小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005-09-21 カトリーナをぶっ飛ばせ~ドクター・ジョン
 ハリケン・カトリーナがニューオリンズを直撃してからまだ3週間くらいしか経っていないのに、ニューオリンズ出身のドクター・ジョンのステージを観るのはちょっと複雑な気持ちです。独特のだみ声とニューオリンズ・スタイルのピアノが大好きなぼくとしては、落ち込んでいなければいいなぁと思いながら「ブルーノート東京」に向かいました。
 ところがこちらの心配をよそに、ドクター・ジョンは元気一杯、いつも通りのご機嫌なステージを聴かせてくれました。バックはギタ~エレクトリック・ベース~ドラムスの3人と、いたってシンプル。全員がニューオリンズ出身で、ベースとドラムスはダウンタウン(黒人)、ギターはアップタウン(白人)出身とのこと。うーん、ちゃんと住み分けができているんですね。と、感心しながらも、みんな大丈夫だったのかなと、ちょっと気になりました。
 そう言えば、いつもよりニューオリンズがテーマの曲を多くやっていたように思いましたが、こちらの勘ぐりでしょうか? 定番の「アイコ・アイコ」は歌わず終いでしたが、ハモンドB-3を弾きながらデューク・エリントンの「スイングしなけりゃ意味ないね」をファンク風に料理してみせたあたりにニヤリとさせられました。

 ちょっとぶっきら棒な印象のドクター・ジョンですが、実際は気さくなひとです。ぼくは10年くらい前に一度だけインタビューをしたことがあるのですが、そのときもとてもいい感じでした。見た目からはわかりませんが、このひと結構茶目っ気があって、お姉さん子で、甘えん坊のようでした(ぼくより年上のひとに向かって甘えん坊はありませんが)。
 曰く、「ドクター・ジョンというのは姉の命名」、「ニューオリンズを出てロスに言ったのは姉が住んでいたから」などなど、お姉さんあってのドクター・ジョンなんですね。独特の衣装もお姉さんのアイディアだそうです。この日も、ピアノの上に小ぶりの骸骨を乗せていましたが、これもお姉さんからのプレゼントだったはずです。
 そもそもドクター・ジョンとはどういう意味なんでしょうか? そのことも聞いてみました。ニューオリンズには古くからヴゥードゥー教という密教が伝わっています。本人はヴードゥ経とは無関係ですが、その教祖で秘薬の使い手(メディシン・マン)というコンセプトから、こういう名前と衣装になったそうです。

e0021965_421887.jpg ぼくはドクター・ジョンになる前の、マック・レヴェナックという本名で活躍していたころからのファンです。16歳でスタジオ・ミュージシャンになった彼は、ニューオリンズのブルースやR&B系アーティストのレコーディングにいろいろと参加していました。独特のピアノ・スタイルは、ニューオリンズ・ピアノの大御所プロフェッショナル・ロングヘアー譲りです。
 このピアノが大好きで、彼のソロ・ピアノ集『ドクター・ジョン・プレイズ・マック・レベナック』はいまも愛聴盤の1枚です。
そして最近のお気に入りは、昨年発表した『ニューオリンズ』です。この中の「セント・ジェームス病院」は、ドクター・ジョンのブルージーでジャジーなスタイルが最高の形で花開いた傑作と思っています。

e0021965_424388.jpg ニューオリンズの災害で、彼も多くのものを失ったり強いショックを受けたことでしょう。しかしそんなことは微塵も感じさせない力強いパフォーマンスを目の前にして、ぼくなりにさまざまな思いが胸の中を去来しました。まさに「カトリーナをぶっ飛ばせ」です。そしてドクター・ジョンのステージは、これまでに何度か観た中でもっとも感動的なものでした。音楽にはさまざまな力が宿っていることを改めて実感した次第です。

追伸:そうそう、明日と言っても、もう今日ですが、朝のInter-FMでもカトリーナ関係の話をします。多分7時20分過ぎに登場します。ほとんどのひとは聞いていないと思いますが、チャンスがあったら76.1まで周波数を合わせてみてください。
by jazz_ogawa | 2005-09-21 00:02 | ライヴは天国 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/1036944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuki at 2005-09-21 03:01 x
Dr. Johnはまだ聴いたことがないのでチャレンジしてみます!まずはExciteで視聴できればいいな(笑)ちょっと覗いてみます!でも明日のラジオでも流れるんでしょうか?
Commented by jazz_ogawa at 2005-09-21 07:15
kukiさん、ドクター・ジョンの音楽には独特の雰囲気があって、聴いているとアメリカの音楽のルーツがいろいろと見えてくる感じがします。ジャズの要素もあればR&Bの要素もあるし、初期のロックの雰囲気も残しているっていう印象です。チャンスがあれば是非聴いてみてください。
<< 2005-09-23 「オープ... 2005-09-18 “シンデ... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム