小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005-12-04 クリヤ・マコト・ライブ
 昨日は、クリヤさんのラテン・ジャズを中心にした演奏を目黒の「ブルース・アレイ・ジャパン」で聴いてきました。
 先日の赤松さんと同じで、クリヤさんもぼくが「ナウズ・ザ・タイム・ワークショップ」を始めたころに知り合った方です。その少し前に、アメリカでの活動を終えて帰国したと記憶しています。以来、彼の演奏は常に注目してきました。そしてとうとう数年前には、現代音楽のサックス奏者である平野公崇さんの作品をプロデュースさせていただいた際に、クリヤさんに全面的な協力をお願いして、1枚のアルバムを完成させることができました。

 それはそれとして、昨日のライヴです。日ごろから多方面で活躍しているクリヤさんですから、ゲストも交えての楽しいセッションになりました。クリヤさんは数日前にヨーロッパ・ツアーから戻ってきたばかりで、その際にパリでレコーディングしたソロ・ピアノから1曲目が始まりました。
 芯が強くて、それでいて優しさに溢れていて、クリヤさんならではの美しい響きもあり、かなりの聴きものでした。ヨーロッパで録音したことが影響しているのか、ぼくが覚えたイメージはパリのカフェですね。そこでひと休みしている若い女性が頭に浮かびました。とても平凡というか、貧困な発想ですが。e0021965_17502484.jpg

 その後はステージに、ツアーを一緒にしたベースのコモブチキイチロウをはじめ、ドラムスの藤井摂、それとパーカッションの安井源之新を呼び上げ、カルテットでラテン風味を効かせたジャズを繰り広げました。2年ほど前にクリヤさんは『ラテン・タッチ』というアルバムをリリースしているんですが、そこからの曲がこの日は中心に演奏されたようです。
 クリヤさんのピアノは流麗にしてリズミック。次から次へとアイディアが湧き出てくるようで、ライヴならではのロング・ソロでもまったく飽きがきません。ベースとのやりとりもスリリングですし、本当にいいピアノを弾くひとだと感心しながら聴いていました。その後はゲストのサーロ(タップ)とKANE(ヴォーカル)が次々に呼び出され、ヴァラエティに富んだステージを楽しませてくれました。e0021965_540628.jpg ところでタップは凄い運動になりそうですね。多分15分以上はやっていたと思うんですが、目一杯にタップでリズムを取っていました。それを最初のステージで、途中に曲を挟んでですが2曲やるんですから、たいしたもんです。帰り道でぼくもやってみようかなと一瞬思いましたが、まあ無理でしょう。
 そう言えば、父親が若いころにタップを習っていたことを思い出しました。シューズとステップを印刷した紙が何枚も家にあったんですが、あれはどうしたのかなぁ。家を建て替えたときに処分してしまったかもしれませんね。そうだとしたら、勿体ない。

 さて、クリヤさんです。彼は本当に幅広い活躍で、しかもそれがいい形でそれぞれ実を結んでいるようです。ジャズから始まってファンクやクラブ・ミュージック、あるいは映画音楽や平井堅への楽曲提供とレコーディングやサウンド・プロデュース、さらにはコマーシャルやゲームの音楽までやってのけるのですから、何でも屋さんです。
 でもこの何でも屋さんがただ者ではないのです。何でも屋さんでも便利屋さんではないからです。すべてが本物志向ですから、よくぞこれだけ多方面にわたって、集中力が途切れないものだと驚かされます。こんな何でも屋さんは滅多にいません。
 レコーディングのときも、こちらが途中で根をあげたくなるほど音作りや演奏に完璧性を求めていました。きっとすべてのことでそうやっているんでしょう。ちょっと凄すぎます。その創造性と闘志には学ぶべきものが多々ありました。
 とは言え、「ブルース・アレイ・ジャパン」でのステージは寛いだ雰囲気の中で、クリヤさんのユーモア溢れるトークも重なり、非常に楽しいものでした。とことん創造性を追求していても、それをエンターテインメントという上着に包んでいるところがいいんですね。
 「難しいことをやっています」というのが見え見えのパフォーマンスは面白くありません。ぼくも、難しい内容をどう易しく表現するかでいつも苦しんでいます。マニア向けに原稿を書くのは簡単ですが、ジャズを知らないひとに向けて何かを伝えるのはとても難しいことです。そんなことを、クリヤさんのライヴを観て改めて思ってしまいました。
by jazz_ogawa | 2005-12-04 17:53 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/2081464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2005-12-08 ジョン・... 2005-12-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム