小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2011-07-28 日野皓正@「ブルーノート東京」
e0021965_11574082.jpg
 それにしても日野さんの演奏は過激でした。5月に発表した『AFTER SHOCK』にちなんだライヴが「ブルーノート東京」で2日間行なわれるというので、2日目(7月26日)のファースト・セットを観てきました。

e0021965_11575532.jpg
 ドラムレスのバンドながらdj hondaが加わっていることもあり、ビートが強調されたフリーキーなサウンドと展開が圧巻。マイルスが生きていたらこんな音楽をやっていたんじゃないかしら? そんなことを思いながらの1時間半。

 取り上げたのは新作からの曲ばかり。各曲が20分くらいと長尺です。でも、だれるところがまったくありません。1970年代前半、日野さんがフリー・ジャズに近い演奏をやっていたころの音楽に通じていますが、スタイルは斬新。マイルス同様、常に新しい音楽をクリエイトしている姿に接し、嬉しくなりました。

e0021965_1158664.jpg
 このライヴから1週間ほど前ですが、日野さんにインタヴューをさせてもらいました。「同じことをやっていても面白くない」と仰っていた日野さん。その言葉を体言しているのがこの《AFTER SHOCK》バンドです。

 ぼくは日野さんのこうした姿勢を尊敬します。絶対に守りに入らない。ステージでも「100人の敵を作れば、その中にひとりくらいグレイトなやつがいる。そのひとから学べばいい」。日野さん独特の哲学ですが、示唆に富んでいます。

e0021965_1158217.jpg
 面白かったのは1時間ほどアナウンスなしでいっきに演奏し、最後の挨拶かと思ったら、そこからトーク・ショウ(?)が始まったことです。このパートが15分くらい。メンバーも全員が自己紹介して、こういうステージも日野さんならでは。そして最後にもう1曲が演奏され、1時間半のライヴが終了。

e0021965_11583466.jpg
 メンバーは、日野皓正(トランペット)、小沼ようすけ(ギター)、石井彰(ピアノ)、Penny-k (シンセサイザー)、日野 JINO 賢二(エレクトリックベース)、須川崇志(ウッドベース、タブラ)、dj honda(dj)。この顔ぶれを見ただけで、わかるひとは興味津々だと思います。

 そしてこのグループ、9月に開催される「東京Jazz」では拡大ヴァージョンで登場するとのこと。インタヴューでその一端を教えてもらいました。そちらは、「東京Jazz」直前の回で放送する予定です。ぼくの世代にはかなりうきうきするアイディアが実現しそうです。
by jazz_ogawa | 2011-07-28 12:00 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/15187690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by med_ical at 2011-07-30 07:06 x
小川さん、新しいものを追求したい、という本能は誰にでもある気がします。しかし、能力などがなかなかついて行かないものです。
第一線で活躍しながら、常に挑戦を繰り返すような日野さんとマイルスのアーティストとしての姿勢、痛快で尊敬するばかりです。
Commented by steve at 2011-07-30 08:21 x
小川さん

7th Ave Southが懐かしいですね!
Commented by jazz_ogawa at 2011-07-30 09:46
med_icalさん、秀でているひとって、普通の人とは発想が違うんでしょうね。日野さんの生き方とか人生観はとても魅力的に思えます。
Commented by jazz_ogawa at 2011-07-30 09:47
steve、「7th Avenue South」で日野さんのライヴ、一緒に観たんだよね。
Commented by steve at 2011-07-30 10:49 x
日野さんはペット吹く時は未だに後ろの壁との距離感をチェックでしょうか!
www
Commented by jazz_ogawa at 2011-07-30 23:36
Steve、最近は以前のようにはそっくりかえらなくなったみたいです。
その昔、渋谷ヤマハの店頭演奏で、後ろの壁に後頭部をぶつけたところを見たことがあったっけ。
<< 2011-07-30 明日も「... 2011-07-25 ゲイリー... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム