小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010-10-25 Watts@「Cotton Club」
e0021965_1238055.jpg
 先週の金曜日(10月22日)、丸の内の「コットン・クラブ」で聴いてきました。ジェフ・テイン・ワッツがリーダーとなって、ブランフォード・マルサリス、テレンス・ブランチャード、そしてボブ・ハーストをサイドマンに従えての勇猛果敢なライヴでした。

 演奏は極めてハード。ぼくは、楽器の編成からか、注目を浴び始めたころのオーネット・コールマン・カルテットの21世紀版のような印象を覚えました。ブランフォードもオーネットみたいな感じで吹いていましたし、ソプラノ・サックスはコルトレーン的でした。

 テレンスもかなり過激。マイクなんか関係なしで、横にいるテインに向かって吹きまくり、なんだか真剣勝負の様相。こんなにエモーション丸出しでトランペットを吹くテレンスも珍しい。ブランフォードも、フレーズを吹く合間にエモーションの高まりからか、体を1回転させたり唸ったり、リーダーで演奏するときとはかなり違う雰囲気でした。

e0021965_12381464.jpg
 初日は店用の写真撮影も最初の2曲までとか、店がオファーを出したインタヴューも断るとか、かなりピリピリしているという話をスタッフから聞いていました。ぼくはぼくで、テインとブラフォードにスタジオまで来てもらい、インタヴューをしようと思っていたのですが、マネージメントから「今回はインタヴューはなしよ」ともいわれていました。

e0021965_12382697.jpg
 ほんまかいな? だって、ブランフォードとテインだよ。演奏は真剣そのものでしたが、それ以外のMCとか曲間の雰囲気はリラックスしているじゃないですか。黙々とベースを弾くボブを別にすれば、残りの3人はいつものようにジョークを飛ばしながら和気藹々としています。

 でも今回はブランフォードがテインを立て、「自分はインタヴューを受けない」としたようです。そういうところ、割と気を遣うひとです。1週間ほど前ですが、ブランフォードから東京で会おうというメールももらっていました。だから、直接頼めばインタヴューだって可能でしょうけど、そこまでするのは自分勝手なので、やめておきました。

e0021965_12384195.jpg
 とはいうものの、楽屋でラジオ用のIDをふたりからはもらっておきました。「Hello this is Jeff Tain Watts~」とかいうやつですね。これ、「おはようございます」ヴァージョン(ジェフ)と「お疲れ様です」ヴァージョン(ブランフォード)の2種類あります。せっかくなので、ふたりには業界用語を教えておこうと。今後、業界のひととあいさつするときは、「Hello」の代わりに、どちらかを使うように言っておきました(笑)。

e0021965_12385411.jpg
 ブランフォードにはダメ出しで、もう1回。

e0021965_1239662.jpg
 今回は楽屋で乱暴狼藉(?)の数々をしてしまいましたが、メンバーならびに関係者のみなさま、お許しください。それからテレンスとボブ、ありがとうね。

e0021965_12391895.jpg
 あと、いつもお世話になっているブランフォードのローディのロドリックも。次回はニューヨークでご飯食べましょう。

 それから、ブランフォードとは年末のニューオリンズで会えたらいいね。

 テインはもっと体重を減らして、腰の負担を軽くすること。ゴルフもいいけど、さ。 
by jazz_ogawa | 2010-10-25 12:41 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/13498065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by med_ical at 2010-10-26 07:38 x
小川さん 前回のJazz Conversationも内容が充実していました。
【日本をテーマにしたジャズ】日本をテーマにした曲、珍しかったです。「琴のしらべ」、ピアノで琴の音色が表現されて優雅な日本の美を感じました。「When Tokyo」はベンチャーズソングとタンゴのように聴こえました。最後の「Too Much Sake」のネーミング、傑作でした。酔って目が回った感じですね。
【マイルスの真実】コード進行に規制されないスケールに基づく演奏であるモード・ジャズのことでした。音楽の理論がわからないのですが、3曲を聴いたところシンプルで清新な感じがしました。マイルスとギルのコンビは素晴らしいですね。次々と新しいタイプの音楽を作り出すマイルス、すごいです。
【証言で綴る日本のジャズ】中平さんは写真家でジャズ喫茶を経営する熱心なジャズファンでした。DUGが「ノルウェイの森」に登場したことも最初に出ましたね。交流があったジャズメンのお話と曲がとてもよかったです。アート・ブレーキが、1961年のコンサートでメンバーを紹介した貴重な声や、今年2月にハンクさんの楽屋を訪ねた時の様子など盛りだくさんでした。お声も話された内容も非常に若々しかったです。では失礼します。
Commented by jazz_ogawa at 2010-10-26 14:56
med_icalさん、いつも丁寧にありがとうございます。きちんと聴いていただけて嬉しいです。
Commented by la_belle_epoque at 2010-10-27 19:05 x
 小川さんこんにちは.
 最近の Branford の顔と、"Englishman ……" の Branford がどうしてもマッチングしません(笑).
 でも笑顔が素敵ですよね ・・・・・・ やっぱりアフロキューバーンです.
Commented by jazz_ogawa at 2010-10-28 00:56
la_belle_epoqueさん、ぼくは昔から知っているのでまったく違和感がありませんが、そんなに違いますか?
<< 2010-10-26 明日は3... 2010-10-23 中平穂積... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム