小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-01-29 マンハッタン・ジャズ・カタログ@朝日CC
2006-01-29 マンハッタン・ジャズ・カタログ@朝日CC_e0021965_1813039.jpg 11月に発売した『マンハッタン・ジャズ・カタログ』に連動させる形で、昨日は新宿の朝日カルチャー・センターで講座を開きました。内容は、代表的なライヴ・レコーディングを聴きながら、マンハッタンにある(あった)新旧のジャズ・クラブや穴場レコード店の紹介、それとライヴ情報の入手方法などについてです。持ち時間が1時間半なので、ダイジェスト的なお話しかできませんでしたが、少しはいらっしゃった皆さんのお役に立てたでしょうか?
 ひと前で話すのは苦手ですが、昨日はジャズ・クラブの写真などをスクリーンに写しながら喋っていたので、それほど苦にはなりませんでした。場内もほとんどの時間が薄暗かったし、スクリーンに顔を向けている時間が多かったので、何とかなったという感じです。

 改めて思うのは、マンハッタンには本当にジャズが息づいているってことでした。世田谷区くらいの広さの中に、一体いくつくらいのジャズ・クラブがあるのでしょう?
 ぼくが『マンハッタン・ジャズ・カタログ』の中で紹介したジャズ・スポットは173ヵ所です。その中にはたまにしかライヴをやらないレストランや、ジャズに限らず他のジャンルの音楽もブッキングしている店もありますので、実質的な意味ではもう少し数は少なくなります。それでも、相当な軒数であることは間違いありません。
 ニューオリンズで20世紀初頭に誕生したジャズですが、マンハッタンでは1910年代から演奏されるようになり、20年代以降は、現在に至るまでジャズの中心地として栄えてきました。その間に、どれだけのジャズ・クラブが誕生しては消えていったのでしょう? そうした歴史の中で、優れたミュージシャンが腕を競い、歴史に残る演奏が繰り広げられてきたんですね。

2006-01-29 マンハッタン・ジャズ・カタログ@朝日CC_e0021965_18134169.jpg 「ジャズは生きている」
 これはぼくが常々感じてきたことですが、そのことを実感させてくれるのがマンハッタンのジャズ・シーンを辿ることでした。『マンハッタン・ジャズ・カタログ』を執筆しながら、そして昨日の講座で話をしながら思っていたのがこのことです。
 ニューヨークに行ったことがあるひとでもないひとでも、ジャズ・ファンなら、そしてジャズに興味があるひとなら、マンハッタンでジャズ三昧をしてみたい。そんな夢の実現に、少しでもお手伝いができればと思って書いたのがこの本であり、昨日の講座でした。

 ところで、朝日カルチャー・センターでの講座ですが、現在のところ、次はアーティスト単位でやってほしいとのオファーを受けています。というわけで、次回はマイルス・デイヴィスを何回かにわたってやりたいと考えています。ただし、4月に教室のフロアが変わることもあり、どうやら7月から始まる期でやることになりそうです。
 そういうわけで半年ほど朝日カルチャー・センターはお休みします。内心ほっとしている反面、頑張って続けてきたので、中断というのはちょっと気がそがれますね。でも、ほっとしている気持ちのほうが大きいかな?

 2月18日には2ヵ月に一度の「ONGAKU」ゼミナールを駒場東大前の「オーチャード・バー」で開きます。テーマは「祝ローリング・ストーンズ来日」です。内容は未定ですが、これまでに体験したストーンズ・ライヴのことや、このブログでも書きましたがチャーリー・ワッツの話で盛り上がりたいと思います。お時間がある方は是非いらしてください。

 そうそう、2月下旬にはようやく『ブルーノート・コレクターズ・ガイド』も出版されます。その出版記念イヴェントも版元が計画中です。これも決まり次第お知らせします。
by jazz_ogawa | 2006-01-29 18:17 | Works | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/2612088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2006-01-29 21:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Double Fantasy at 2006-01-30 01:03 x
はじめまして。昨日は、楽しい興味深いお話をお聞きしながら、素敵な時間があっという間に過ぎてしまいました。嬉しかったです。すごい街ですね。名だたるジャズマンが巣立って行った息吹がひしひしと感じられ、聞いていてわくわくしました。ありがとうございました。不覚にも、不覚にも、車の入り口で手間取り、時間に遅れてしまいました。ジャズカタログの本をにぎりしめて、反省です。はい。7月も楽しみにしています。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-30 08:53
Double Fantasyさん、講座にご参加いただきありがとうございました。ざっとしか紹介することできず、せっかっくいらしていただいたのに物足りなかったのでは? と心配していました。
ところで、ジョン・レノンのファンなんでしょうか?
Commented by forcek at 2006-01-30 13:58 x
小川さん講座おつかれさまでした、2月18日にやる「ONGAKU」ゼミナールには仕事の都合が合えば寄らせていただきたいのですが、時間等などはもうお決まりでしょうか。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-30 16:36
forcekさん、詳細は以下の通りです。お時間あれば、いらしてください。
日時:2月18日(土) 午後9時~午後11時
会場:駒場東大前 Orchard Bar 03-5453-1777
入場料:1,500円(w/1 drink)
Commented by ヤマダ♪ at 2006-01-30 20:26 x
「BNコレクターズガイド」首を長くして待っておりまた。アト1ヶ月、待っております。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-30 23:29
ヤマダさん、お待たせしています。表紙の変更や、完成度をさらなるものにするため、当初の予定より大幅に遅れてしまいました。しかし本日、ようやくぼくの手を離れました。2月下旬には発売できる見通しです。
<< 2006-02-01 Work... 2006-01-27 月刊プレ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム