NAOTO/ヴァイオリニスト・
作曲家・プロデューサー
1973.8.15生まれ/ A型
大阪府・高槻市出身。東京芸術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科卒業。
POPSを表現する唯一無二のヴァイオリニスト。05年EPICレコードよりデビュー。ドラマ「のだめカンタービレ」では、指導・吹替演 奏を担当し、自身もゲスト出演。
無類のカレー好きが高じて、ジュニアカレーマイスターの資格を取得。作曲家としてTEAM NACSなどの舞台音楽の作編曲、プロデュ ースを手掛ける一方で、「ハローキティ」とコラボするなど多彩な才能を駆使して活動の場をますます広げている。

ファンクラブサイト
『NAOTO Reversible 2013 -Concert side-』
『NAOTO’s Acoustic Duo』
『 NAOTO’s Acoustic Duo for Violin&Piano』
『NAOTO 5th Anniversary Live in JCB Hall [DVD]』
『Prism 』
『NAOTO Reversible 2009-Concert side-』
『NAOTO Reversible 2008-Live Side-』[DVD]
『for you...』
『expectation』初回盤
『expectation』通常盤
『Blue’ G’』
『Sanctuary』
Rec開始!
さて、前回の更新からまたまた日が経ってしまいましたが、
インフルエンザも、風邪にもやられず、元気に過ごしております。

ここ最近はどんな感じかと言いますと、まずはTour終了の翌週、
お休みを数日間頂いたので、
身体のメンテナンスで帯広に行ってました。

その後は、久し振りにいくつかのセッション、Radio、 Rec、酉の市、打ち合わせ、など
楽しく過ごしていました。

実は先週の日曜日、ちょっと遠い(笑)親戚の結婚披露宴での演奏
というお誘いがありまして、広島に哲朗くんと光田さんの3人で行ってきました。

ご来賓の皆様には、僕らが出演される事は内緒にされていた事もあり、
喜んで頂いたようで、とても嬉しかったです。

でね、ここまでは今まで経験した事のある事なんだけど、今回一つ、

初体験が。

それはね。



なんと、披露宴で「アンコール」かかったんですよ!


いやいや、基本の段取りあるっしょ。(笑)
曲ほんとに用意してないし。(焦)
急遽、3人で「スペイン」弾きましたよ。(ホッ)

週末には、公開講座もありましたね。
こちらは長くなりそうなので、黒ぽっぱぁさん(ファンクラブblog)に、また今度書こうかな。

さて、一昨日から次の3rd AlbumのRecに入りましたよ!

一昨日、昨日だけでも、宮崎さん、太知くん、光田さん、哲朗くん、阿部ちゃん、
一本くん、栄二くん、と素晴らしいミュージシャンと
素敵なエンジニアの山内さんに囲まれてのRec。

明け方までのRecでしたが、とてもいい感じですね。

いいスタートを切れたと思います。

みんな、自分の事のように楽しんでくれててね。
それでいて、頑張ってくれて...。
僕もより一層、頑張ろうって思いました。

頑張ると言えば、森男も頑張っているみたいだね。
今日から、Tourが始まるそうです。
独自の、世界観を是非、聴きに行ってあげて下さい。
歪みの先に見える、一つの光を探し、そして見つける事が出来ると思います。

夏頃、

「Tourやりたいんですよね。」

と相談され、ライブハウスを紹介したままになっちゃってたけど、

もの凄い準備をしていたみたいです。
僕も、期待しています。

そう、そして某ポ◯ノさんもTourが始まったそうで....。
みんな頑張っているね。
なんか嬉しいな。

あっ、そろそろ「True Morning」のViolinパート録るそうです。

行ってきます!
by naotopoper | 2007-11-28 16:34
<< 師走です。 Tour終了。 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Concert
NAOTO LIVE
SIDE TOUR 2014


2014年1月26日(日)
@渋谷WWW

2014年2月10日(月)
@広島CLUB QUATTRO

2014年2月11日(火/祝)
@梅田シャングリラ

2014年2月13日(木)
@名古屋ell.FITSALL

詳細はコチラ
以前の記事
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
おことわり

掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象にな る場合があります。