小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005-11-07 ロリンズさよならツアー
 昨日(11月6日)は国際フォーラムでソニー・ロリンズのコンサートを聴いてきました。これが日本に来るのは最後とのこと。毎回ロリンズの来日は満員の盛況ですが、今回はあっという間にチケットが売り切れたそうです。11日の追加公演も即ソールドアウトだったらしく、このコンサートに行けたのはラッキーでした。
 以前ブログにも書きましたが、ニューヨークの自宅まで押しかけてロリンズにインタビューしたのが8月のことです。これは『月刊プレイボーイ』の仕事で、今回で引退するという話の真相を聞くためでした。それから2ヵ月半、あのときはちょっと元気がなかったロリンズですが、今回は元気一杯、いつも通りの彼でした。

 昨年、最愛の夫人を亡くしたロリンズ。彼女が身の回りの世話もビジネスのこともすべて仕切っていました。レコーディングではプロデュースもロリンズと一緒にしていたほどです。彼が引退を口にしたのは、年齢から来る体力の問題もありましたが、一番大きかったのは彼女を失ったことです。
 インタビューしたときは、表面は元気にしていましたが、失意のどん底にあったように感じました。無名のころから苦楽を共にしてきた大切なひとがいなくなったのですから、落ち込んで当然でしょう。来日公演に話を向けても、自信がないなどと言い出す始末でした。
 ソニー・ロリンズと言えば、100年以上におよぶジャズの歴史の中でも巨人中の巨人です。テナー・サックスの大御所として、数々の歴史的名盤も吹き込んできました。その彼の口から自信がないという言葉を耳にするのはショックです。
 しかしロリンズがそう言うのは、彼があまりにも誠実なひとだからです。これまでのキャリアで、ロリンズは3度の雲隠れをしています。最初のときは数ヵ月でしたが、2回目は2年、3回目は3年にわたってシーンから遠ざかっていました。
 理由は、高まる名声に対して自分の実力がそれに見合うものでないと考えたからです。すべての仕事を断って、このときは練習に打ち込みました。2回目と3回目は、すでに生涯の傑作と呼ばれた『サキソフォン・コロサッス』(プレスティッジ)を吹き込み、ジャズ界最大のテナー奏者と呼ばれていた時代のことです。それでもそういう風に考えるロリンズの誠実さと生真面目さに、ぼくは尊敬の念を抱きました。

 そんなロリンズが、今回で日本公演は最後にするというのです。ぼくは居ても立ってもいられず、マンハッタンから3時間くらい離れたジャーマンタウンに彼を訪ねました。インタビューには予定時間を超過するほど熱心に答えてくれましたが、このときも例の生真面目な性格が顔をのぞかせて、非常に謙虚に、そして赤裸々に自分の気持ちを語ってくれたのです。e0021965_5272125.jpg
 そんなことがあったので、果たしてステージでどのようなプレイを聴かせてくれるのか、期待と共に不安もありました。しかし最初の一音を耳にして、ぼくの心配は杞憂だったことがわかりました。次には、世紀の巨匠に対して一抹の不安を抱いたぼくの浅はかさを恥じ入った次第です。

    空に向かってサックスを吹くロリンズ

 そこには紛れもなくテナー・ジャイアントがいました。音を出すだけで、ひとの心を引きつけて離さない──それがロリンズです。張りも艶も失われていません。これでもかこれでもかと豪快なフレーズを連続させる姿は、大好きな日本と日本のファンとの別れを惜しんでいるかのように見えました。
 休憩を挟んでの2時間半。ここ何回かの来日ではもっとも勢いを感じさせるパフォーマンスが満喫できました。何度も拳を握った腕を高く掲げてガッツ・ポーズをしてみせたロリンズ。彼の胸中をよぎったのはどんなことなのでしょう? いつかチャンスがあれば聞いてみたいと思いました。
 もう長旅はしんどいとロリンズは言いました。それでも来年のヨーロッパ・ツアーは決まっていますし、アメリカ国内の演奏も回数は減るでしょうが継続されていくようです。お互いに元気なら、またどこかで彼の豪快なブローが楽しめるかもしれません。
 東京ではあと1回、そしてそれが最後の日本公演になります。11日のコンサートは昨日のコンサートと同様ぼくにとって大切な財産になることでしょう。
by jazz_ogawa | 2005-11-07 22:55 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/1771403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sonny at 2005-11-09 12:36 x
本当に誠実なひとなんですね・・・。今回のライブはCD化されたりしないのでしょうか?
Commented by ogawa at 2005-11-09 23:11 x
sonnyさん、コメントありがとうございます。ぼくが接したミュージシャンの中ではもっとも誠実なひとりですね。ライヴ盤、どうなんでしょう? 録音しているかもしれませんね。
<< 2005-11-09 CD『ジ... 2005-11-06 楽しい時間 >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム