小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006-01-01 Works & Information in January 2006
 明けましておめでとうございます。今年も皆さんにとってよい1年であるよう、心からお祈りしています。

e0021965_23471142.jpg 『月刊プレイボーイ』の別冊付録「小川隆夫のNYジャズ・ガイド」(全40ページ)は、先に発売した『マンハッタン・ジャズ・カタログ』のコンパクト版で、監修と執筆を担当しました。機会があれば書店で見てください。なお本誌の特集はジョン・コルトレーンで、こちらの監修は中山康樹さんです。
 25日には『ブルーノート・コレクターズ・ガイド』(東京キララ社)を出す予定で現在進行中ですが、年明けにもう一度校正をやりたいと希望を出していますので、発売は2月にずれ込む可能性があります。
 『赤坂泰彦One On One』の4日放送分は、その時間、ぼくがニューヨークから帰国する飛行機の中なので、残念ながらお休みです。翌週からいつも通りに始まる予定です。


【Broadcast】
毎週水曜日 『赤坂泰彦One On One』(Inter FM 76.1 7:20頃、出演)
01.02.  『平野啓一郎さんとの対談』(CS放送ミュージックバードの正月特番) 12:00~14:00(再放送 1月14日:18:00~20:00)

【Activities】
01.28. 新宿・朝日カルチャー・センターで『小川隆夫のマンハッタン・ジャズ・カタログ ジャズにはまろう』 13:00~14:30 問い合わせ:℡03-3344-1945


【Books】
01.25. 『さわりで覚えるジャズ・ヴォーカルの名曲25選』(樂書舘)
    25人分のエピソードを執筆

01.25. 『ブルーノート・コレクターズ・ガイド』(東京キララ社)


【Articles】
01.18. 『エンジョイ・スピーキング』(2月号) 
    「エッセイ:Reading JAZZ Bar #23」

01.20. 『スイングジャーナル』(2月号) 
    「ディスク・レビュー」
    「名盤研究『セロニアス・モンク/セロニアス・ヒムセルフ』」
「2005年度ジャズ・ディスク大賞選考・選考後記」
    「2005年度ジャズ・ディスク大賞・南里文雄賞選考・選考後記」
    「2005年度ジャズ・ディスク大賞・金賞『ウイントン・マルサリス/スタンダード・ライヴ』(ブルーノート)」
    「ニューヨークだけがジャズのメッカじゃない」

01.20. 『CDジャーナル』(2月号)
    「カラー・レビュー」
    「試聴記」
    「輸入盤紹介」

01.25. 『月刊プレイボーイ』(3月号)
    別冊付録「小川隆夫のNYジャズ・ガイド」


【Linernotes】
01.12. 『松永貴志/無機質オレンジ』(東芝EMI)
01.18. 『V.A./ジャズ・ザ・ベスト・ブラック~レコーディング・インUnites States』
(ユニバーサル)
01.18. 『V.A./ジャズ・ザ・ベスト・ブルー~レコーディング・インEurope』(ユニバーサル)
01.21. 『スティーヴ・キューン/亡き王女のためのパヴァーヌ』(ヴィーナス)
01.21. 『V.A./バラード・オン・ジャズ・ピアノ・トリオ』(ヴィーナス)
01.21. 『V.A./スタンダード・オン・ジャズ・ピアノ・トリオ』(ヴィーナス)
by jazz_ogawa | 2006-01-01 23:50 | Works & Information | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/2361575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanami at 2006-01-02 00:32 x
A HAPPY NEW YEAR!!

昨年は個人的に激動の年でしたが、暮れに小川先生と出会って、それまでの苦労を忘れることができました(苦笑。

今日はお正月早々カラオケで熱唱してきました。
ジョン・レノン、ビートルズも歌いましたよ!
やっぱり音楽っていいなー。

歌いながら、村上春樹の「意味がなければスイングはない」のコピーに使われている“月が消え、恋人に去られ、犬に笑われても、なにがあろうと音楽だけはなくすわけにはいかない。”という言葉を思い出していました。

それでは、良いお年を!!
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-02 01:57
kanamiさんこそよいお年を。

ぼくは日本で言うなら寝正月でしょうか。いまはテレビで『Ray』を観ています。映画館でもDVDでも観たのですが、テレビでやっているとまた観てしまいます。これ、音楽好きのひとにはたまらない仕掛け(シーン)があって、何度観ても興味深いです。深刻なところもありますが。もしご覧になっていなければ、是非お奨めです。何しろこのDVDは980円です!
Commented by kanami at 2006-01-08 01:32 x
小川先生こんばんは!「Ray」まだ観ていません。次にお店に行くときはチェックします!村上春樹「意味がなければ・・・」を読んでたら、またどんどん聴きたい音楽・知りたいミュージシャンがたくさんできました。小川先生の「マイルス・デイヴィスの真実」も早く読みたいし、平野先生も新刊・新作発表されているし、もう、ほんとうに困っちゃう♪
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-08 15:31
konamiさん、やりたいことがいろいろあるのはそれだけ日々が充実していることに繋がりますよね。ビデオやCDや本など、少しずつ楽しんでください。感想などありましたらぜひお聞かせ下さいね。
Commented by kanami at 2006-01-11 22:14 x
「Ray」観ました!レイ・チャールズをすすめられたときに真っ先に思いついたのは、和田アキ子が神と崇めてる人だったよなあ~という程度のお粗末なものでしたが。クインシー・ジョーンズやらいろんな人が出てきてとても興味深い。アメリカの歴史も少しなぞれるし。舞台になってるお店なども、ツウにはわかる有名店だったりするのでしょうね。もっと知識があればもっと楽しめそう。知識を増やしてまた数年後にも観てみたいと思いました。レイが薬をたつまでの半生はあまりに辛い。天才はやはり何かを背負わなくてはならないのでしょうか。しかし彼は母と妻には大変恵まれていましたね。強い愛情に胸をうたれました。
Commented by kanami at 2006-01-11 22:16 x
(続き)ところで、純粋に音楽を求めてお店を探していたからなのか、長いこと探していた「アマデウス」を見つけることが出来ました!小学生のときに観て大変な衝撃をうけたのです。名作なのに、なぜかいままで見つけることができなかったのでうれしいです。さっきまでお風呂で観ていました。豪華絢爛。おもしろい。
それから私が探している映像がもうひとつ。マイケル・ジャクソンとポール・マッカートニーの「Say Say Say」です。ピエロのようなメイクをしてふたりがダンスするシーン。あれが観たい!どこにあるのでしょう?もしご存知でしたら教えてください。では。
Commented by jazz_ogawa at 2006-01-11 23:11
kanamiさん、ぼくも『アマデウス』は好きな映画です。『レイ』も『アマデウス』もかなり長い映画ですが、あっという間に観終わってしまいました。それだけ、面白いっていうことですよね。
『レイ』で面白かったのは、アトランティック・レコードのネスヒ・アーテガンがレイと契約して、スタジオでレコーディングするシーンです。ぼくもプロデューサーをしていたことがあったので、昔はこんな感じだったんだろうな、などと思いながら観ていました。
ポールの「Say Say Say」ですが、どうなんでしょう、市販のDVDにはビデオ・クリップ集がないので観れないかもしれませんね。これも面白かったですよね。あと、スティーヴィー・ワンダーと共演した「Ebony & Ivory」もよかったですが、観たことありますか?
<< 2006-01-01 A Ha... 2005-12-29 「SAY... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム