小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010-06-24 『Exile on Main St.』
2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1025468.jpg
 これまでなぜか再発が見送られていたこのアルバム。ようやく発売されました。今回もいつものように、日、EU、US盤の3ヶ国分を揃えようと、あちこちネット・サーフィンして安いところを探しまた。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1044718.jpg
 ヴァージョンとしては、
①通常盤(1CD)
②デラックス・エディション(2CD)
③ボックス・セット(2CD+2LP+DVD+4Postcards+Booklet)
④LP
があり、国内盤はLPを除く3種類。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_105387.jpg
 こちらは発売に合わせて配られた「Plunderd My Soul」1曲入りプロモCD(EU盤)。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1052311.jpg
2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1053473.jpg
 2曲入りのUS盤もありますが、こちらはまだ入手できていません。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1055973.jpg
 国内盤は、ジャケットをぼくが提供したのでレコード会社からもらいました。でもサンプル盤だけじゃ物足りないから、そのうちレコファンにでも本盤を買いに行きます。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1062739.jpg
 開封するのはもったいないんですが、開けちゃいました。ハード・ケースの中に収められていたのは次のようなものです。なお、CD(国内盤のみSHM仕様+ボーナストラック1曲あり)とDVD以外はすべてEU製です。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1064269.jpg
①ハード・カヴァーのブックレット
2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1065939.jpg
②LPジャケット仕様になっている2枚組LP+2枚組CD+LP
2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1071488.jpg
 ジャケットは3つ折で、真ん中に2枚のCDとDVDが収納されています。
2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1073044.jpg
③黒い封筒に入ったポートレイト4枚

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1074384.jpg
 EU盤の4ヴァージョンはすべてはAmazon.UKで購入。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1075959.jpg
 こちらはLP

 US盤は、LP以外が日本のAmazon.comに出ていたのでワン・クリックしましたが、届いた3種類はすべてEU盤でした。面倒くさいですが、これは返品です。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1081612.jpg
 そこでAmazon.USをチェックしてみたところ、デラックス・エディションはどうやらMade In USみたいでした。ジャケット裏が、モノクロなのに対し、こちらはピンクだし、よーく見るとMade In USの表示もあります。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1082814.jpg
 そのデラックス・エディションは、BestBuyの店頭販売分のみ限定でインタヴューCDがおまけについてくることがわかったため、そちらをニューヨークの友人に購入してもらいました。EU盤はPolydor、US盤はUMe(Universal Music)からのリリースなので、ロゴ・マークを見れば簡単に判別できます。で、たしかにUMe盤でしたが、裏はピンクじゃないとのこと。Amazon.USの写真は何なんでしょう? しかもロゴマークはポリドールだし。またひとつ気になるアイテムが増えました。

 ついでに、LPと通常盤もBesyBuyでUMe盤を売っているとのことで、それらをゲット。これら3種類はニューヨークのアパートに取りあえず置いてあります。

 あとはボックス・セットのみ。こちらはAmazon.USでオーダーしていたものが先日、日本の自宅に届きました。これもUS盤でした。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_109354.jpg
 まずは表側をEU盤(左)と比べてみます。ステッカーの位置が違うくらいです。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1095142.jpg
 でもひっくり返してみると、ボックス裏に封入されているインサートのロゴ・マーク周辺のデザインが明らかに違います。注意しなければいけないのは、よくあることですが、インサートだけアメリカで作ったものを封入し、本体はEU盤という「US仕様盤」との区別です。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_1010646.jpg
 今回は、インサートの陰に隠れていますが、各ボックス左上にPolydor(左側のボックス)とUMe(右側のボックス)のロゴが少しだけ顔を覗かせています。この写真じゃ見にくいですけど。というわけで、ボックス・セットにもUS盤がありました。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_10102222.jpg
 それからアメリカの大型小売チェーンTARGET限定CDというのも見つけました。日本盤みたいにキャップがついています。
『EXILE ON MAIN STREET (RARITIES EDITION ESSENTIAL COLLECTOR'S TRACKS)』 (TARGET EXCLUSIVE CD)です。こちらはDisc 2に収録された未発表音源を単独CD化したもので、単体での音源化はこれのみ。

2010-06-24 『Exile on Main St.』_e0021965_10103512.jpg
 裏はこうです。

 ということで、今回は国内盤3種類、EU盤4種類+プロモCD、US盤4種類+TARGET限定CDを入手しました。さて、US盤のプロモCDをどこかで探さねば。
by jazz_ogawa | 2010-06-24 10:19 | マイ・コレクション | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/12851875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from BLOG at 2010-06-24 20:03
タイトル : 小川隆夫氏のブログで「Exile on Main St...
ローリング・ストーンズの「メイン・ストリートのならず者」がリリースされてから早くも約1ヶ月が経ちましたが、小川隆夫氏のブログで各国盤の比較が掲載されています。... more
Commented by eartop at 2010-06-25 11:15 x
こんにちは。私も日本のアマゾンからEU盤がきて、アメリカの再注文した口です。さて、ピンクジャケはUKのHMV仕様のスリップケースです。私はUKのアマゾンで購入しました。
Commented by jazz_ogawa at 2010-06-25 21:01
eartopさん、情報ありがとうございます。ダメモトでさっそくワン・クリックしましたが、もうHMV仕様は売り切れちゃったでしょうね。とりあえず到着が楽しみです。
Commented by 生島徹 at 2010-06-26 14:13 x
小川先生、こんにちは。
以前コメントさせていただきました眼科医です。

CD世代につき、今までこのアルバムはCD で聴いていました。
ボックスセットを購入し、初めて LP で聴いてみたのですが、今まで CD で聴いていたのはいったいなんだったんだろう、という感じを受けました。
LP だと空気感が伝わってくるのです。この空気感もこのアルバムの魅力なのでは、と思います。
二枚組、というのもいいですね。CD だと一枚なので。一枚目が終わり、盤を置き換え、一息ついた所に "Happy" というのは非常に趣のある流れかと思います。

以前から好きなアルバムだったのですが、LP で聴いてますます好きになりました。

アナログ、CD で育った僕としては非常に新鮮で発見がたくさんあります。ちなみに1973年生まれです。
Commented by jazz_ogawa at 2010-06-27 08:49
生島先生、1973年生まれだと、ちょうどLPからCDへの移行期に音楽を聴いていたんでしょうね。このアルバム、LPだと2枚で4面ありますから、CDで通して聴くのとイメージが違うかもしれません。音質も、アナログならではの奥深さがあると、ぼくも思います。
Commented by itorublog at 2010-06-27 11:11
生島です。
小川先生、まさに移行期です。ビートルズの初CD化が中学生の時です。おかげ様で「新譜」として彼らの音楽に接することができました。ちなみに初めて買った CD はアルフィーで小学校6年生の時でした。
親父がレコードでクラシックをガンガン聴いていましたので、レコードを全く知らずに育ったというわけではないのですが。ただ、そんな親父も CD の時代に突入するとすぐにそっちに移ってしまっていましたが。
Commented by jazz_ogawa at 2010-06-27 23:39
生島先生、ビートルズの初CD化が中学生ですか。ぼくは中学2年のときにビートルズの日本盤デビューを体験しました。それで人生が変わっちゃいましたけど。
<< 2010-06-25 ジェシ・... 2010-06-23 TOKU... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム