小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
今日はAlfred Li..
by Tony at 18:15
昨日はありがとうございま..
by matc_tomo at 18:45
コメント失礼致します。と..
by kin3gin3fuji3 at 16:24
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
最新のトラックバック
以前の記事
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2023-10-15 Miles Davis Septet
1975.1.22, 23, 2.7, 8 Miles Davis Septet 東京厚生年金会館ホール

2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00142080.jpeg

マイルス・デイヴィス3度目の来日。このときはバイトでお金を貯め、全5回の東京公演を最高の席で観た。

This was Miles Davis' third visit to Japan. This time, I saved up money with a part-time job and saw all five shows in Tokyo with the best seats in the house.

2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00144126.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00145558.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00150931.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00152125.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00153352.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00154544.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00155883.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00161255.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00162306.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00163484.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00164689.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00165814.jpeg
2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00171093.jpeg

『伝説のライヴ・イン・ジャパン 記憶と記録でひもとくジャズ史』よりhttps://amzn.asia/d/bVUdQzg

2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00172603.jpeg
『アガルタの凱歌』(2LP)
CBS・ソニー/Columbia SOPJ 92-93
[Side One]
① アガルタへのプレリュード [パート1](マイルス・デイヴィス)22:21
[Side Two]
② アガルタへのプレリュード [パート2](マイルス・デイヴィス)6:23
③ メイーシャ(マイルス・デイヴィス)12:19
[Side Three]
④ インタールード(マイルス・デイヴィス)26:20
[Side Four]
⑤ ジャック・ジョンソンのテーマ(マイルス・デイヴィス)25:24

マイルス・デイヴィス(tp, org) ソニー・フォーチュン(ss, as, fl) ピート・コージー(g) レジー・ルーカス(g) マイケル・ヘンダーソン(elb) アル・フォスター(ds) エムトゥーメ(per)
1975年2月1日 大阪・中之島「フェスティバルホール」で実況録音(「昼の部」)

2023-10-15 Miles Davis Septet_e0021965_00174110.jpeg
『パンゲアの刻印』(2LP)
CBS・ソニー/Columbia SOPZ 96-97
[Side One]
① ジンバブウェ [Part 1](マイルス・デイヴィス)20:26
[Side Two]
② ジンバブウェ [Part 2](マイルス・デイヴィス)21:24
[Side Three]
③ ゴンドワナ [Part 1](マイルス・デイヴィス)23:18
[Side Four]
④ ゴンドワナ [Part 2] (マイルス・デイヴィス)23:58

マイルス・デイヴィス(tp, org) ソニー・フォーチュン(ss, as, fl) ピート・コージー(g) レジー・ルーカス(g) マイケル・ヘンダーソン(elb) アル・フォスター(ds) エムトゥーメ(per)
1975年2月1日 大阪・中之島「フェスティバルホール」で実況録音(「夜の部」)

 1975年1月、マイルス・デイヴィスは2年ぶり3度目の日本公演を行なった。前年に録音された『ダーク・メイガス』(CBS・ソニー)からエイゾー・ローレンス(ts)とドミニク・ゴーモン(g)が抜け、サックス奏者がデイヴ・リーブマンからソニー・フォーチュンに交代しての訪日だ。こう書くとわかりにくいが、73年の来日メンバーからサックス奏者が変わっただけである。したがって、陣容は前回と実質的にほとんど同じだ。
 2年前はレコーディングをしなかったが、今回は2月1日に行なわれた昼夜2回のコンサートが実況録音された。昼の部を完全収録したのが『アガルタの凱歌』(現在のタイトルは『アガルタ』)で、夜の部が『パンゲアの刻印』(同『パンゲア』)だ。
「メンバーはほとんど同じ」と書いたが、その間の約1年半でマイルスのグループは音楽の完成度を高めていた。最大の要因はレジー・ルーカスの成長だ。単なるリズム・ギターを超えて、このときはみずからのグルーヴをバンドに加える存在になっていた。
 エレクトリック・サウンドを導入して以来、マイルスはソロ以上にリズムを重視してきた。チック・コリア(key)とキース・ジャレット(key)にはリズム面での役割が期待されていた。彼らが退団して以降、グループに革新的なビートを持ち込んだのがエレクトリック・ベースのマイケル・ヘンダーソンだ。
 キーボード奏者がいなくなった現在、ヘンダーソンとルーカスがその穴を埋めるようになった。前回の来日ではバンドの中で右往左往していた彼が、リズムをリードするまでになったのである。
 したがって、今回はグループがメロディよりリズム重視のパフォーマンスを繰り広げていた。変化を遂げるリズムとビートが混交、交錯していく中で、マイルスのトランペットが咆哮する。筆者が接したコンサートでは、前回以上に彼がグループを仕切り、メンバーを自分の手足としていた。中でも、役割を理解していたのがルーカスだ。
 マイルスのバンドでは、ピート・コージーがソロをとり、ルーカスがリズム・ギターを弾く。それがおおまかな分担だ。コージーはわが道を行く風情で、マイルスの音楽に関係なく独特のソロを展開していた。一方、マイルスのオルガンに通じるリズム・コンセプトを表現していたのがルーカスだ。
 ルーカスのことばかり書いてしまったが、もちろんマイルスのプレイはすごい。しかし、評判の高い日本公演のライヴ盤だが、筆者の意見はちょっと違う。
 完成度でいえば、この音楽は69年録音の『ビッチズ・ブリュー』(コロムビア)前後から始まった路線の終着駅といっていい。素晴らしさは認める。それでも、音楽は袋小路に入っていた。この路線でこれ以上の発展は考えられない。創造性は、72年に録音した『オン・ザ・コーナー』(同)でピークに達していた。あとは完成度を高めたにしても、惰性でここまで引っ張ってきた。
 これまでなら、ひとつの高みに達したところで、マイルスは次なる目標を見出している。ところが、そのアイディアが今回はない。未発表演奏を集めた『ビッグ・ファン』と『ゲット・アップ・ウィズ・イット』(どちらもコロムビア)を別にすれば、アルバム単位で70年代に吹き込んだスタジオ録音作品は『オン・ザ・コーナー』だけである。
 自身も音楽的なアイディアの枯渇に悩んでいた。椎間板ヘルニアや股関節の手術が必要なほど体調も悪かった。さまざまなことが重なり、精神的にまいっていた。それらが理由で、この年(75年)の9月5日にセントラル・パークで行なったコンサートを最後に、バンドは解散する。
 年末に手術をして、翌年をリハビリや療養期間にあて、77年にカムバックする――そんな青写真を描いていた。しかし、このあとは本人も予想しないほど長い沈黙生活に入ってしまう(復帰は81年)。
 最後になったが、『アガルタの凱歌』のジャケット・デザインは横尾忠則によるものだ(『パンゲアの刻印』はCBS・ソニーデザイン室にいたアート・ディレクターの田島照久が担当)。地球内部に存在したとされる地底王国アガルタに、横尾は数年前から興味を抱いていた。この国の首都、シャンバラをテーマに連作版画を制作したこともある。タイトルを聞いた彼には、すぐにジャケットのイメージが浮かんだという。
 もうひとつのタイトルに使われたパンゲアは、ペルム紀(いまから3億年近く前)から三畳紀にかけて存在した超大陸のことだ。どちらのジャケットも凝ったアートワークなので、できればLPで持っていたい。なお、76年に出たアメリカ盤の『アガルタ』はカヴァー・アートがエレナ・パヴロフ、デザインがジョン・バーグの別ヴァージョンになっている。それと、『パンゲア』のアメリカ盤は90年に発売されたCDが初出だ。

by jazz_ogawa | 2023-10-15 00:12 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
<< 2023-10-16 Mile... 2023-10-14 Book... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム