小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-06-15 「ONゼミ」@銀座「le sept」
e0021965_9563754.jpg
 無事におととい終了しました。ご来場のみなさん、主催のHMO商会、そして会場を提供してくださった「le sept」のみなさん、どうもありがとうございました。

e0021965_956511.jpg
 今回は、今年がブルーノート創立70周年ということで、レコード会社にも言わず、勝手に《70周年記念》と銘打ち、「これがブルーノートだ!」というタイトルでやってみました。これまであちこちでブルーノートについては話をしてきましたが、「le sept」では一度もやっていなかったので、ブルーノート関連の本も出したし、ちょうどいいかなと考えてのことです。

 内容はいつものように自分の体験談です。創立者のアルフレッド・ライオンとのことを絡めながら、あっちに飛び、こっちに飛びの四方山話といったところでしょうか。用意しておいたメモを家に忘れてきたため、ただでさえ話が支離滅裂な方向に進むのに、どうなるるかと思いましたが、1曲をカットし、ほんの少しの時間超過でなんとか終わりました。

e0021965_957530.jpg
【曲目】
1.Cavalcade Of Boogie(Meade Lux Lewis, Albert Ammons, Pete Johnson) from「From Spirituals To Swing」(Vanguard)
2.Twos And Fews(Albert Ammons, Meade Lux Lewis)
3.Round Midniaght(Thelonious Monk) from「Genious Modern Music Vol.1」
4.Maiden Voyage(Herbie Hancock) from「Maiden Voyage」
5.Recado Bossa Nova(Hank Mobley) from「Dippin'」
6.Cool Struttin'(Sonny Clark) from「Cool Struttin'」
7.Moanin'(Art Blakey & The Jazz Messengers) from「Moanin'」
8.Mack The Knife(Jimmy Smith) from「Crazy! Baby」
9.Smile(Dexter Gordon) from「Dexter Calling」

e0021965_9572549.jpg
 それにしても、改めてライオンとブルーノートの素晴らしさがわかりました。本当はもっとライオンの人柄に触れたかったのですが、話べたのぼくでは2時間じゃ無理です。話せば話すほど違うことを話してしまうもどかしさ。ほんと、ぼくは話がだめですね。

e0021965_9582273.jpg
 それもあって、本を一所懸命書いているんですが、文章も下手で、もうどうしようもないです。このところ少し自己嫌悪に陥っていて、一昨日はさらに傷を深めてしまいました。でも、気を取り直し、7月5日の出版記念イベントではもう少しまともな話をしないと。

 その前に、ひとつ、ひょっとするとぼくにとっては楽しくなるかもしれないインタヴューが予定されています。ひとに話を聞くのは大好きで、とくに自分が知らない時代や世界の話って、興味があるじゃないですか。先方も乗り気とうかがっているので、ちょっと怖いような、それでわくわくしているような不思議な気分をいま味わっています。

 自分としては、このインタヴューで立ち直ることができろのでは、と思っています。そうなるといいなぁ。でも、ちょっとわけがあって、そのインタビューについてはブログで紹介できないかもしれません。来年開かれるコンサートのチラシとかプログラムとか、主催者のHPとかには掲載されますので、時期が来たらお知らせしますね。

 土曜日にお越しのみなさん、本当にありがとうございました。
by jazz_ogawa | 2009-06-15 10:02 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(21)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/10433783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 別冊matc at 2009-06-15 17:39
タイトル : 小川さん、ブルーノート&ライオン氏を熱く語る! 第13回..
昨日13日は梅雨空からちょっと無縁ないいお天気。お友だちの家でワインを飲みながら8か月の赤ちゃんと遊んだりしていたら、あーー、集合時間が!! あわてて小川さんのイベントのため銀座に向かうと、すでに数名の方がいらっしゃっておりました(汗) すみませんっ! さて、今回はご予約がパンパンになってしまい、飛び込み参加の方もいれて20名! イスはあるかしら〜と心配しつつも、なんとか皆様のお席がご用意できましたが、ちょっと狭くなっていまい申し訳ございませんでした。 初めてご参加された方が多い、ち...... more
Commented by noriko at 2009-06-15 12:58 x
小川さん 土曜日も御世話になりました。
le septのお客様にも初めていらっしゃる方がいらしたりと新しいお客様にドキドキしながらも、ジャズを知る、ブルーノートを知る、創設者のアルフレッド・ライオン氏と奥様のエピソードを知り心を打たれたりと、今回も小川さんのお人柄も加わりステキな時間になりました(皆さん、小川さんのお話にも著書にもブログにも癒されているのは確実です♪)。
次の日、私も早速HMVで2枚を購入。余韻に浸っているところです。
秋もどうぞ宜しくお願いいたします。
いつも本当にありがとうございます。
Commented by slowwalk at 2009-06-15 14:14 x
小川先生こんにちは、最近リー・モーガンにはまっている男です。
銀座ONゼミは、いつも楽しく参加させて頂いてます。土曜の「アルフレッド・ライオンの話」もとても楽しかったです。ありがとうございました。
選曲もさることながら、ジャズへの熱い思いが伝わってくるトークを何よりも楽しく聞いています。ONゼミの後、帰りの電車で同じ曲を聴くと、よりリアルに聞こえるんですよ〜不思議!
確かに2時間ではあっと言う間かもしれませんね。時には曲を少し少なくして、トークがいっぱいなんてのも面白いのかな〜とも思います。
話す小川さんは大変かも知れませんが(笑)
また次回も楽しみにしています。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-15 17:10
norikoさん、今回もありがとうございました。ブルーノートには思い入れがありすぎるので、いつもより支離滅裂な内容になってしまいました。
また今度、イベントとは関係なくお店にも寄らせてもらいますね。
次回、まだなにをやるか決めていませんが、よろしくお願いします。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-15 17:14
slowwalkさん、お越しいただきありがとうございました。ぼくのような者の話で喜んでいただけるなら嬉しい限りです。聞き苦しいところや意味不明なところもあったと思いますが、今後もよろしくお願いします。
それから「先生」はやめてください(笑)。
Commented by matc_tomo at 2009-06-15 17:38
こんにちは。土曜日はありがとうございました。そして、写真をパッと変えちゃって、すみませんでした。なかなかあうんの呼吸とはなりませんね…(涙)ライオン氏とのお話が満載でおもしろかったのですが、やはり何度かにわけてもよいのかも。そうそう、2曲目のアルバムはブルーノート初レコーディングとのことでしたが、品番は1なのですか? ちょっとギモンに思ったモノでして。あ、トラックバックをさせていただきますぅ。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-15 22:45
matc_tomoさん、お疲れ様でした。写真は別にたいした問題じゃありません。そもそもどのタイミングで出すかは決めていないんですから。
2曲目の演奏は、初レコーディングで録音された10何曲かのうちの1曲ですが、最初に出たレコードじゃないので、1番ではありません。
Commented by jjj♪ at 2009-06-16 09:39 x
写真を勝手に変えちゃった犯人2号です(笑)
なかなかプロジェクター隊長のように絶妙に操作ができなくて反省です。
ラストでライオン氏とライオン氏の奥様と小川さんのジーンとくるお話をきいていたら、全然違うところで笑いの神様が降りてきまして、感動してるのに笑いが止まりませんでした。これまた反省。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-16 23:09
jjj♪さん、犯人2号もいたのね(笑)。自首してきたので許しましょう。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-16 23:13
kikuさん、元気そうで安心しました。病気の種類は違いますが、食事制限は一緒ですから、お互い節制しましょうね。
Commented by kiku at 2009-06-17 00:01 x
小川さん、食べたいものが食べられないのはつらいですが、制限することでほかの成人病予防につながると、前向きに考えることにしてます。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-17 00:05
kikuさん、災い転じて福となす、ですよ。食事のことならこちらが先輩ですから、いつでも疑問・相談に応じますよ。
Commented by kiku at 2009-06-17 00:07 x
ありがとうございます。よろしくお願いします!
Commented by Tony at 2009-06-17 20:52 x
小川さん、
土曜日のセミナー、いつもながら楽しく参加させて頂きありがとうございました。ジャケットのスペルミスだかを指摘されてマイケル・カスクーナがベッドから怒って電話しているという写真、面白かったですね。悪く言うといい加減、良くい言うとおおらか、ですね。アメリカ人。でもこういうミスを見つけてプレミアムを付けちゃうのが日本人かもしれませんね。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-17 23:24
kikuさん、こちらこそよろしく。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-17 23:26
Tonyさん、いつもお越しいただき恐縮です。ぼくはアメリカ人のあのテキトーさ加減がわりと好きです。キリキリしている自分を見直す機会にもなりますし。
Commented by こばやし at 2009-06-20 17:52 x
ライナーの訳が知りたくて東芝EMIから出ていたブルーノートワークスシリーズを新譜中古織り交ぜてどうにか大体のところを手に入れてきたのですが、小川さんが訳を手がけるのは4201以降の作品に集中しているようですね。あらかじめ担当が決まっていたのでしょうか?
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-21 00:04
こばやしさん、とくに担当が決まっていたわけではなく、たまたまそうなったのだと思います。
Commented by こばやし at 2009-06-21 07:54 x
ご回答ありがとうございます。このシリーズを買い始めた頃は小川さんがブルーノートコレクターだと言う事は全く知らなかったんですよね。小川さんはブルーノートだけでなく他のレコード会社から発売されたタイトル(主に紙ジャケ)の翻訳も数多く手がけていますね。一度に多数のライナー翻訳の依頼がくると思われますので期限までにこなすのは結構大変だったのではないでしょうか?
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-21 09:33
こばやしさん、正直いって大変なときもありました。時間的余裕があまりないタイミングで発注されることも多いですし。
Commented by こばやし at 2009-06-21 19:17 x
ですよね!翻訳だけでなくご自身で解説をされていたりするからだと思いますが、小川さんのクレジットを見るとものすごいカウント打ってありますからね。これからはそういった事も踏まえて読ませて頂きますので。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-21 23:04
こばやしさん、各レコード会社の担当者が依頼してくれること、ありがたく思っています。
<< 2009-06-18 脱帽です 2009-06-13 オーディ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム