小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-01-15 2006年 渋旅初め@Shibuya O-EAST
 昨日は、雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、行ってきました。渋さ知らズのライヴ。しばらくぶりに彼らのステージを見ましたが、以前にも増してパワーアップされていたステージににやりとさせられました。
 このオーケストラ、純然たるジャズ、それもフリー・ジャズをやっているのですが、完全にジャンルを超越しています。会場に集まったファンにも、ジャズ・ファンなんてほとんどいなかったんじゃないでしょうか。渋さ知らズをジャズのオーケストラだと考えるのが間違いなんですね。
e0021965_18323240.jpg
 ごった煮の面白さというか、このオーケストラにはさまざまな要素があります。そもそも、ホーン・プレイヤーの並び方が雑多です。通常のオーケストラなら、ジャズもクラシックも歌謡曲も、何でもそうですが、トランペット・セクションとかサックス・セクションとかにきちんとわかれています。ところが、渋さ知らズでは半円形にホーン・プレイヤーが並び、トランペット奏者の隣にサックス奏者がいて、その隣にトロンボーン奏者、次にまたサックス奏者とか、ばらばらなんです。計算されたポジションに配置されているのかもしれませんが、見た目は雑然としています。

 この「雑然」が渋さ知らズの本質かもしれません。ぼくは彼らの演奏を聴いていて、アレキサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、バルトーク、ジョージ・ラッセル、スティーヴ・ライヒ、ジミ・ヘンドリックス、マイルス・デイヴィス、ローランド・カーク、ジャン・リュック・ポンティ、マハヴィシュヌ・オーケストラ、ラヴィ・シャンカール、山下洋輔、アルバート・アイラーなど、さまざまなひとの顔や音楽を思い浮かべていました。
e0021965_18324588.jpg
 この「雑然」は祝祭的なものも思わせます。盆踊りや阿波踊りからリオのカーニヴァルまで。日本的であって、外国的であって、何だか国籍不明。不思議なエスニック風味が醸し出されます。まったく関連はないのですが、ぼくのヘミングウェイ感にもどこかで通じているように思いました。
 ぼくがいいなと思っているは、音楽が非常に実験的でありながら、エンターテインメントになっているところです。凄いミュージシャンが集まって、やりたい放題と思わせつつ、その裏にしたたかな計算や構成が認められます。もうひとついいところは、フリー・ジャズでも踊れることなんですね。壮大な音楽絵巻をダンス・ミュージックにしてしまうしたたかさ。そこに渋さ知らズの面白さを感じます。
 オーケストラのメンバーにしても、通常の倍くらいの人数がいます。ヴァイオリン奏者がふたりいたり、バンドネオンみたいなものを弾いているひともいますし、ギターもふたり、チューバ奏者もどこかにいたみたいです。サウンドのぶ厚さと演奏のドライヴ感に圧倒されたステージでした。加えてダンサーや山海塾みたいなひとたちが出たり入ったりと、意味不明の面白さもこのオーケストラならではです。

 こういう音楽というかパフォーマンスは外国、とくにヨーロッパなんかで受けるんでしょうね。電撃ネットワークと渋さ知らズ。全然日本的でない日本のサブカルチャー(でも実はとても日本の土着性が認められるもの)が外国で受ける痛快さ。
 これまでのところ、レコード会社の肝いりで計画的に海外進出したアーティストのほとんど全部が討ち死にした事実を考えても、彼らのゲリラ的な進出には喝采をあげたくなってきます。というわけで、昨晩もいい夜が過ごせました。
by jazz_ogawa | 2006-01-15 18:38 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/2482847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by forcek at 2006-01-16 21:49 x
「渋さ知らズ」はあまり知らないのですが、フリーで踊れるはスゴイですねー以前フジロックに出てましたよね、サン・ラやアート・アンサンブル・オブ・シカゴ的な部分もあるんですかねー、渋全の中の「悪漢」はカッコイイですね、でもあの雨の中ライブに出かけた小川さんのアグレッシブさを見習いたいと思います。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-16 23:24
forcekさん、いつもコメントありがとうございます。そうですね、渋さ知らズはサン・ラ的でありサン・ラ的でない、AEC的でありAEC的でないという、わけの分からないところが面白いんですよね。
Commented by 山田♪ at 2006-01-18 19:50 x
上の内容と関係ない事で恐縮ですが、今朝の朝刊にボブ・ワインスットクの死亡記事がのっていました(朝日)。僕にとってはある意味、MILESのオリジナルクインテット始めブルーノートよりお世話になったプレステッジですので、感慨無量です。小川さんなら御親交があったんではないですか?コメントが読みたいです。厚かましいですが宜しく。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-18 23:50
山田さん、お久しぶりです。ボブ・ワインストックの冥福をお祈りします。彼とは一度だけインタビューしました。87年ごろだったと思いますが、そのときはフロリダで何とポルノ小説家になっていました。マイルスがコロムビアに移籍したときの話などいろいろと聞かせてもらい、そのあたりのことは『マイルス・デイヴィスの真実』に書きました。そのほかにもいろいろなところで、彼から聞いた話を書いています。春に河出書房新社から出る本(題名未定)にも、プレスティッジ創設当時の話を書きました。
Commented by 山田♪ at 2006-01-19 20:20 x
有り難う御座いました。そうしたB・ワインストックの晩年の様子を伺うにつけ、改めてA・LIONという人のレコードプロデューサーとしての晩年(ONE NIGHT WITH BN。Mt.FUJI)は幸せだったんだとつくづく思います。
Commented by at 2006-01-20 04:16 x
あああああああああああああああああ
Commented by TOMOKIX at 2006-02-03 14:26 x
はじめまして。あの日の会場に居た者です。渋さ知らズを知るまでは、JAZZのライブに行ったことはありませんでした。(渋さがJAZZなのか?疑問もありますが)ジャンルを超越した音楽そのものの楽しさや、凄さ、可能性が渋さの魅力の本質だと思います。その渋さのライブには、時々すごいゲストが登場するのですが、この日は「カルメン・マキ」さん。素晴らしい歌でした。こういうゲストに出会えるのも渋さのライブの楽しみです。
Commented by jazz_ogawa at 2006-02-03 18:02
TOMOKIXさん、ジャズとかジャンルにこだわらず好きな音楽を聴くのが一番ですよね。その点で「渋さ~」にはジャンルを超越したものがあり、いい感じで音楽をやっている集団だと思います。これからも何かあればコメントしてください。
<< 2006-01-19 『マイ・... 2006-01-13 チャーリ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム