小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-07-22 ブライアン・ブレイド@「ビルボード東京」
e0021965_22353280.jpg
 4日連続でライヴを観た最終日(20日)は、新作が少し前に出たブライアン・ブレイドのステージ。ドラマーとして現在もっとも注目すべき活躍をしている彼ですが、『ママ・ローザ』と題された新作ではギターの弾き語りがメインになっています。

 ライヴでもそのアルバムからの曲目が聴けました。ジャズっぽさはあまりなく、どちらかといえばフォークやルーツ・ミュージック的なサウンドといえばいいでしょうか。こういうの、ぼくは大好きです。

 キーボード兼シンガーと女性シンガー、それにブライアンのヴォーカルで、ステージではコーラスが主体になっていました(バンドはほかにエレクトリック・ギターとベースの5人編成)。このハーモニーがオーソドックスに響くんですが、よく聴くとけっこう凝っているんですね。そういうところが一筋縄ではいかないブライアンらしさかもしれません。

 シンガーとしてうまいとは思いませんが、ブライアンのヴォーカルには味があります。リッチー・ヘヴンスとまではいかなくても、ブルース・フィーリングとフォーキーな響きをうまく混ぜ合わせたヴォーカル・スタイル、そして音楽性、それとサウンドがいい感じに聴こえました。昔、キース・ジャレットが出した『レストレーション・ルーイン』に通じているような音楽でもあります。

e0021965_22355046.jpg
 これまではドラマーとしての彼しか知らなかったんですが、本当はこういう音楽がやりたかったんでしょう。歌にギターに、そしてときにドラムスを叩きながら、自分の音楽を主張するブライアン。

 たぶん、ドラマーとしてリーダー作を発表したり、ライヴ活動をするほうがきちんと評価されるでしょうし、収入面でも安定すると思います。でも、自分のやりたいことを追求しているブライアンの姿勢は好きです。

 いわゆるポップスとも違うので、それほど一般受けはしないでしょう。でもシンガー・ソングライターとしてこれからもっと魅力的な作品を聴かせてもらえたらいいですね。もちろん本業のドラマーでも大活躍してほしいですが。

 ところで「ビルボード東京」は六本木の名所のひとつ、東京ミッドタウンの4階にあります。ライヴが終わって、エレヴェーターではなくエスカレーターで1階まで降りてきたんですが、途中にあるレストランがおいしそうな店ばかりで困りました。

 でもここは我慢。ぐっとこらえて、ブライアンの音楽を頭の中で反芻しながら、帰りもウォーキングでカロリー消費に努めました。どうせ、そのうちおいしいもの、食べちゃうんですから。
by jazz_ogawa | 2009-07-22 22:38 | ライヴは天国 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/10676341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from メガ放談 at 2009-07-25 12:25
タイトル : Brian Blade @Billboard Live ..
ブライアン・ブレイドのライブに7月20日に出掛けた。彼は元々ドラマーでウェイン・ショーターやジョシュア・レッドマンのバンドで演奏している。私が彼を最初に観たのは2002年の東京JAZZで。彼はウェイン・ショーター・バンドの一員で、私は前から5列目くらい(たぶん)から観た。その時に彼のドラミングスタイルが好きになった。その後は、今年の2月7日のFive Peace Bandだな。... more
Commented by megawatt at 2009-07-23 00:40 x
小川さん、20日に行かれたのですね。私もです(2ndショウ)。記事も書きTBを送ったつもりが、サーバトラブルでNGでした。
私はBNTのラファエル・サーディクのライブで知り合った濃いソウル好きな人達と行きました。ショウの後のサイン会と写真撮影セッションでは係の人から「もう終わりです」と釘を刺されるまで彼らに話しかけていました(果てしなくミーハー)。ブライアンさんもやりたいことがやれてる感じが伝わりました。バンドさんもフレンドリーでした。
ブライアンさんルイジアナ出身なんですよ。で大学が同州ニューオーリンズ。ハリケーン・カトリーナのあったところです。カトリーナについてはスパイクが「When The Levees Broke」という4時間のTVドキュメンタリを作っており、ブライアンさんに「日本じゃ見れないんだよ」と言ったら「マジで?」と言ってました。9月までは諸々忙しいので、10月以降日本の有料TV局に向けて放映要請運動など起こします(若干、汗)。youtubeでexcerptは見ることができ、米国仕様のDVDが発売されていることも知っていますが、さすがに4時間英語だけじゃ私は理解不能です。
Commented by jazz_ogawa at 2009-07-23 07:56
megawattさん、相変わらずディープですね。ぼくがいったのはファースト・セットでした。この手の音楽はジャンルを超えていて、ぼくはかなり楽しめました。
Commented at 2009-07-23 22:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 2009-07-25 最近のス... 2009-07-20 山下洋輔... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム