小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2013-12-16 渡辺貞夫@「Orchard Hall」
e0021965_11064631.jpg
 14日の土曜日に渡辺貞夫さん恒例のクリスマス・コンサートに行ってきました。

 21回目になる今年のテーマは「ビバップ」。貞夫さんの原点です。

 今回は、チラシやプレス・リリース用の原稿を書かせていただいたので、何度か貞夫さんからコンサートについてのお話をうかがうことができました。

 それで、最初はビバップの曲ばかりをやるつもりだったみたいですが、それだと聴くほうもしんどいかもしれない。そんな考えにいたり、自分の原点はビバップだから何をやってもいいんじゃないか? みたいな考えになったようです。

 そういう経過を経て、当日演奏されたのはこんな曲です。

e0021965_11070144.jpg
 ビバップ・チューンもあれば貞夫さんのオリジナルもある。バランスの取れたいい構成になりました。

 このところ貞夫さんのライヴに再びよく行くようになりました。改めて驚かされるのは音楽の幅が広いこと。貞夫さんの場合はどんな曲を演奏しても貞夫さんの音楽になりますから、そこも素晴らしい。

 おとといのコンサートでは、まさに筋金入りのビバップが堪能できました。いまやこんな演奏ができるひともあまりいません。はるかに若いミュージシャンにビバップの神髄を伝えている。そんな構図を頭の中で勝手に描き、そのことに感慨深いものを覚えました。しかも日本人がジャズを生んだ国、アメリカのミュージシャンに対してですから。

 彼らもいい経験になったんじゃないでしょうか? アメリカでもこういう演奏をするチャンスはめったにないでしょう。その中で流石と思ったのがニコラス・ペイトンのプレイ。ビバップのフレーズやノリをちゃんとマスターしていて、貞夫さんのプレイに見事なまでにフィットしていました。もちろんリズム・セクションの3人も実力派ばかりですから、聴き応え十分です。

 とても充実した2時間余り。「お世話になった方に捧げる」と話してから最後に演奏した最新オリジナルの「ソリチュード」にホロリときました。

 師走のこの時期にこうしたハートウォームなコンサートに接することで、寒い外に出ても心は暖かでした。

 そしていつもこのコンサートで感じるのは年配のお客さんが多いこと。これも貞夫さんだからでしょう。

 あと、先日のTOKUさんとZeebraさんのホテルオークラ・コンサートも場所柄でしょうか、年配の方が多かった。こういう傾向は好ましいですね。ぼく以上の世代になると、コンサートに足を運ぶひとがどんどん減ってきますから、それもちょっと嬉しかった。

【出演メンバー】
渡辺貞夫(as)
Nicholas Payton(tp)
Aaron Goldberg(p)
Reuben Rogers(b)
Obed Calvaire(ds)
2013年12月14日 「渋谷Orchard Hall」


by jazz_ogawa | 2013-12-16 11:15 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/21457071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-12-16 11:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jazz_ogawa at 2013-12-17 12:49
鍵コメのMさん、この日はそのあとも予定があったので失礼しました。
タイミングがあえばぜひ「ONゼミ」にもいらしてください。
Commented by cyubaki3 at 2013-12-18 21:35 x
今は無き六本木ピットインでの渡辺貞夫クリスマスコンサートに行ったことがあります。80年代中頃の話です。
Commented by jazz_ogawa at 2013-12-19 07:46
cyubaki3さん、「六本木ピットイン」、懐かしいですね。
Commented by めいこ at 2013-12-19 12:33 x
ピットインですか!?
今でこそ、毎年行っていますが、六本木のお店は行ったことがありません。行っておくべきでしたね(^^ゞ
来年の4月も行きたいと思っています(*^^)v
Commented by jazz_ogawa at 2013-12-20 08:54
めいこさん、六本木の「ピットイン」は地下にあって、新宿のお店とは違い、けっこうゆったりしたライヴハウスでした。
<< 2013-12-18 福田重男... 2013-12-14 12月1... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム