THE NOVEMBERS L to R
小林祐介 Vocal & Guitar
吉木諒祐 Drums
高松浩史 Bass
ケンゴマツモト Guitar
3rd EP
『GIFT』

2012/11/7発売
UKDZ-0135、¥1,890(tax in)
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT inc.,

〈収録曲〉
01. Moiré
02. Harem
03. Reunion with Marr
04. ウトムヌカラ
05. Slogan
06. GIFT

アナーキーインザユーケー
皆さん、どうも。


最近バンドは、新曲作成に勤しんでいる。
何かを生み出すことは辛いことも多いが、希望が見えたとき、仕上がったときにはなんとも言えない感覚がある。

同時に学校に通っている。
正直、学校に関することは煩わしいことが多くて、一刻も早く卒業してしまいたい。
が、投げ出さずに、自発的にがんばりたいという感情もどこかにある。

やれ、と言われて(誰かに、だけでなく強迫観念的にも)しょうがなくやるのと、自発的に、やろう、と思ってやるのでは、自分に還って来るものが全然違う。
何倍も、何十倍も差がある。
これはバンド、その他すべてのことに言えることだけど。
だから僕はやる。

こんなにもモチベーションが高いのは初めてで、そんな自分が嬉しい。
今は誰にも邪魔されたくない。


最近の話として、もう一つ。
最近、寝ているとよだれを垂らすことが多い。
ゲンゴロウ・マツモト氏に聞いたところ、年らしい。
それに関連して、人間の寝起きの口内というものは○○(あまり綺麗なものではないため、伏せます。想像にお任せ。)よりも汚いらしい。
それでもキスを出来る人が、あなたにはいるだろうか。
それは愛だと思うし、そういう人がいるのなら、誇りに思うべきだ。
うらやましいぜ。




とりあえず、僕はがんばってますよ、ということで。
写真は
がんばっているTHE NOVEMBERS

リョーヘイ、いつもありがとう。



たかまつ
アナーキーインザユーケー_f0176388_0275444.jpg
アナーキーインザユーケー_f0176388_036146.jpg

by novembers | 2008-09-26 00:21 | 高松浩史
<< あなたはいったいいくつもの 10/5について >>


excite. MusicMall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。