小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-10-24 チコ&ザ・ジプシーズ@「ブルーノート東京」
e0021965_0291576.jpg
 一昨日ですが、元ジプシー・キングスのチコ・ブーチキー率いるチコ&ザ・ジプシーズを「ブルーノート東京」で観てきました。ギターを抱えたメンバーが7人。うしろにエレクトリック・ベース奏者だけを従え、彼らがずらりとステージに並んだ姿からして壮観でした。

 哀愁味たっぷりのメロディとヴォーカル。そしてパコ・デルシアもびっくりのリード・ギタリストのテクニシャンぶり。フラメンコの味わいとジプシー・ミュージックがひとつになったパフォーマンスは実に見事でした。

e0021965_0293199.jpg
 ぼくなんか貧乏性なので、これだけギタリストがいるなら、それぞれに違ったこともやらせたくなりますが、リード・ギタリスト以外はひたすら同じリズムを刻むだけ。でも、それが強烈なグルーヴやビートを生み出すんでしょうね。このグループならパーカッションは要りません。

 それにしても美声の持ち主が何人もいました。終盤は「ジョビ・ジョバ」、「バンボレオ」、「ボーラレ」、そして「マイ・ウェイ」などを連発し、場内は総立ちでおおいに盛り上がりました。こういうライヴを小さなクラブで観られる醍醐味は格別です。なにせこのグループ、今年の3月にパリの「オランピア劇場」を満杯にしたといいます。そういう由緒正しい劇場でも観たいものですが、やはり指の動きまでちゃんと追える至近距離でのライヴは最高です。

e0021965_0393226.jpg
 ぼくはギターを弾いていたので、どうしてもリード・ギターの指の動きが気になります。写真の左端のひとですね。それにしても無駄のない動きで、超急速のフレーズにしろアルペジオにしろ、どうしてあんなに美しい運指ができるんだろうと、ため息をついていました。最高音部まで綺麗な音が出ていたし、たいしたものです。

 このひとが病気になったら、このグループはどうなっちゃうんだろう? なんていらない心配もしてしまいます。でも、他のメンバーが何事もなかったように平然と同じくらいのギターを弾いたりしてね。本物のプロはそういうものですから、ひょっとしたらひょっとするかもしれません。

 と、どうでもいいことまで考えながらライヴを観るのがぼくの悪い癖です。それで、最初から気になっていたのが、後方に控えていたベーシスト。このひとだけまったく違う世界から来たような服装と雰囲気でした。でもこの違和感、なかなか和めます。

 ともあれ彼らの情熱的な音楽に触れて、このところ原稿のチェックで頭がこんがらがっていたぼくも久々にすっきりできました。自分はラテン的な体質じゃないと思っているのですが、それでもどうやらひと並に血が騒いだみたいです。そのままどこかに寄って余韻に浸りたい気持ちもありましたが、うーん、残念! セカンド・セットだったので、終わったのが遅かったですから。
by jazz_ogawa | 2009-10-24 00:40 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/11428988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by t_gomez at 2009-10-24 02:32 x
それはぜひ見たかった!ラテンこそ我が命ですから。
Commented by moto at 2009-10-24 09:41 x
 ボクも、ラテンでも少し砂埃が混じったヒスパニック系(特にメキシカン)が大好きで、スパニッシュや本当のラテンなどが微妙に混ざっているのを、生温いコロナでも飲みながら、ホットに聴くのが大好き.でも善し悪しが紙一重で、微妙ではありますが・・・
Commented by jazz_ogawa at 2009-10-24 10:40
t_gomezさん、これもお仕事の役得です。ありがたき幸せ、といったところでしょうか。次回はぜひご一緒しましょう。
Commented by jazz_ogawa at 2009-10-24 10:42
motoさん、同感です。よし悪しの境界線ぎりぎりのところに結構いいものがあるんですよね。このグループ、トリオ・ロス・パンチョスの曲までやっていて、思わずニヤリとしてしまいました。
Commented by cyubaki3 at 2009-10-25 09:32 x
ギターがずらりと並んでいるのを見て寺内タケシとブルージーンズを思い出しました。
Commented by jazz_ogawa at 2009-10-25 12:20
cyubaki3さん、いい表現ですね。気に入りました。
Commented by 軍曹 at 2009-10-29 21:54 x
そのベーシストがどんなプレイをされていたのか、激しく気になります♪
Commented by jazz_ogawa at 2009-10-29 23:54
軍曹さん、プレイ自体はごくまっとうなものです。風貌があまりにも他のメンバーとはかけ離れていただけです。
<< 2009-10-26 11月の... 2009-10-21 ボルボX... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム