小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2010-01-21 ルーファス+スライ@「BNT」
e0021965_20561651.jpg
 この年になると、生きててよかったと思うライヴも何度か経験しています。昨日観たスライのステージもそのひとつでした。一緒に観ていた平野啓一郎さんのチェックによればスライの出演時間は13分。去年より2分長かったそうです。そしてアンコールでステージに登場していたのは2分間だけ。この15分で、ぼくは人生の中でかなり順位の高い幸福感を覚えました。

e0021965_20562983.jpg
 スライ・ストーンは青春時代のアイコンのひとり。ウッドストックの映画で動く姿を初めて観たときの強烈な印象。眼光鋭く、そしてそれと同じくらいシャープなファンクのリズム。レコードで聴いていた以上の衝撃を覚えました。

 当時のぼくは彼らのやっているファンクよりスタックス・サウンドに夢中だったので、関心はあったものの、この映画を観るまではそれほど気になる存在でありませんでした。ディスコでかかるダンス・ミュージックぐらいにしか思っていなかったんですね。

e0021965_20564173.jpg
 しかしウッドストックのステージを観てスライが時代のメッセンジャーであることを知ってからは、音楽もさることながら、彼が発信するメッセージにも注目するようになりました。日本も70年安保の前後で騒然としていましたし、ノンポリのぼくでも多感な時代を生きていましたから。

 あれから40年。スライがこういう形でぼくたちの前に戻ってくるとは。去年の「東京Jazz」でも感じましたが、ステージでのスライは飄々としていて、それでいながら登場するや空気が一変してしまうほど強い存在感を漂わせていました。

 それまでルーファスが熱演していたステージはなんだったのだろう? 素晴らしいパフォーマンスを聴かせてくれた彼らの1時間はスライのひと声でかすんでしまいました。

e0021965_20565611.jpg
 ルーファスについても触れておくなら、女性シンガー5人を加えた総勢13人。彼女たち(全員がとびきりのおでぶちゃん)が次から次へと素晴らしいノドを聴かせて、これでもか、これでもかと場内を盛り上げ、還暦イヤーを今年迎えるぼくは少々へばり気味のところでスライが登場。その途端、いっきにアドレナリンが体内を駆け巡り、ぼくは蘇生しました。

 うまさとか音楽性を超えているのが現在のスライです。そこにいてくれるだけで十分。ぼくにとっては人間国宝のひとですから、長い時間ステージに立たなくていいんです。正味15分でももったいないくらい。

e0021965_20571614.jpg
 留学時代に一度だけ再結成されたスライとファミリー・ストーンを観ましたが、あのときに比べてなんてお爺ちゃんになっていることか。ステージではマイクを持たずに歌いはじめ、女性シンガーがマイクを差し出したり、飲み物をわたしたりと、上げ膳据え膳状態です。とにかくスライには気分よく時間をすごしてもらいたい。聴衆もそんな感じで見守っていたのではないでしょうか。

 ぼくは彼の姿に、ソウルの未来はこういうことだったのかと思いました。この気持ち、うまく言葉で表せません。つまり、60年代に一所懸命ソウル・ミュージックを聴いていたときのぼくは、それから40年後にみんながどうなっているかなんて考えてみたこともありませんでした。それを、いまぼくは現実として体験しているわけです。

 この心地のよさはどこから来るのか。音楽の究極は音楽性を超越することかもしれません。ぼくはとっくの昔に音楽的にどうだとかこうだとかいうことは考えなくなりました。そんなこと、どうでもよくなっちゃったんですね。自分にとって心地がよいか、楽しめるか、幸せな気分になれるか、そういったことが大切だと気がついたんです。

 昨日のスライもまさしくそうでした。音楽的にはルーファスのほうが圧倒的に勝っていました。でも吸引力はスライがはるかに上です。あの15分間は至福の時間でした。かなうことなら来年も「ブルーノート」に戻ってきてほしいなぁ。
by jazz_ogawa | 2010-01-21 22:58 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/12005854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moto at 2010-01-21 23:24 x
小川さんたびたびこんにちは.
>ぼくはとっくの昔に音楽的にどうだとかこうだとかいうことは考えなくなりました。そんなこと、どうでもよくなっちゃったんですね。自分にとって心地がよいか、楽しめるか、幸せな気分になれるか、そういったことが大切だと気がついたんです。

 小川さんとは、パンドラと地球ほどの違いはありますが、大共感!!
 ボクもウン十年前に、書を捨てて町ではなく、不要な知識を捨て音楽を楽しむようにしました・・・・だから、今になって1500番台聴いても、新しい発見ばかりです(汗)
Commented by jazz_ogawa at 2010-01-22 08:51
motoさん、楽しみ方はひとそれぞれで、自分なりのスタイルを持つことが大切なんでしょうね。1500番台で新しい発見、ぼくもあります。そういうときって嬉しいです。
Commented by funkytop at 2010-01-22 17:25 x
小川さんのいつになく感動されている様が行間に溢れ出ていますね。
私も体験したかったなあ、、、
Commented by jazz_ogawa at 2010-01-22 23:01
funkytopさんは行かなかったんですか? それは珍しい。
Commented by 琢磨 at 2010-01-24 02:48 x
スライが勝ってたとかルーファスが勝ったとか、つまらない。そういう人を卑下して一方の物事を正当化する表現で気分を害しました。どちらも存在理由のはっきりした素晴らしい音楽だったと思います。
Commented by jazz_ogawa at 2010-01-24 08:48
琢磨さん、なるほど、言われてみればその通りですね。反省です。
Commented by ソレトン at 2010-02-01 11:45 x
琢磨さんのコメントを読んで、もう一度よーく読み直してしまいました。
卑下している部分がわかりません。
スライを正当化している部分もわかりません。もしも、そーであったとしても、小川さんのブログですから、何を書こうと自由。
あ~小川さんは、こう思いながら見ていたのだな~と思ったしだいですが、琢磨さんは、つまらなくて、気分を害してしまったのですね。
今後も、多分小川さんのスタンスは変わらないと思うので、読まないことをおススメします。
そして、小川さんは、反省せずに、そのままでお願いします。
<< 2010-01-23 明日の「... 2010-01-21 ニューヨ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム