小

川隆夫の JAZZ BLOG
Profile

©Kozocom (photo by Shuichi Kasahara)
職業:JAZZジャーナリスト、整形外科医、DJ

ニューヨーク大学の大学院在学中にアート・ブレーキーやマルサリス兄弟など数多くのミュージシャンと知り合う。帰国後、JAZZを中心に約3000本のライナーノーツを手がけると共にJAZZ関連の著書を多数出版。ブルーノートの完全コレクターとしても有名。その他、マイルス・デイヴィスやブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医を勤めるなど、現役の整形外科医としても第一線で活躍中。

小川隆夫の著書一覧
Link




Topics
最新刊
「ジャズメン、ジャズを聴く」

「証言で綴る日本のジャズ」

「ジャケ裏の真実
ジャズ・ジャイアンツ編」
TALK EVENT■
小川隆夫ONGAKUゼミナール
@銀座le sept
3.19:ジャズメン、ジャズを聴く!


■TALK EVENT■
民音音楽博物館
「3月文化講演会」@神戸
3.26: 関西国際文化センター
コスモホール
TEL: 078-265-6595

詳細やその他ライナーノーツなどは 「Works & Information」へ>>
カテゴリ
最新のコメント
小川さん、はじめまして。..
by 時音詩音 at 21:14
どうも初めまして。 レ..
by 竹田 at 04:38
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 15:58
以前は良くお書きになって..
by 名古屋の正ちゃん at 01:42
名古屋の正ちゃん、このコ..
by jazz_ogawa at 15:02
聴きたかったバンド、つい..
by 名古屋の正ちゃん at 18:51
Grecoを購入したとき..
by bjwfan at 21:30
小川さん、お久しぶりです..
by kiku at 11:53
> 名古屋の正ちゃんさん..
by jazz_ogawa at 12:10
久しぶりのブログありがと..
by 名古屋の正ちゃん at 00:11
小川さん、ブログ久しぶり..
by Fujiyama at 17:46
がんばってください♪^^
by yuricoz at 17:26
Fujiyamaさん、あ..
by jazz_ogawa at 20:43
小川さん、東京JAZZカ..
by Fujiyama at 15:11
kentokanpoo..
by jazz_ogawa at 18:02
小川さんの本、早速買って..
by kentokanpoo at 12:30
小松仁さん、いつもありが..
by jazz_ogawa at 12:45
小川さん、今度の新作も読..
by IT起業研究所 小松仁 at 11:21
渡部さん、今年も1回目か..
by jazz_ogawa at 09:32
楽しく参加させていただき..
by 渡部 at 10:48
最新のトラックバック
ストックホルムでワルツを
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
New Herd In ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
物質文明、情報社会と融合..
from dezire_photo &..
When a Rock ..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「アンナ・カレーニナ..
from soramove
ONゼミ in 雨ことば..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
ARGO
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
007 スカイフォール
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「007 スカイフォ..
from soramove
映画「人生の特等席」タイ..
from soramove
クリント・イーストウッド..
from IT起業研究所 ITInvC..
宝物シリーズ♪
from ♪♪♪yuricoz caf..
推理作家ポー 最期の5日間
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「推理作家ポー 最期..
from soramove
映画「ボーン・レガシー ..
from soramove
最強のふたり
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
映画「最強のふたり」毎日..
from soramove
小川隆夫のONGAKUゼ..
from ♪♪♪yuricoz caf..
ONGAKU ゼミナール..
from 雨の日だからジャズでも勉強しよう
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2017年 11月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2009-04-19 『ミルク』を観てきました
2009-04-19 『ミルク』を観てきました_e0021965_071272.jpg
 つい先日DVDで『オール・ザ・キングス・メン』を観て、つくづくショーン・ペンはいい役者になったものだと思っていました。そして待望の『ミルク』が封切られたので、初日に渋谷の「シネマライズ」で観てきました。

 この映画、前回ニューヨークに行ったときに公開されていたんですが、見逃してしまいました。そのあとにアカデミー賞の受賞を知り、やっぱり観ておけばよかったと思った作品です。まあ、少し遅れて観ても違いはありませんが。

 『オール・ザ・キングス・メン』はルイジアナの州知事になる話で、街頭演説のシーンが何度も出てきます。昨日の映画は同性愛者であることをカムアウトした上で、アメリカで最初に公職に就いた政治家ハーヴィー・ミルクの半生を描いたドラマです。こちらでも演説シーンがいろいろ出てきます。それらを見比べて、改めてショーン・ペンの演技派ぶりを実感しました。

 ひとつのことに人生が捧げられるひとは、大変な人生だとは思いますが、見方を変えれば幸福なひとだとも思えます。ぼくなんか、あれもこれもと欲張りなので、この映画の主人公のように自分の信ずることに身を捧げて進んでいけるひとに尊敬の念を覚えます。羨ましいと書きましたが、自分にはそういう目標があったとしてもそこまで献身できないでしょうね。やっぱり人間の器が違います。

 「これまでの人生で誇れるものはひとつもない」

 40歳の誕生日を迎えた日に、主人公が呟きます。そろそろ60になるぼくには自慢するものがいくつかあっても、誇れるものはどうでしょう? ひとつもないとは思いませんが、たいしたことないです。

2009-04-19 『ミルク』を観てきました_e0021965_072752.jpg
 それはそれとして、ミルクは新天地を求めニューヨークからサンフランシスコに移り、同性愛者に対する平等な権利と機会を求めて市民権運動の活動家になります。やがて仲間のバックアップもあり、市政執行委員に当選。アメリカで初めて同性愛者であることを公言して公職に就くことになったのです。

 ところで、一度だけショーン・ペンを見たことがあります。ニューヨクのジャパニーズ・レストラン「NOBU」でのことです。彼は同じビルにスタジオを持っているとのことで、ちょっと立ち寄ってパッパとなにかを食べて、さっと消えていきました。15年以上前のことでしょうか。そのころはマドンナの元ダンナという以外ショーン・ペンに注目していなかったので、ほとんどなんにも感じなかったんですが。

 ぼくがいい役者だなぁと意識し始めたのは『ミスティック・リヴァー』あたりからです。監督がクリント・イーストウッドで、作品自体に強い印象を覚えました。それ以来、意識をしてショーン・ペンが出ている以前の映画もいろいろと観ました。すでに観ていたものもあれば初めて観る映画もありました。観る側の意識が変わると、作品の印象も変わります。

 音楽もそうですが、一度だけでその作品を評価してしまうのはよくないですね。前からそういうことは常々思っていましたが、あるときにショーン・ペンの映画をいろいろ観て、そういうことを肝に銘じました。でも、それって時間がないと無理です。そこが最大のネックですが。
by jazz_ogawa | 2009-04-19 00:14 | 映画&DVD | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : https://blog.excite.co.jp/ogawatakao/tb/10076485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from メガ放談 at 2009-04-27 08:41
タイトル : Milk @CineQuanon Yuurakucho ..
同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いた実在の活動家ハーヴェイ・ミルクが活動家となり凶弾に倒れるまでを描いた映画。ショーン・ペンがミルクを演じ、今年のアカデミー賞主演男優賞を受賞した。 オフィシャルサイトや映画紹介サイトで「暗殺された」とあっさり書いてあったので、何故ネタバラしをするのだろうと思ったのだけど、映画の冒頭で、ミルク暗殺の当時の実際のニュースフィルムが流れる。マイノリティのために闘い続けたミルクが誰に、どのような理由で暗殺されたのかが気になる展開になる仕掛け。映画では...... more
Commented by NetHero at 2009-04-19 03:43 x
小川さん、こんにちは。
「自慢する」と「誇る」は違うんですね。なかなか含蓄があります。
ショーン・ペンは、オスカーを2度貰うのも当然と思わせるいい俳優ですね。当地では「ミルク」は、数週間前よりDVDで発売されているので借りてきて観ようと思っているのですが、、、未だ観ていません。
「ミルク」が人の名前だと知るまでは、どんな内容の映画かなと思っていました。(笑)
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-19 08:51
NetHeroさん、「自慢する」は自分が勝手に「自慢する」ことであって、「誇る」は他人も認めてくれるものと考えています。あくまで私感ですが。

ぼくも最初タイトルだけ見て、どんな映画なのかと思いました。NetHeroさんも実感していると思いますが、アメリカってつくづく差別の国だなと思います。日本にもそういうところはありますが。30年前でもこんなに旧態依然の体質だったことを改めて思いだしました。なにせ極端なことをする国ですから。
Commented by ゆりこ at 2009-04-19 09:42 x
誇りは自慢よりスピリットが上のような気がしていましたが、48歳で亡くなったミルクの偉業を知り鳥肌が立つほどでした。社会のために戦うことは壮絶でとてつもない勇気や忍耐が必要だと思いました。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-19 10:28
ゆりこさん、たしかにスピリットが重要ですよね。それも、自他共に認める崇高なスピリットが伴っているものでしょうか。
Commented by 浦島 at 2009-04-20 06:51 x
小川さん、私は目が悪いのであまり映画はみません。でも、この映画は見てみたいですね。ところで土曜日の夜の小曽根真さんのライブは感動的でした。久しぶりのいいトリオを聞かせてもらいました!
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-20 08:49
浦島さん、この映画、大作ではありませんが、心に残りました。でもアカデミー受賞作にもかかわらず小さな映画館での上映で、しかも初日の夕方という混みそうな時間帯なのに満員じゃなかったです。ちょっともったいない気がしました。
小曽根さん、今度ラテンのアルバムを出すので、それが楽しみです。
Commented by megawatt at 2009-04-27 00:53 x
小川さん。
ミルク、今日観ました。ショーン・ペン、多分まともに観たのはこの映画が初めて(残念ながら「ミスティック・リバー」や「ギター弾きの恋」は観ていません)。昔はマドンナの旦那だったという印象と尖っているイメージがあります(何故)。彼良いですね。たまに新聞(or雑誌)に寄稿しているとも聞きました。

アメリカ人(大雑把ですが)の「嫌い」という理由で変な法律を作ろうとする理不尽さに寒気を感じると同時に、自由とは闘って勝ち取って行くものなのだということを教えてくれた映画でした。

私は地味な選曲がいいなと思いました(Everyday Peopleなどありがちだけど)。オペラ(私はよく知らないのですが)が効果的に使われていて、心に残りました。

ミルクの演説の場面が多かったためか、どうしても2008年の大統領選挙キャンペーンを思い出してしまいました。ミルクのシンプルな演説が現アメリカ大統領の演説と重なって聞こえたのは私だけでしょうか。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-27 08:49
megawattさん、つくづくアメリカっていうのは差別の国だと思いました。それと、極端なことに走る国でもあります。だからこそオバマ大統領に期待するひとも多いんでしょう。
このブログでも書きましたが、『オール・ザ・キングス・メン』もご覧になるといいですよ。ショーン・ペンのうまさがさらに実感できる思います。
Commented by natsuko at 2009-04-28 22:20 x
小川さん、はじめまして。
ショーン・ペンは本当に演技がうまいと思いますが、悪いヤツを演じるのがうまいので、役とイメージが重なってしまいどうも好きになれません(笑)。そんな中で「ギター弾きの恋」のショーン・ペンはろくでなしだけどかわいいです。社会派ドラマの時とはまた違った魅力ですね。ウディアレンが監督なので全編に流れる音楽も素敵です。
5月29日のONGAKUゼミナールにお邪魔したいと思っています。初めてなのでちょっとドキドキですが。
Commented by jazz_ogawa at 2009-04-29 00:53
natsukoさん、ショーン・ペンについては『ギター弾きの恋』も含めて同感です。たしかに悪人役が多いですね。『Milk』は善人ですが。
29日、こちらこそよろしく。
<< 2009-04-20 「ONG... 2009-04-16 久々に活... >>
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写 、 転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム