小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
今日はAlfred Li..
by Tony at 18:15
昨日はありがとうございま..
by matc_tomo at 18:45
コメント失礼致します。と..
by kin3gin3fuji3 at 16:24
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
最新のトラックバック
以前の記事
2024年 07月
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014-06-18 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』
2014-06-18 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』_e0021965_09282979.jpg
 先週の金曜日に日比谷の「TOHOシネマズシャンテ」で観てきました。

 1961年のニューヨークはグリニッチ・ヴィレッジが舞台。無名のフォーク・シンガーの物語で、虚実ごちゃ混ぜのストーリーが実に面白かったです。

2014-06-18 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』_e0021965_09283096.jpg
「ガスライト」は伝説のライヴ・ハウスで、ぼくが住み始めたころは「フォーク・シティ」と名前を変えていましたが、アパートの近くだったこともあり何度も行きました。

 ディランがニューヨークで初のライヴをやったのもこの店で、映画のエンディングでディランもどきのひとがステージに立つシーンにもニヤリとさせられました。

 感心したのは、ストーリー上中断せざるを得ない場面を除き、歌はすべてが完奏されていたことです。コーエン兄弟も音楽好きなんでしょう。

 映像は色彩がちょっとくすんでいて、あの時代に作られたような色調になっています。これもよかったですね。

 ぼくの心は常に60年代にありますから、60年代でニューヨークでフォーク・ミュージックとなれば、最高の取り合わせです。

 そういえば今度の土曜日は「ONGAKUゼミナール」での60年代音楽シリーズ。こちらはいまのところガラガラ。ア~。60年代後半のUKロックに興味のあるひとは来てほしいなぁ

 映画に話を戻せば、アルバート・グロスマンを思わせるひとがPPM結成を匂わせる下りなんかフォーク・ミュージック好きには堪らないです。

2014-06-18 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』_e0021965_09283066.jpg
 ライヴのシーンでは「500マイル」も歌われますが(もちろんフル・コーラスで)、ぼくも最初から最後まで歌えました。50年近く前にバンドで歌っていたときのことが懐かしく思い出された瞬間です。

2014-06-18 『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』_e0021965_09283583.jpg
 でもこの映画、音楽をやっているひとにとってはきつい内容かもしれません。デイヴィスさんみたいなひとはそれこそいまも昔も世界中にいくらでもいるでしょうから。プロの世界がいかに厳しいか、そのことを痛烈に感じさせてくれる映画でした。


by jazz_ogawa | 2014-06-18 09:31 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
Commented by NetHero at 2014-06-18 12:47 x
小川さん、ご無沙汰です。
"Gaslight"と"Folk City"は、別ハコだった様に記憶するのですが、、。
と言いますのは、私がNew Yorkに居た73~74年頃には、既に"Gaslight"は、クローズされていましたが看板は残っていました。
"The Bitter End"の前辺りで、Thompson@Bleeker近辺だったと記憶するのですが、、。"Folk City"は、別の場所でオープンしていました。
得意の古い話なんで、間違っていたらお許し下さい。
Commented by jazz_ogawa at 2014-06-19 17:12
NetHeroさん、お元気でしたか?
記憶があいまいなのですが、「ガスライト」はブリーカーからウエスト・サードに引っ越しして、そこが「フォーク・シティ」になったんじゃないでしょうか? ただし、これはぼくの記憶違いか妄想かもしれません。
Commented by NetHero at 2014-06-20 05:39 x
小川さん、お騒がせしてすみません。ウェッブで調べたところ、「ガスライト」は、「ビター・エンド」の前辺りではなく、2ブロック程、離れた場所に在ったようです。全く、私の記憶違いでした。隣に白い建物が在った記憶もあるのですが、ウェッブで「ガスライト」の跡地付近を見たら白いレンガの建物は在りました。しかし、40年前から在ったのかは全く不明です。まぁ、いずれにしろ古い話ですみません。
「フォーク・シティー」は、ウエスト・フォースに在ったのが70年にウエスト・サードに移転したとウェッブに書かれています。
40年以上前の話を、よく調べもせずに自分の記憶だけで書き込んだ事、再度お詫び致します。でも、古い話って楽しいですよね。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2014-06-20 23:59
NetHeroさん、当時のフォーク系ライヴ・ハウスとしては「Cafe Wha?」も重要で、こちらはいまもオーナーは変わりましたが、同じ外観のまま営業していますよね。たしかこのとなりにオリジナルの「Gaslight Cafe」はあったと、誰かに聞いた記憶があるんですが、これまた勘違いかもしれません。
ディランが掛け持ちで同じ晩に両方のクラブで歌っていたことがあるなんて話も聞いたような気がします。
Commented by NetHero at 2014-06-21 14:43 x
いやぁ、小川さん、流石によくご存知ですねぇ。「Cafe Wha?」なんててっきり小川さんのスペルミスと思いながら(笑)ウェッブを調べたらナナント、実在する有名な老舗カフェーなんですね。住所は115 MacDougal StなんでGaslight Cafeの隣となっています。その内、再訪の旅に行ってみたいです。ちょっと遠いのが難ですが。
Commented by jazz_ogawa at 2014-06-22 23:11
NetHeroさん、この店の近くに住んでいたので、たまたま知っていただけのことです。
いまや60年代のフォーク・シーンで重要な店はここと「Bitter End」ぐらいかしら。
<< 2014-06-19 チック・... 2014-06-16 生放送も... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム