小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-08-26 『キャデラック・レコード』
e0021965_11413248.jpg
 先日ですが、恵比寿の「ガーデン・シネマ」で観てきました。予告編を観たときから気になっていた映画です。音楽ファンならお馴染み(でもないかな?)のチェス・レーベルの物語です。ジャズ・ファンならアーゴの親レーベルといえば、わかりますよね。

 主人公はチェスの創立者であるレナード・チェス。本当はフィルとのチェス兄弟でレーベルは運営されていたのですが、話がややこしくなるからか、フィルは登場しません。

 ブルースやR&B専門のチェスはポーランド移民のチェス兄弟、ジャズのブルーノートはドイツ移民のアルフレッド・ライオンが設立しています。こよなく愛した黒人音楽を、後世の遺産として記録したのがアメリカ人ではなかった──そこがアメリカの面白いところです。いろいろ考えさせられもします。

 ストーリーはレナードとマディ・ウォーターズの友情や信頼、そして不信といったものを軸に展開していきます。そこにリトル・ウォルター、ハウリン・ウルフ、エタ・ジェームス、チャック・ベリーといったチェスを代表するスターが絡み、1950年代の典型的なマイナー・レーベルのあれやこれやが描かれています。

 ついでにミネソタ・ファッツまで出てきたのはびっくりです。このひと、映画の『ハスラー』で主役のポール・ニューマンが対峙した実在の人物です(映画ではジャッキー・グリーソンが演じています)。そのひととエタがつながっていたとは知りませんでした。

 この手の映画では定番の麻薬やアルコール依存も重要な要素になっています。当時、レコードのプロデューサーやオーナーの仕事はジャンキー対応が大きなものだったのかもしれません。ライオンもそれでずいんぶん苦労したそうですし。

 『ドリーム・ガールズ』でもペイオラ(なんのことかわかりますか?)のシーンが出てきますが、レナードもペイオラでヒット曲を生み出します。こういうシーンは、知っている人が観ればにやりとするでしょう。

e0021965_1141507.jpg
 エタ・ジェームスを演じたビヨンセがよかったです。彼女が歌う「アット・ラスト」。これ、大好きな曲です。

 そっくりさんではミック・ジャガー(歌いっぷりが)とチャック・ベリーでしょうか。ぼくはレコーディングのシーンが興味深く、そういうディテールをじっくりと観るため、もう一度この映画は観に行ってもいいかなと思っています。

 人種差別が厳然としてあった時代です。コンサートでも白人と黒人の席は左右に分けられていました。バスだと黒人は後部の座席に追いやられるのですが、コンサートでは左右だったんですね。こういうところは妙に公平です。チャック・ベリーのコンサートでは、興奮した白人のファンが黒人席になだれ込み、その後は境界線がなくなってしまいます。

e0021965_1142613.jpg
 そういうわけで、チャック・ベリーは人種の壁を破った最初の黒人アーティストとなったんですが、この手のエピソードをいろいろと盛り込みながらの約2時間は、音楽ファンでなくとも楽しめると思います。

e0021965_11421959.jpg
 映画のタイトルは、ヒットを飛ばしたアーティストにギャラの一部として新車のキャデラックがレナードから贈られることに由来しています。あの時代、黒人がピカピカのキャデラックに乗っていてトラブルには見舞われなかったんでしょうか?

 チェスは黒人音楽のレーベルとしてかなりの成功を収めます。そうなると、アーティストはオーナーに印税を搾取されているのでは? と不信感を抱くなるようになります。これは、当時の業界ではよくあった話です。

 レナードも優雅な生活を満喫していました。実際に搾取があったかどうかは知りませんが、黒人には常に差別意識や被害者意識がありますから、自分のレコードがヒット・チャートを賑わすようになれば、誰だってそう思って不思議はありません。これがブルーノートだと、オーナーも貧乏生活をしていたので、誰もそんなことは考えなかったようですが。

 ライオンと同じようにミュージシャンと音楽を心から愛していたレナードですが、ヒットしたのが不幸だったかもしれません。ライオンはこの世を去ったいまも多くのミュージシャンから敬愛されていますが、チェス兄弟のことをよくいうひとはあまりいません。

 映画には、マディ・ウォーターズの「フーチー・クーチー・マン」の作者でベーシストのウィリー・ディクソンも登場します。このひと、チェスではかなり重要な働きをしたんですが、その一部しか紹介されなかったのは残念です。フィルのことと同じで、あんまり話を広げてもまとまりがつかなくなるからでしょうね。

 なお、チェスの事務所とスタジオがあった建物(2120 S. Michigan Ave.)は、1990年にシカゴ市のランドマークに指定されています。そしてウィリー・ディクソンの未亡人メアリーが1993年にこの建物を買い取り、1997年からはウィリーが設立したブルース・ヘヴン・ファウンデーションの本部として使用されています。シカゴに行くチャンスがあれば、ぜひのぞいてみたいです。

e0021965_11471295.jpg
 そうそう、この映画、音楽はテレンス・ブランチャードが担当しています。とはいっても大半はチェスのヒット曲ですから、彼の作品じゃありませんが。
by jazz_ogawa | 2009-08-26 11:47 | 映画&DVD | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/10965811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 浦島 at 2009-08-27 10:08 x
小川さん、テーマに関係ないことですいません。昨日、友人からLarry Goldingsのサイン入りCDをプレゼントされました。とてもいいハモンドオルガンです。私はこの人を知りませんでした。小川さんは面識はあるのですか? 知っていることがあれば教えてください。YouTubeやウエブでいろいろと調べたいと思います。こうして新しいアーティストとの出会いはわくわくしますね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-08-27 20:46
浦島さん、ラリー・ゴールディングス、よく知ってます。このところずっと会っていませんが。最初はピアニストとして注目されていましたが、いまではオルガン奏者として忙しいみたいですね。
Commented by yurico at 2009-09-02 10:38 x
ここを読んで、更に見たくなりましたっ!!
知らないで見るよりも、10倍楽しめそうですっ♪
Commented by jazz_ogawa at 2009-09-02 11:28
yuricoさん、これは音楽好きのひとなら楽しめること請け合いです。
Commented by nao at 2009-09-17 10:51 x
京都でもやっと公開されたので、昨日観て来ました。ビヨンセの歌力には圧倒されました!当時の音楽業界の様子が興味深かったです。いい意味でも悪い意味でもエネルギッシュ!マディ・ウォーターズの最初の録音は民族音楽の記録のためだったんですね。そこから始まって、最後にはイギリスで熱狂的に迎えられたなんて、すごいですね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-09-17 19:37
naoさん、音楽史の一面を見せてくれた映画ですよね。これとか『ドリーム・ガールズ』や『レイ』を観ると、黒人の置かれた立場も含めていろいろな思いがよぎります。
<< 2009-08-29 豪華本『... 2009-08-23 今度の新... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム