小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
今日はAlfred Li..
by Tony at 18:15
昨日はありがとうございま..
by matc_tomo at 18:45
コメント失礼致します。と..
by kin3gin3fuji3 at 16:24
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
最新のトラックバック
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2023-10-20 Ella Fitzgerald
1975.2.15 Ella Fitzgerald 渋谷公会堂

2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23462450.jpeg

全盛期はとうの昔に過ぎていたけど、エラのヴォーカルは貫禄十分。彼女にしか歌えないジャズ・ヴォーカルが堪能できました。バックのトミー・フラナガン・トリオによる絶妙なサポートと、フラナガンの小気味がいいソロも極上。このとき、フラナガン・トリオは日本で久々のリーダー作を録音。このエリントン集はよかった。

Her heyday had long since passed, but Ella's vocals were still very dignified. I enjoyed her jazz vocals that only she could sing. The backing band, the Tommy Flanagan Trio, provided exquisite support, and Flanagan's lively solos were superb. At this time, the Flanagan Trio recorded their first leader album in Japan in a long time. This Ellington collection is good.

2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23464199.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23465318.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23470977.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23472461.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23473746.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23475096.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23480408.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23481734.jpeg
2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23482878.jpeg

『伝説のライヴ・イン・ジャパン 記憶と記録でひもとくジャズ史』よりhttps://amzn.asia/d/bVUdQzg

2023-10-20 Ella Fitzgerald _e0021965_23485283.jpeg

『トミー・フラナガン・トリオ/ア・デイ・イン・トーキョー』(LP)
ポリドール/Pablo MW 2120
The Tommy Flanagan Tokyo Recital(LP)
Germany Pablo 2310 724

[Side One]
① オールデイ・ロング(ビリー・ストレイホーン)5:12
② UMMG(ビリー・ストレイホーン)4:42
③ サムシング・トゥ・リヴ・フォー(デューク・エリントン&ビリー・ストレイホーン)3:04
④ メインステム(デューク・エリントン)6:55
⑤ デイドリーム(ジョン・ラトゥーシェ、ビリー・ストレイホーン)4:40
[Side Two]
⑥ ザ・インティマシー・オブ・ザ・ブルース(ビリー・ストレイホーン)6:10
⑦ キャラヴァン(ファン・ティゾール&デューク・エリントン)6:43
⑧ チェルシー・ブリッジ(ビリー・ストレイホーン)6:17
⑨ A列車で行こう(ビリー・ストレイホーン)5:17
トミー・フラナガン(p) キーター・ベッツ(b) ボビー・ダーハム(ds)
1975年2月15日 東京・目黒「ポリドール第1スタジオ」で録音

 日本でこのアルバムが吹き込まれるまで、トミー・フラナガン(1930年3月16日 - 2001年11月16日)は寡作家として知られていた。本作の担当ディレクター、岡村融がいきさつを話してくれた。これをもって、作品の紹介としよう。
「1975年にエラ・フィッツジェラルド(vo)の伴奏でトミー・フラナガンが来たでしょ。プロデューサーのノーマン・グランツも一緒だったから、『来日中に録音させてくれ』といったんです。ところが、よその会社からもいくつかオファーが来ていたんです。その話を聞いて、『これは取られてなるものか』とポリドールも名乗りをあげて、グランツと交渉しました。
 グランツは日本の定宿が虎ノ門の「ホテル・オークラ」。ホテルに行って、ロビーでよその会社の人間とばったり鉢合わせをしましたけど(笑)。そのときは、ジャズ担当の矢野泰三ディレクターとぼくと、それからミキサーとでグランツに会って。事前に油井正一さんに『レコーディングを考えている』と話したら、『日本では、歌の伴奏ではなくてハード・バップのピアニストとして人気があるから、ぜひやるべき』と、2、3曲リクエストもしてくれて。
 グランツと会うのはこれが初めて。そのときに、彼がびっくりしてるんです。『さっきもよそのレコード会社が来たけど、フラナガンは歌伴のピアニストだよ。それを録ってどうするんだ?』というから、『日本では違う。これこれこういうピアニストだから、彼は日本で人気がある』と。『売れたってせいぜい3000枚がいいとこだろう』というから、『間違いなく一万枚は売るから、やらせてくれ』と、啖呵を切ってね(笑)。ポリドールならパブロ・レーベルで出せるし、まあ面倒は省けますよね。しかもこっちはミキサーまで連れて行ってるから、その話もできる。
 ところがここで問題が出て、もうやめようかというところまでいったんです。われわれはハード・バッパーとしてのトミー・フラナガンのレコードを、ピアノ・トリオの編成で作りたい。しかも、彼はリーダー・アルバムを15年間吹き込んでいない。60年のムーズヴィル盤が最後ですから(60年5月18日録音の『ザ・トミー・フラナガン・トリオ』)。
 フラナガンにしたっていつも歌伴でしょ。リーダーでレコーディングするなら絶対に乗ってくるはずですよ。それで『やりたい』といったら、グランツが『ダメだろう』というんです。『あいつはデューク・エリントンが好きだから、エリントン集なら自分も賛成する』『ちょっと待ってくださいよ。日本でエリントン集なんか出したら、それこそ売れない。それじゃ話にならない』。
 結局、グランツから最終的に妥協案が出て、『ここでゴタゴタしててもしょうがないから、本人に任せよう。彼のやりたいことをやればいいわけだから』と。それで完成したのがこれです。みんなエリントンの曲でしょ。
 でもね、本人に任せて『いちばんやりたいことをやる』といわれたら、こちらはなにもいえないですよ。だけど、これでよかったんです。キーター・ベッツとボビー・ダーハムのリズムでは、やっぱりハード・バップはできないですから。(それで5桁はいきましたか?)完全にいきましたし、グランツへの面子も立ちました」
 ということで、このアルバムが世に登場した。前年にエリントンが死去したことから、フラナガンにはトリビュートの気持ちがあったのかもしれない。
 本作はパブロの本社があるドイツをはじめ、各国で発売されている。ただし、そちらはジャケット・デザインと、コンサート録音でないのにタイトルも『トーキョー・リサイタル』に変えられていた。このあと、フラナガンは数多くのリーダー作を世に送り出す。そのきっかけを作ったのが日本のポリドールだ。

by jazz_ogawa | 2023-10-19 23:49 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
<< 2023-10-20 Inde... 2023-10-19 Carl... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム