ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:銀座 ( 2 ) タグの人気記事
GQ コラム「ホテル西洋 銀座を惜しむ」
GQ コラム「ホテル西洋 銀座を惜しむ」_b0053082_703395.jpg

本日、発売のGQ 10月号

センターフォールドの挑発的なカバーガールこそいませんが、
男っ気ムンムンなダンディな雑誌です。

そこで、巻頭コラムのひとつとして、
来年、惜しまれつつ閉館する、ホテル西洋 銀座について書かせていただきました。

実は、執筆するにあたり、久しぶりに宿泊。
ラウンジはたまに、打ち合わせで利用していましたが、滞在は何年ぶりでしょう。
いや、十数年ぶりかも(笑)。
懐かしい記憶がよみがえる、クラシックな空間に、
変わらない端正な朝食の時間。
このひそやかな場所が、銀座から消えていくのは淋しいかぎりです。

執筆するにあたり、かつてのGMと、現GMのお話しをうかがうことができました。

日本初の本格的なヨーロピアンスタイルのホテル。
世界中のセレブたちが競って、宿泊した伝説のサービス。
今でいう、マルチタスク業務をいち早く、導入したのもここ。
今ではあたりまえのサービス、設備を25年前からスタンダードして備えていたことに敬服します。


閉館は来年、2013年5月31日。
それまで、いつもと変わらぬホスピタリティでゲストを出迎えてくれます。

ホテル西洋 銀座で過ごす最後の夏も、あとわずか。


ぜひ、思い出を刻みに、再訪されてみてください。
by naoko_terada | 2012-08-24 07:18 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
銀座で見た、いいもの


昨日、打ち合わせがあり、銀座へ。

少し遅めの昼下がりを、中央通りの人の流れにあわせて、歩く。

初夏の雰囲気のウインドーショッピングと、
銀座のハレな気分を楽しむのには、ちょうどいい季節。


そんな軽やかな気持ちで、
銀座の名フレンチ、レカンの前を通りすぎようとしたとき、
店の入り口に、背の高いトック(帽子)をかぶったシェフと、
二人のマネージャー級の黒服の方が行きかう人と対峙するように立ち、
通りに向かって深々と頭を下げている姿が。


どうやら、大切なお客様の見送りの様子。
シェフは、料理長の高良康之さんのようでした。



一流のレストラン、料理店ならば、これはあたりまえのこと。


でも、「おや?」と、思ったのは、
もう、お客様の姿も見えないのでは、と思えるほどになっても、
ずっと姿勢を変えず三人で、その方が歩いていかれた方向を見守っていること。



銀座の中央通りは、ご存じのようにまっすぐに延びています。
ポツンと小さな点のようになっても、
視界が良ければ、まだそこに立っているのかどうかは、わかることもあります。


最後まで、気を抜かず、
誠意をこめて、見送る。


彼らの姿に、レカンの誠実さ、ゆるぎのないサービス哲学を見た思いがし、
こちらまで清々しく、幸せな気分に。


「いい仕事」をしているプロフェッショナルたちを見ることほど、
すばらしいものはありません。


そして、そんな名レストラン、プロたちが集う、
銀座もまた、
東京が誇る、麗しき街なのです。
by naoko_terada | 2009-05-13 23:38 | その他 | Trackback | Comments(8)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム