小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010-12-02 「ハーブ&ドロシー」@「イメージ・フォーラム」
2010-12-02 「ハーブ&ドロシー」@「イメージ・フォーラム」_e0021965_1049966.jpg
 公開前から気になっていたドキュメンタリー映画です。たまたま先週の土曜日、午後にぽっかり時間が空いたのと、青山にある「イメージ・フォーラム」のすぐそばにいたのとで、観てきました。

 実に似ています。誰にって? わたくしにです。ハーブとドロシーはニューヨークで郵便局員と図書館の司書をしている夫婦(いまは引退しています)。生活もそれほど楽じゃないふたりは、古いオンボロ・アパートで生活しています。

 ところがこの夫婦、お金を貯めては1960年代から現代アートをコツコツと集めていました。お金がないので無名のアーティストの作品を買います。ときにはアトリエまで行き、未完成の作品を安く買ってきたり。

 なにせコレクターですから。集めることが重要です。狭い部屋には壁はもとより、床から天井まで、そんな作品でいっぱい。もちろん飾りきれないので、大半は梱包されたまま。なにせコレクターですから。

 彼らが重視しているのは所有することと、アーティストに何らかの形で還元すること。そこがエライ! ぼくも音楽で稼いだお金は音楽に使っています。還元したいですから。なので本業で稼いだお金とはきちんと分けて、会計を明確にしています。エライゾ!

 そうした無名のアーティストの作品を買い続けていくうちに、彼らが現代アートの巨匠になっていくんですね。ここはブルーノートと同じです。映画の中で有名になったアーティストが何人か、「彼ら夫婦が最初にわたしの作品を買ってくれた」と話しています。多くのアーティストの初レコーディングを手がけたブルーノートとこれも同じです。

2010-12-02 「ハーブ&ドロシー」@「イメージ・フォーラム」_e0021965_10492244.jpg
 このハーブ&ドロシー、ほんとチャーミングな老夫婦です。いまではふたりとも背中が曲がって、歩くのも不安定ですが、どこにでも手をつないで一緒に出かけて行きます(主に展覧会ですが)。

 そうすると、その展覧会の主役である現代アートの巨匠たちが、この夫婦にペコペコ挨拶するんですね。知らないひとが見たら、このひとたち誰なんだろう? と思うでしょう。そういう光景があちこちで見られるようになったことから話題となり、テレビや新聞や雑誌で紹介されるようになります。

 そのうち集めたコレクションの展示もあちこちのギャラリーでやるようになり、いつしか夫妻にはさまざまな美術館から寄贈の依頼が舞い込んできます。しかしそれらを全部断っていたところに、ナショナル・アート・ギャラリーの学芸員が駄目でもともとと寄贈の申し込みをします。

 ふたりがオファーを断っていたのにはわけがありました。ナショナル・アート・ギャラリー以外のオファーは、どこの美術館もコレクションが散逸するかもしれない可能性を含んでいたからです。ところがナショナル~はすべて保存し、常時1000点くらいは展示し、しかもそれらは無料で見られるという条件でした。

 常時1000点? ウン? この夫婦のコレクションはどのくらいの数になるの? そう思うでしょ。学芸員がリストを作ったら4000点以上ありました。それらが狭いアパートに、無造作に置かれていたのです。

 学芸員氏の心配は、雨が漏ったらどうしよう、あるいは熱帯魚の入った大きな水槽があるので、それが壊れて水浸しになったらどうしよう、というものでした。その気持ち、よくわかります。ぼくも床が抜けたらどうしようっていつも思っていますから。ちょっと違うか。

 それで、よくぞあの小さなスペースに入っていた、と学芸員も呆れるのですが、大型トラック5台でギャラリーまで搬送しました。

 この時点で(それよりだいぶ前のことだと思いますが)、ふたりは引退して年金生活を送っていました。そこでその学芸員は、ふたりは歳だし、いつ病気になるかもわからないし、アパートも追い出されることだってあるだろうしと考え、ギャラリーに掛け合い、いくばくかの謝礼を贈ります。

 ところがこの夫婦、それも現代アートの作品に使ってしまったんです。いまだコレクター魂衰えずの面目躍如です。嬉しいですね、こういうひとがいるっていうのは。そして周囲が彼らを暖かく見守っているのも、とても素晴らしいことだと思います。

2010-12-02 「ハーブ&ドロシー」@「イメージ・フォーラム」_e0021965_1049419.jpg
 いい映画を見ました。ところで、ぼくは老後の生活費とボケ防止のため、自分のコレクションはヤフオクか何かで売るつもりです。なんと志の低いことか。そこが彼らとはまったく違っていました。

 ちなみにこの映画に登場して夫婦のことを語るアーティストには、クリストとジャンヌ=クロード、リチャード・タトル、チャック・クロース、ロバート・マンゴールド、ローレンス・ウィナーといったひとたちがいます。
by jazz_ogawa | 2010-12-02 10:57 | 映画&DVD | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/13740948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by la_belle_epoque at 2010-12-02 13:18 x
 小川さんこんにちは.
 この映画について、どこかで目にして (どこだったのか全く思い出せませんが・・・・・痴呆かな) 是非見たいと思っていました.
 ボクのような雑食家には到底まねのできないことです、どんなことでも、一つのことに向かって突き進むということはできそうでできないですよね.
 きっと彼らのような、"純粋さ" がボクには足りないんでしょう、せめて映画でも見て少しでも純粋さを取り戻すとします(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2010-12-02 23:56
la_belle_epoqueさんも十分マニアですから、この映画を観たらきっと共感したり、ニヤリとするシーンがあると思います。チャンスがあれば、ぜひご覧になったらいかがでしょうか?
Commented by Hashi at 2010-12-27 12:12 x
これYASUと一緒に観ました!!!「作品は、最終的な作品にたどりつくまでのSTEP、過程がなんだ」という一言、身に沁みました。僕はアーティストじゃないですが、仕事も一緒ですよね!!!
Commented by jazz_ogawa at 2010-12-27 22:08
Hashiさん、観てきましたか。この夫婦の生き方や考え方、ぼくも参考になりました。
<< 2010-12-04 ちょっと... 2010-12-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム