小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2012-12-14 ビートルズ&ストーンズ関連のお買い物
e0021965_2353632.jpg
 ビートルズとストーンズの大物買いはそろそろひと段落。今日はこまごまとしたものを紹介します。

『V.A./Christmas Rules』(EU盤)
『V.A./Holidays Rules』(US盤)
 このクリスマス・コンピ、以前にUS盤を紹介しましたが、EU盤(左)も異なるタイトルで登場しました。内容は同じですが、ジャケットの色が少々違います。ポールの「The Christmas Song」が入っています。

e0021965_2354760.jpg
『EL TOPO (OST)』(US盤)
 アップルから出た映画『エル・トポ』のサウンドトラック。CDは前回紹介しましたが、その後にLPも到着。いまのところUS盤のみの発売みたいです。

 コピー・バンドのCDもいろいろ入手しましたのでまとめておきます。

e0021965_2355873.jpg
『Beatles Revival Band/Beatles Songs In Deutsch』(独盤)
 ドイツ語で歌うコピー・バンドです。これがなかなか面白い。ジョンはあんまり似ていませんが、ポールはソックリ。

 ビートルズがドイツ語で歌った「シー・ラヴス・ユー」と「抱きしめたい」はあえてコピーしなかったところも好感が持てます。

e0021965_2362762.jpg
『Bornagen Beatles/Beatles Megamix』(独盤)
 こちらは昔出た「スターズ・オン 45」と同じ趣向ですが、それぞれの曲がそこそこの長さで歌われています。

 以下はこの前、『レイン』のところで紹介しましたが、もう一度まとめておきます。

e0021965_2364099.jpg

e0021965_2365146.jpg

e0021965_237257.jpg
『Rain/Live One』(US盤)
『Rain/Live Two』(US盤)
『Rain/The Show Never That Was』(US盤)
 これらは会場で売られていたレインのCD。

 最後の『The Show Never That Was』もライヴ盤で、こちらには解散後のソロ・ナンバーがいくつか入っています。

e0021965_2372398.jpg
『The Bootles/Red』(ネット配信)
 ビートルズがサイケデリックな音楽をやったらこうなるといった内容。これ、音楽性も最高なら遊び心も最高です。

e0021965_2373542.jpg
『The Bootles/a tribute to the Beatles』(ネット配信)
 同じグループ名ですが、『Red』を出した日本人3人組とは違うグループみたいです。


 ここからはストーンズ関連。

e0021965_2374633.jpg
『DOOM AND GLOOM』
 ストーンズの新曲が限定10"アナログ盤で登場しました。

e0021965_238170.jpg
 裏面はエッチングが施された片面仕様です。もうひとつの新曲「One More Shot」は出ないんでしょうか? カップリングで出してくれてもいいんですが。

e0021965_2382023.jpg

e0021965_2383796.jpg
『スティッキー・フィンガーズ』(国内盤LP)
『イッツ・オンリー・ロックン・ロール』(国内盤LP)
 1枚5800円(!)のアナログ盤。スートンズ物は2枚が発売されました。
 以下はレコード会社の宣伝文句です。

 2007年のSHM-CD、2010年のSHM素材を使用したSA-CD~SHM仕様に続いて、本年12月より新たなハイエンドのシリーズとしてアナログLPの可能性を徹底的に追求した“100% Pure LP”を発売致します。
 マスター/素材選び/プレスまで全行程にこだわった世界初のまったく新しいハイエンドなLPシリーズです。
★新配合無着色ヴァージン・ヴィニールを使用した180グラム重量盤
★メタルマスターからのダイレクト・プレス
★アナログ・マスターからのフラット・トランスファーを基本にした“DSDマスター”からのダイレクト・トランスファー・カッティング
★ジャケットはオリジナル・アートワークを使用したデザイン
※オリジナルを復刻したアナログ・ジャケットではありません。

e0021965_2385597.jpg

e0021965_2391616.jpg

 ということで、透明のレコードです。ビニール袋はシールで閉じられています。開けるのがもったいないので未開封。この透明ディスクは先日のトーク・イヴェントで使用したテスト・プレス盤です。

 通常のアルバム・ジャケットは付かず、アート・ワークを印刷した折り返しペラ・ジャケに盤を挟んで帯を付けただけのもの。この値段ならジャケットもきちんとしたものが欲しかった。

e0021965_2393451.jpg
『ストーンズ・イン・エグザイル~「メインストリートのならず者」の真実』(国内盤)
 このDVD、安くなったの買っておきました。やはり日本語字幕がついていたほうがいいです。

e0021965_2394699.jpg
『Grrr! (50 Tracks Blu-ray Audio)』(EU盤)
 本当に出るのかどうかやきもきしたんですが、出ました!

e0021965_2395817.jpg
 高音質盤です。

 あとはLPのボックスを予約しているんですが、こちらも無事に発売されるといいんですが。

 と、今回はここまで。


e0021965_23101039.jpg
 それはそうと、昨日はニューヨークの「マジソン・スクエア・ガーデン」で「12.12.12: The Concert for Sandy Relief」というベネフィット・コンサートが開かれていたんですね。それをYoutubeが実況中継していて、ぼくも仕事の合間にほんの少しだけ観ることができました。

e0021965_23102991.jpg

e0021965_2311850.jpg

e0021965_23112029.jpg

e0021965_23113269.jpg


e0021965_23114479.jpg
 ストーンズとポールのライヴがいっぺんに観れちゃうって凄いと思いません? ポールのステージではダイアナ・クラールもちょこっと登場していました。

e0021965_23115820.jpg
 フーも出ていました。あとはビリー・ジョエルやボスなんかも登場。ボスはボン・ジョヴィと「ボーン・トゥ・ラン」を歌ったみたいですね。
by jazz_ogawa | 2012-12-13 23:21 | マイ・コレクション | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/19354027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyubaki3 at 2012-12-14 21:39 x
スティッキー・フィンガーズの写真にカメラを構えた小川さんが写りこんでいます。
Commented by jazz_ogawa at 2012-12-15 09:45
cyubaki3さん、どうしても反射しちゃうんですね。写りみたくないんですけど。
Commented by シュガーK at 2012-12-15 15:07 x
ポールのときに、花火の演出がすごかったですね。
若干舞台側に打ち込んでるので、ポール燃えちゃうよ〜(笑)と
心配しましたです。
ポールの持っていた四角いギター、ちょっと小さいドブロっぽいのですが、四弦なのです。これは特殊な楽器でしょうか?
選曲も大胆で驚きました。
Commented by jazz_ogawa at 2012-12-16 17:53
シュガーKさん、ぼくもあのギター(?)はよくわかりません。特注のものかもしれませんね。
<< 2012-12-15 「週間日... 2012-12-13 ロン・カ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム