切り口ではっぴいえんどとその周辺を紹介したいと思っています。
 そして月末からはニューヨークに行ってきます。


【Activities】
04.22. 『小川隆夫ONGAKUゼミナール』(第8回:はっぴいえんどと仲間たち)
駒場東大前「Orchard Bar」 21:00~23:00 チャージ1500 円(w/1 drink) 問い合わせ:03-5453-1777
http://www.orchardweb.jp/

【Books】
04.15. 『JAZZ Talk JAZZ~証言で綴るモダン・ジャズの真実』(河出書房新社)


【Articles】
04.08. 『English Journal』(5月号)
    「ソニー・ロリンズ」

04.20. 『スイングジャーナル』(5月号) 
    「ディスク・レビュー」
    「名盤研究『キース・ジャレット/ケルン・コンサート』」
    「大西洋を渡ったハード・バップ」

04.20. 『CDジャーナル』(5月号)
    「カラー・レビュー」
    「試聴記」
    「輸入盤紹介」

04.25. 『月刊プレイボーイ』
    「ビートルズ・アンケート」


【Linernotes】
03.29. 『チック・コリア/スーパー・トリオ』(ユニバーサル)
03.29. 『チック・コリア/アルティメット・アドヴェンチャー』(ユニバーサル)
04.12. 『ピース・オブ・ア・ドリーム/ピロー・トーク』(ユニバーサル)
04.19. 『カエル・ボエリー/スウィッチ』(ポニーキャニオン)
04.21. 『ジョー・ベック/ブラジリアン・ドリーミン』(ヴィーナス)
04.21. 『テイラー・アイグスティ/ラッキー・トゥービー・ミー』(ビクター)
04.26. 『フィル・ウッズ/ジャパニーズ・リズム・マシーン』(BMGファンハウス)
by jazz_ogawa | 2006-04-01 00:00 | Works & Information | Trackback(2) | Comments(12)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/3121879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アドリブログ 〜セラビー.. at 2006-04-02 23:15
タイトル : MODERN JAZZ BEST SELECTION T..
アナログレコード  「アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全....... more
Tracked from アドリブログ 〜セラビー.. at 2006-04-02 23:17
タイトル : MODERN JAZZ BEST SELECTION T..
アナログレコード  「アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。『ジャズに名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全....... more
Commented by forcek at 2006-04-01 01:23 x
イヤー小川さんいいっすねー「ゴールデン・サークル」でのストーンズ、でもその価値は僕らの中ではその数百倍以上のものですね(笑)すいません小川さん今日もちょっと飲んでますが(笑)今俺はまだ「ブルーノート・コレクターズ・ガイド」を読んでる途中です(笑)月末からニューヨークですか、小川さん今一つ自分勝手に考えてる企画なんですが、いつの日か小川さんがニューオリンズからのジャズの旅に出た時(今回でもその他でもいいのですが笑)その時にドキュメンタリーで映画(映像)を撮らせてもらえませんかー、飾りも何もないロードムービーです(俺はシロウトでそんな経験等何もありませんが)いつも思うことは小川さんが行ったインタビュー等も映像として撮りたかったなーっと思っていました(肖像権や著作権等色々あるでしょうが)ビデオアーツにばかりいいところを渡さなくてもいいでしょー(笑)俺みたいなシロウトでも初期のアルフレット・ライオンのような情熱と神の視線が重なることを信じて生きるヤツもいます(笑)いつの日か純粋にかっこよかった愛と音楽と映像をこの腐った世の中に放ちたいそんな心境です(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-01 01:56
forcekさん、ぼくもまったく同じことを考えていました。『ブルーノートの真実』にしても『マイルス・デイヴィスの真実』にしても、今度出る『JAZZ Talk JAZZ』にしても、インタビューしたひとの数はそれぞれ100人前後はいます。それを映像に撮っておけばどんなに貴重なドキュメンタリーができたかと悔やんでいます。「ジャズ創生の旅」をするときは絶対に映像も残しておこうと考えています。そのときはぜひともご協力を。
Commented by forcek at 2006-04-01 12:34 x
小川さんホントですねーそれだけのインタビューは音楽の超貴重な資料でもありますから(笑)そういえばトム・ダウドのドキュメンタリー映画「いとしのレイラをミックスした男」(http://www.uplink.co.jp/tom_dowd/index.php)が公開しますね、とても楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-02 01:54
forcekさん、ぼくも「いとしのレイラをミックスした男」は観に行こうと思っています。トム・ダウドは、アトランティックのサザン・ソウル系作品にも関わっているので、クラプトンよりそちらに興味があります。
Commented by pink island at 2006-04-02 22:45 x
小川さん、初めまして。pink islandといいます。よろしくお願い致します。
今日リクエストしていたブルーノートコレクターズガイドを図書館から借りてきました。買わなくてすみません。今読んでいますが、その昔、東芝から発売された1500番台順次発売シリーズは、小川さんがかんでいたのですね。その当時、レコード屋でアルバイトしていた私は、全部は買えませんでしたが、気に入ったのを買っていました。レコードの体裁にほれぼれしました。帯でなく、シールドの上に丸ステッカーがとても良かったです。イニシャルプレスのみフラットディスクとコーティングジャケットにしびれていました。

音の書斎も良かったですね。それではこれからも、ご活動を期待しております。
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-02 23:52
pink islandさん、コメントありがとうございます。少し前にストーンズのコンサートから帰ってきました。pink islandさんのブログを拝見し、かなりのマニアとお見受けしました。今後ともよろしく。
ところでpink islandって、アイランド・レーベルのデザインから取ったんですか?
Commented by pink island at 2006-04-03 22:44 x
小川さん、こんにちは。早速ご返事いただきまして、ありがとうございます。ストーンズのコンサートよかったみたいですね。スーパーアリーナはテリトリー内ですので、チケット代がもう少し安ければ・・

ブログもご覧いただけたみたいで恐縮です。そうです、かなりのマニアですと言いたいところですが、いえいえまだまだです。とてもとても威張れるレベルではありません。こちらこそ、よろしくお願い致します。

うっ、流石鋭いですね。pink islandは英ISLAND RECORDSのレーベルデザインから取ってます。pink iレーベルまでをイメージしていただければと思います。
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-03 23:20
pink islandさん、当時の英国盤LPはヴィニール・コーティングとか味わいがあっていいですよね。それにしてもいまや英ISLANDのオリジナル盤はどれも高くなりましたね。

Commented by pink island at 2006-04-04 23:21 x
小川さん、こんにちは。そうですね、特に人気のあるレコードだと、平気で値が上がっていっているような気がします。
Commented by ダイスケ at 2006-04-06 00:54 x
小川さん、こんばんは。先日はお疲れさまでした。クラレンスカーター、スリップアウェイ、とてもスッキリです、ありがとうございました。ミシシッピ河をさかのぼる旅、何があっても参加したいです。jazz超初心者としては誰もが感動する場面で一人乗り遅れるなんてことがないよう予習頑張ります。でも楽しい予習です。その旅がいつか始まるまでの間、小川さんの文章で毎月バーチャルトリップさせていただき、最終回が終わった頃に実際に現地に向かう、なんて夢のような連載企画があったらいいなーとか厚かましいこと考えておりました。すみません。NHKテレビで留学!の連載が終わってしまってとても残念だったんです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-04-06 01:30
ダイスケさんこそお疲れさまでした。アメリカン・ルール・ミュージックの旅、ぜひとも元気なうちにやりたいですね。各地にいる長老たちも亡くなってしまいますし。
NHKの連載ですが、9月に単行本化の予定です。あらたに10本ほど書き下ろしました。出版の際はよろしく。
Commented by ダイスケ at 2006-04-07 22:48 x
ありがとうございました。書き下ろしもとても楽しみにしています。
<< 2006-04-03 It&#... 2006-03-29 クリヤ・... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム