小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
Fujiyamaさん、コ..
by jazz_ogawa at 18:06
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-06-03 トーク・イヴェント3連発
e0021965_0223211.jpg
 6月から9月にかけて、毎月1回トーク・イヴェントをやります。

 まずは6月13日の「ONGAKUゼミナール」@銀座Bar「le sept」
 こちらは3ヶ月に一度のイヴェントで、今回の特集は「これがブルーノートだ!」。今年創業70周年を迎えるブルーノート・レーベルのエッセンスを紹介したいと思います。先日、主催者に聞いたところまだ席には若干の余裕があるそうです。予約・問い合わせコチラから
@Bar le sept銀座 18:00~21:00PM 会費3000円(w/1 drink)


 7月は『ブルーノート大事典』発売記念トーク・イヴェントを5日に自由が丘の「ステージ悠」で開催します。詳細は下記の通りです。
日時:2009年7月5日(日) 15:15開場 15:30~17:00
会場:STAGE 悠
   〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-23-16
   TEL & FAX:03-3724-5877
   東急東横線・大井町線自由が丘駅正面口より徒歩7分
e0021965_0224943.jpg

料金:3,500円(「ブルーノート大事典」1冊+1ドリンク付)
   ※「ブルーノート大事典」ご持参の方、500円(1ドリンク付)
お問い合わせ:東京キララ社(TEL & FAX 03-3233-2228)担当:前島さん
参加ご希望の方は、当日直接お越しいただいても大丈夫だとは思いますが、上記東京キララ社前島さんまでご予約いただければ幸いです。


 そして8月は京都に進出します。
「ONGAKUゼミナール in 京都」 8月1日(土)午後7時~
会場は映画監督の林海象さんが経営する「バー探偵」。先日京都のホテルを予約しましたし(笑)、詳細は間もなく発表します。どうぞお楽しみに!!!


 さらに9月には、先日駒場東大前で行った「60年代音楽」の2回目と、ローテーション通りなら銀座のBar「le sept」での「ONGAKUゼミナール」も開催される予定です。ネタはいくらでもありますので、お楽しみに。


 ところで先日駒場東大前のイヴェントに来てくださったソウル系の評論家、Soul Searchin'こと吉岡正晴さんが、ご自身のソウル・サーチン・ブログでぼくのことをこのところ毎日書いていてくれます。これが自分のことながら面白くて、「ぼくってやっぱりアホだなぁ」とか、「わがことながらなんとラッキーなヤツ」とか思ってしまいます。みなさんもぜひ覗いてみてください。現在まで4回掲載されています。

パート1 http://blog.soulsearchin.com/archives/002936.html
パート2 http://blog.soulsearchin.com/archives/002937.html
パート3 http://blog.soulsearchin.com/archives/002939.html
パート4 http://blog.soulsearchin.com/archives/002940.html

Thanks brother, sour searchin' !!!
by jazz_ogawa | 2009-06-03 00:29 | ONGAKUゼミナール | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/10360021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from わーちゃんの気ままに.... at 2009-06-03 14:31
タイトル : わーちゃんの気ままに....。
キャバ嬢のわーちゃんが、完全無料の情報を提供する奉仕のブログです。(笑)... more
Commented by megawatt at 2009-06-03 08:19 x
パート4もお書きになっていました。
http://blog.soulsearchin.com/archives/002940.html

「マイルスを待たせた男」ですか。パート4の傘の件もいいエピソードですね。あと、マイルスがなぜカメオのライブに行きたがったのという謎も氷解しました。

私は、大変申し訳ないのですが、マイルス=中山康樹のイメージが濃くて(何せ、追っかけをしていたというくらいですから)、中山氏のマイルス本は何冊も購入していましたが、小川さんのマイルス本は持っていません。今更ながら「マイルスデイビスの真実」を購入してみようと思いました。

先日、マイルスの87年ドイツのライブがDVD化されてタワレコでしばらく見てきましたが、マイルスのインタビュー部分で感じたこと。「判りにくい英語だな」。小川さんも中山さんも彼の英語について行けるというのが凄いです。
Commented by megawatt at 2009-06-03 08:25 x
たびたび済みません。寝起きで拝読しましたが、小川さんがパート4にも触れていたことに気がつきませんでした。コメントはちゃんと読んでから書かないといけませんね。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-03 08:54
megawattさん、ぼくも朝起きたらパート4がアップされていたので追加した次第です。
マイルスの英語は仲間内では何をいっているのかよくわからないところもありますが、ぼくに話してくれるときは実に丁寧な言い回しでした。そういうところに育ちのよさを感じたのと、それまでに抱いていたイメージとのギャップを強く思いました。
「マイルスの真実」もお読みいただけると嬉しいです。自伝には書かれていない「真実」もたくさんあります。
Commented by NetHero at 2009-06-03 18:16 x
ソウル・サーチンさんのブログを読ませていただきました。
『矢車剣之助』が出てきたのにはビックリ!!
あったですね。そういうのが。
原作は、確か「少年」か「少年画報」に連載されていた漫画だったような、、、。
やはり小川さんはタダモノではないですね。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-03 18:37
NetHeroさん、光文社から出ていた「少年」だったと思います。ゼミナールでは思い出せなかったのですが、作者は堀江卓でした。あのころの漫画、懐かしいですね。15大フロクとかがついていて。
Commented by NetHero at 2009-06-04 14:24 x
「15大付録」。いやぁ、久しぶりにこの言葉を見て思わず目頭が熱くなりました。(笑)
毎年12月号には、新年号用の大付録の宣伝が大々的に載るんですね。
各雑誌が競って大付録を付けていました。そして、待ちに待ったその大付録で膨らんだ雑誌を手にした時の無上の喜び。
「少年」「少年画報」「ぼくら」「漫画王」「冒険王」っていう月刊誌がありました。
当然、私の様な一般庶民の息子は、お金が無いのでその内の一紙ぐらいしか買えません。
で、残りの雑誌は近所の散髪屋なんかで読むんですね。
いろんな雑誌の大付録を毎月手にすることが出来る散髪屋の息子が心底羨ましかったです。
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-05 00:02
NetHeroさん、ぼくは「少年」を購読していて、友人がとっていた「少年画報」と毎月交換していました。
Commented by めいこ at 2009-06-07 08:28 x
小川さん、お久しぶりです!
京都にいらっしゃるんですか!?うれしいです!!!
8月1日ですね。ぜひ、参加させていただきたいです!!!
詳しいことは、後日ってことですが、見逃したらどうしましょう???
しんぱいだなぁ~~~
ホテルも予約しなくては、、、あせっちゃいます。どうぞよろしく!!!
Commented by jazz_ogawa at 2009-06-07 10:18
めいこさん、お元気でしたか? 8月1日、ご都合がよろしければぜひご参加ください。詳細はいずれこのブログにアップしますが、下記のURLに告知が載っています。よろしければチェックしてください。
http://www.kozocom.com/community/BBSDetail?s_0_0_0_0_args1=112400169569060661&s_0_0_0_0_args2=112441290670260529
Commented by めいこ at 2009-06-07 21:49 x
小川さん、ありがとうございます。
ちゃんと「お気に入り」登録しました。
これで安心!!京都大学の近くなんですね。
もしかすると、お泊りしなくてもいけるかもしれません。
また、よく調べてみます。ありがとうございました!!
<< 2009-06-03 7月5日... 2009-06-01 Work... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム