小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
今日はAlfred Li..
by Tony at 18:15
昨日はありがとうございま..
by matc_tomo at 18:45
コメント失礼致します。と..
by kin3gin3fuji3 at 16:24
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
最新のトラックバック
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14082955.jpg
 このボックス、音楽もパッケージも最高です。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084284.jpg
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084277.jpg
 ハードケースには2種類のハードカバー・ブックが。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084343.jpg
 ひとつめのハードカバー。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084319.jpg
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084341.jpg
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084332.jpg
 各国のジャケットやチラシの写真と共に詳細なストーリーも。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084336.jpg
 この本の裏表紙は録音用テープ・ボックスの裏を模したもの。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14084342.jpg
 もうひとつのハードカバー・ブックには6枚のCDも収録。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101066.jpg
 最初のページを開くとやはりスコッチ・テープの箱が。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101007.jpg
 その箱が印刷されたページを開くとDisc1と2が収められています。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101003.jpg
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101081.jpg
 途中のページ。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101093.jpg
 最後のページ。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101086.jpg
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101058.jpg
 左右のページをさらに開くとDiscが2枚ずつ収納。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14101001.jpg
 この本の裏表紙。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14112317.jpg
 こちらはボックスの裏。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14112382.jpg
2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14112330.jpg
 ディスク・ユニオンで買うともらえる特典ボックス。

 さて、我が家ではパッケージの形状やサイズによって収納場所が異なります。それでときどきどこに置いたかがわからなくり、そうなると気になって、気になって。

 ということで、ブートレッグの新作が出たのを機に、ディランには専用のスペースを献上することにしました。

 今回出たのは11集ですが、1~3集はワン・ボックスにまとめられていたので、全部で9種類。こうやって眺めると嬉しくなってきます。

2014-11-24 ボブ・ディラン&ザ・バンド_e0021965_14112306.jpg



by jazz_ogawa | 2014-11-24 14:14 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(6)
Commented by 藤山 at 2014-11-25 07:30 x
小川さん、
お久しぶりです。
ジャズカンバセーションのリスナーでした。

ディランのブートレグ第11集を買われたのですか。
私も購入しようと思っています。

1970年代にロック少年だった私にはこういう話題も楽しみです。

Commented by 名古屋の正ちゃん at 2014-11-25 13:04 x
ディランの地下室は中身が気になっていたので、詳細に見せて下さってありがとうございました。ディラン・コーナーを含めた最近のCD棚も是非紹介して下さい。圧巻でしょうね!
Commented by jazz_ogawa at 2014-11-26 00:39
藤山さん、ラジオお聴きいただきありがとうございました。ディランは内容盛りだくさんでしばらく楽しめそうです。
Commented by jazz_ogawa at 2014-11-26 00:40
名古屋の正ちゃん、デモテープの集大成みたいな6枚組ですが、それはそれで実に興味深い内容です。ブックレットも豪華ですし。
Commented by mmm at 2015-01-21 11:32 x
昔、スイング・ジャーナルでマイフェイバリットアルバムとしてミュージック・フロム・ビッグ・ピンクを挙げられてましたよね。
待ちに待ったという感じでしょう。
ディランがうろ覚えで歌った900 hundred miles from my homeが、ディランの作品としか思えないような名作で、大好きです。
岡本おさみに日本語訳付けてもらって、拓郎にカバーして欲しいなあ。 
ところで、画像でみる脊椎・脊髄その基礎と臨床
Naidich 塩田悦仁訳 を読んでます。名著です。
やっぱり整形は難しいわ(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2015-01-22 10:44
mmmさん、脊椎外科は奥が深いですね。その昔、Scoliosisの発生メカニズムが研究テーマとして与えられていたこともあり、整形外科の中でも脊椎はぼくにとって重要な分野です。
<< 2014-11-26 イエス@... 2014-11-23 『Ven... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム