ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:東北 ( 22 ) タグの人気記事
未来への笑顔
福島・猪苗代湖の近くでペンションを営む知人がいます。

彼と知り合ったのはブログ
今から7年ほど前のことです。
自分で宿をやることを夢に、
北海道の旅館に住み込みで働き、調理師免許の資格を取得。
2009年に念願のペンションを開業するまでの悩み、挫折、
縁のあった人たちの励ましなど、
日々の思いを真摯につづる彼に日本の観光業の未来をみているようで、
応援してきました。

未来への笑顔_b0053082_5353161.jpg

そして5月末、東北の遅い春が芽吹く新緑が美しい季節。
初めて彼のペンションをたずねました。
名前は、「ペンションすまいる」

いい名前です。

未来への笑顔_b0053082_5371955.jpg

お部屋はこんな感じ。
この部屋はロフトもあり、3名まで利用できるとのこと。
清潔感があり、かわいい雰囲気です♪



初対面なのに、なぜか知り合いのように思うのがブロガー同士のご縁。
ゲストのための食事の調理など忙しい間をぬって、
コーヒーを淹れてもらい、あれこれと語りあいます。

彼のペンションでは地震・原発による避難者の方々を受け入れてきました。
被災された宿泊者のみなさんのお世話と、通常の業務へ戻るタイミングとの兼ね合い。
宿の主としてのジレンマ、あせりが痛いほど伝わります。

わたしにできることは、ただ彼の話を聞いてあげることだけ。


その夜は、
避難されているみなさんと一緒のテーブルで夕食をいただきました。

未来への笑顔_b0053082_5402681.jpg

長期で滞在されている方への配慮から、通常のメニューとは異なるとはいえ、6、7年前は包丁さばきもままならなかった(ゴメン!笑)彼が出してくれたのは地元の食材を使った温かみのある、しかしプロの技を感じる手料理。

近くで採ってきたウドの入ったグラタンは立派な一品。
お供は地元・猪苗代で作られたあいづ醸造ワイン

さまざま思いが交差するものの、ひとつのテーブル、同じ空間を共有する温かさと思いやりがそこにはありました。

未来への笑顔_b0053082_5433686.jpg

翌日、朝食には炊きたてのご飯に、
山菜やきのこ類がたっぷりと入った味噌汁。
飯坂温泉名物のラジウム玉子も!
シンプルだけれど、嬉しい一品ばかり。
作り手の気持ちが込められた料理ほど心を癒すものはありません。


再会を約束して、宿を後に。

未来への笑顔_b0053082_5453670.jpg

帰り道、磐梯吾妻スカイラインを走り抜ける。

未来への笑顔_b0053082_5484677.jpg

高く青い空、噴煙をあげる活火山、新緑が鮮やかな春の生命力が胸を打ちます。

流れる景色を見ながら、
どこに暮らしても、日本が心から離れることはないこと。
こころざしある人、かけがえのない風景がある限り、日本と共に暮らしていこう。
あらためて、そう思う気持ちが湧き上がります。

それもまた、今のわたしにできるささやかなことだから。



後日、彼から宅配便が送られてきました。


未来への笑顔_b0053082_552181.jpg

中を開けると、こんな嬉しいサプライズ。
わたしが訪問した際にいただいた会津のワインです。
赤と白の紅白のプチボトル。


そう、人生のパートナーと出会い、彼は新しい一歩を踏み出しました。

現在は少しずつ一般のレジャー客の予約も始めています。
まだまだ大変なことはあるかもしれませんが、
かわいい奥さまと、明るい笑顔と共にがんばって乗り越えていくことができるはず。

そんなふたりを今までどおり、わたしもブログを通じて見守っていきたいと思っています。



Sくん、Tちゃん、ご結婚、おめでとうございます!
With Happy Smile !
by naoko_terada | 2011-07-04 06:00 | 日本 | Trackback | Comments(2)
UOMOで宮城県応援記事!~仙台、松島、塩竈~
UOMOで宮城県応援記事!~仙台、松島、塩竈~_b0053082_2351828.jpg

男性誌「UOMO」連載中の「わがままコンシェルジュ」内の「話題の旅トピック」。
発売中の8月号で、宮城県の観光応援記事を執筆いたしました。

表紙は、ワオ!
「JIN-仁」で、豪快な龍馬役が話題になった内野聖陽さんじゃないですか。
作務衣かと思ったらデニム。
(ドルチェ&ガッバーナのジャケットでした。。。失礼!)



仙台取材は5月末。

震災後、再開を果たした東北初のインターナショナルなラグジュアリーホテルブランド、
ウェスティンホテル仙台を拠点に、仙台松島塩竈を取材。
初日は雨の降る天候でしたが、
新緑の生命力あふれる仙台の街並みは美しく、心洗われる思いでした。

偶然にも取材時、ミシュラン観光ガイドで星をもらう観光名所、
松島を含む東塩釜~高城町間の仙石線運行が再開。
観光再開への第一歩となるべく、我々も乗車。

UOMOで宮城県応援記事!~仙台、松島、塩竈~_b0053082_029461.jpg

これは、松島の隠れた名刹、円通院の庭園。
東北の遅い春をおもわせる、芽吹いたばかりの萌黄色から、常緑の深い緑のグラデーションの美しいこと。はじっこでのけぞるように写真を撮っているのは、友人でもある写真家の山口規子さん
彼女もこの作庭のみごとさに感心しまくり。

UOMOで宮城県応援記事!~仙台、松島、塩竈~_b0053082_0421895.jpg

円通院には不思議がいっぱいあります。

庭園の奥には西洋風のバラ園。
境内の奥にある、国指定重要文化財の三慧殿(さんけいでん)は、伊達正宗公の孫にあたる光宗をまつる霊廟で、厨子にはこれもバラの絵のほかに、水仙、ハート柄などの西洋風のモチーフの意匠が。
バラの花はローマを、水仙はフィレンツェを表すとされ、伊達正宗の家臣で慶長遣欧使節団をひきいてヨーロッパへわたった支倉常長(はせくらつねなが)が彼の地を訪れた証とされています。

松島は、ミシュランのグリーンガイドで堂々の三つ星。
この円通院は、二つ星に。
境内ではパワーストーンの数珠作りもあり、わたしたちは時間がなかったのであきらめましたが、次回はぜひ、体験したいと思いました。
副住職は、地元では有名なとってもキュートな美貌の持ち主。
彼女は、松島の観光にも尽力する次世代ツーリズムを支える若手でもあります。



そして、取材先のひとつ、松島佐勘 松庵さんへ。

こちらも、本当にすばらしいお宿でした。
取材当日は、京都県警のみなさんが復旧作業に従事するため宿泊されていましたが、その方たちもこの日、京都に戻られるとのこと。
松庵さんだけでなく、被災地周辺の多くの旅館、ホテルが災害支援組織、避難の方などを受け入れていられます。
そういった状況も、震災から三ヶ月が過ぎて、いつものように観光でいらっしゃる方をお迎えする動きが出てきています。

UOMOで宮城県応援記事!~仙台、松島、塩竈~_b0053082_1142476.jpg

松庵では、撮影後、大変おいしい昼食をごちそうになりました。

あいにくの曇り空ではありましたが、松島の水平線を借景に味わう、心のこもった食事。
何もしないでゆっくりとくつろぎたい、と思わせる静謐さある空間が印象的でした。


また、「寿司の町」塩竈では地元でも知られる人気店へ。

いやぁ、ここも本当に美味しかった!
詳細はUOMO本誌で見ていただくとして、味は人、ということをしみじみと感じさせる職人のみなさん。店やご自宅が浸水した中で、GW前には営業再開をしたところも多く、その心意気に心打たれます。「こんなときに来ていただき、ありがとうございます」と快活に笑うご主人の笑顔に救われる我々、取材班。
こちらこそ、本当にお世話になりました。


最後に、感謝したいのはこの取材を敢行したUOMO編集部の英断。
企画の話が出たのが5月中旬。
まだまだ混沌とした状態で、はたしてこういう観光情報を掲載してもいいのかどうか。
センシティブな問題も含めているため、難しい判断だったかと思います。
進めてくださった、T副編集長、S編集者。
また、仙台在住で今回の取材に尽力してくださった、Aさん。
地元の隠れ家スポットなど情報提供をしてくださった、M氏。
ありがとうございます。


取材時、震災被害の大きかった地区も訪れました。
でも、その写真はここでは掲載しません。
わたしの心の中に刻んでおきます。


7月16日、17日には仙台で東北を代表する祭りが集結した東北六魂祭が開催されます。

この両日、青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、
仙台七夕まつり、福島わらじまつりの東北6大祭りが一挙に花開きます。


余震、放射能。
観光に行くことを心配する問題はあります。
行くか、行かないか。
決めるのはひとりひとり。

その中で、わたしは、観光を通じて一歩を踏みだそうとする人、場所を応援していきます。
可能なかぎり、観光復興を始めたところへ旅をしようと思っています。
観光で日本を元気にするための情報を提供していきます。

そんな思いを記事に込めました。

ぜひ、UOMOの記事をお読みいただきたいと願います。
by naoko_terada | 2011-06-24 22:59 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム