ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:東京 ( 23 ) タグの人気記事
ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京の隠し味



この夜のハイライトは、「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」でのディナー。

いつもお世話になっている
広報のI女史にエスコートされて、ダイニングへ。

迎えてくれたのは、シェフ・ド・キュイジーヌの前田慎也シェフ。
ロンドンの「ザ・キャンティーン」、
ニューヨークの「アクアヴィット」などの一流レストランや高級ホテルでの経験を経て、
ミシュラン三ツ星の「ザ・レストラン・ゴードン・ラムゼイ」の副料理長に就任。
ゴードン・ラムゼイのレストランシェフの中で
唯一のアジア系シェフとして台頭をあらわし、
入社後わずか数年で、
シェフ・ド・キュイジーヌとしてコンラッド東京へ派遣された実力派です。

2年ぶりにお会いした前田シェフ、
凛とした職人気質は変わらぬものの、ひとまわり大きな存在感を放ち、
この2年がとても濃密だったことを感じさせます。
2008年2月に就任して、その年の11月発行の「ミシュランガイド東京2009」で一ツ星を、
続けて昨年の「ミシュランガイド東京2010」でも一ツ星を獲得。
プレッシャーもあったことでしょう。
でも、その重みをしっかりと受け止め、
経験に置き換えるたくましさも身につけられたようです。

今回は、シェフおまかせのコース。
アミューズから始まり、
前菜、ゴードン・ラムゼイのシグネチャーでもあるロブスターのトルテリーヌ、
魚、肉、プレデザート、スフレ、タルトタタンと贅沢なフルコース。
(料理をちょっとだけお見せしたかったのですが、
このレストランはブロガー泣かせの暗めの照明のため、撮影は断念)。


一見、シンプルなモダンフレンチ。
でも、香りと口に運んだ後の、風味は実に個性的。
創造性こそが、ゴードン・ラムゼイの真骨頂だとの思いを再認識する料理が続きます。
確かに、ゴードン・ラムゼイの味。

今回、感じたのはその中に見え隠れする前田シェフの下心(笑)。
彼が重ねてきたシェフとしての経験値と技量が、ちらりとおりこまれている。

わたしにはこれがとても面白く思えました。
ゴードン・ラムゼイという名レストランの看板のもとで、
自分の味をどこまで際立たせるか。

「個性」という名の隠し味。


今年5年目を迎えるコンラッド東京。
開業以来、何度も訪れていますが、
ゆっくりと熟成された年月を重ねてきていることを実感します。
新しいホテルの新鮮さ、高揚感も好きですが、年月の風合いもとても好ましい。

料理もホテルも、人も。
長く続けていく先に見えてくるものがあります。

5年目のコンラッド東京にも確かに、それが息づいています。
by naoko_terada | 2010-04-29 21:19 | ワイン&ダイン | Trackback | Comments(0)
ジャパンビューティなる5年目のコンラッド東京


5年前の今頃、わたしはヘルメットをかぶって工事現場の中を歩いていました。

フロアには青いビニールシートが張られ、家具類もまだ搬入されていない状態。
それでも、窓の外に広がる今まで見たことのない東京湾の眺望に、
大きな期待と高揚感をおぼえたことを今でも記憶をしています。


それが、コンラッド東京でした。
開業は2005年、7月1日。
その直前に、内部を見せてもらったのです。

ゲストルームはモックアップと呼ばれる見学用の客室を見せてもらったのですが、
そこに漂うモダンジャパニーズの粋は当時、どこにもなかったもの。
本当に新鮮で、
日本人として東京にこんなホテルが誕生することをとてもとてもうれしく思いました。

あれからもう5年、
この間に、東京のホテルのスタンダードは大きく変わりました。
その始まりともいえる、コンラッド東京。
久しぶりにゆっくりする時間をいただきました。


ジャパンビューティなる5年目のコンラッド東京_b0053082_1940477.jpg

ジャパンビューティなる5年目のコンラッド東京_b0053082_19403444.jpg

まずは、「水月(みずき)スパ」で新トリートメントメニューを体験。
イタリア生まれの人気スパプロダクト「コンフォートゾーン」に新しく登場したオーガニックライン「セイクリッド・ネイチャー」を使った新しいメニューの中から、90分の「セイクリッド・ネイチャー」をチョイス。

天然ホホバ粒子の入ったマイルドなゴマージュのスクラブで、
やさしく全身の汚れをポリッシュ。
そして、さらりとしたテクスチャーの自然成分100%のボディオイルでじっくりとマッサージ。
さらに、バストケア、フェイシャルも加わったパーフェクトな内容。
「セイクリッド・ネイチャー」の天然の保湿と栄養補給効果を実感する
アンチエイジング・トリートメントに仕上がっています。

的確にわたしのボディパーツの凝りをほぐし、
体を開いてリンパの流れを導きだすセラピスト嬢の技術力と共に、
オレンジウォーター、バタフライブッシュ、シアバターといった
オーガニックな成分の甘くみずみずしい香りに包まれて心身ともにリラックス。
こういうきめ細かく、丁寧なトリートメントは日本のスパ&セラピストならでは。
安心感とここちよさに満足度も高まります。

この「セイクリッド・ネイチャー」、
国際有機認定機関「エコサート」に認定されたエココスメで、
フェアトレード認証を受けた原料を使用するほか、
中米コスタリカの熱帯雨林の植林活動に売り上げの一部を寄付するなど
サスティナブルなプロジェクトに貢献。
肌が表面上かかえる問題だけではなく、
五感にアプローチして美と健康をトータルにサポートする、という
コンフォートゾーンの企業哲学を受け継いでいます。

ジャパンビューティなる5年目のコンラッド東京_b0053082_19424430.jpg

夕方にスタートしたトリートメントが終わった頃は、
汐留のビル群の明かりまたたくトワイライトタイム。
スパラウンジで温かいリフレッシュメントをいただきながら、
しばしまどろむ幸せ。


そして、軽くシャワーを浴びたら、もうひとつの至福のお楽しみ。

ディナーが待っています。
by naoko_terada | 2010-04-28 19:35 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」


ここを見つけたのは、実はシャングリ・ラ 東京に泊まっていたとき。
窓の外を眺めていると、眼下に「ホテル」の文字。

「あんなところにあったかしら」

そう思って、その後、ちょっと検索したら、ありました。
ホント、今は便利ですね。

それが、このホテル龍名館東京
名前がクラシックなのは、神田駿河台に明治32年に創業した「旅館龍名館」の姉妹ホテルだから。
エントランスには旅館当時の古い看板が飾られています。

東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_23474699.jpg
東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_23475579.jpg

今回、滞在したのはスタンダード・シングル。
ホテルのサイトに、「ホテル龍名館東京へ初めてお越しいただく方は是非スタンダードシングルルームを」と書かれていたので素直に従ってのチョイス。
オンライン予約で、ウィークエンド料金9900円。なかなかリーズナブルです。

部屋は17.5㎡なので広々とはいきません。
でも、ジャパネスクを意識したとてもスタイリッシュな空間です。
ヘッドボード上の丸い窓がユニークです。

東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_2354010.jpg

ベッドの上には、ワッフル地のナイトウエア。
ちゃんとスリッパも備わるのは優秀ですね。

東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_23571125.jpg
東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_23572154.jpg

バスルームはユニットバス仕様。
歯ブラシ、ブラシ、コーム、コットン&綿棒セット、ヘアバンド、基礎化粧品セットなどアメニティは充実。
常備してあるコーヒー、緑茶を飲むためのお湯をわかすケトルもあります。

東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_01351.jpg

テーブルには無料のエビアンのボトル。
外国人の方のためでしょう。折り紙と、折り方の説明書が置かれています。
セイフティボックスがあるのも海外からの観光客にはありがたいですね。
インターネットはケーブル接続で、これも無料。

ミニバーではなく冷蔵庫のみだったり、クローゼットではなくハンガー掛けのみなど、ビジネスホテルライクな感じが残りますが、東京駅を目の前にするロケーションと、スタイリッシュな雰囲気はグッド。スタッフの対応も礼儀正しく、好感が持てました。
サイトを見ると和室もあるようで、これも海外からのゲストに好まれるはずです。

東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_061493.jpg
東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_062526.jpg

1月中だったからでしょう、チェックイン後に、「おみくじ付き開運の飴をお配りしています。よかったらいかがですか」とスタッフが差し出してくれる。
寅年生まれですから、いただきましょう。
まあ、「凶」を入れることはないだろう、と思いつつ、開けたら「吉」。

「願望 叶う」
「縁談 良縁あり」
「待人 連絡あり」
「商売 努力にて展開あり」
「金運 苦しみのきざし 注意」
「方角 北西と東が吉」

金運のところだけ、ひっかかりますが、まあ、いいや。
どうにかなるでしょう。

東京駅が目の前、クールジャパンな「ホテル龍名館」_b0053082_01316.jpg

窓の外は、シャングリ・ラ 東京ビュー。
高いビルの先に、東京タワーがちょっとだけ顔をのぞかせてくれている。

最高級のホテルから、お手頃なビジネスホテルやアパートメント、ジャパニーズインまで。
東京のお宿は、本当に多様性に満ち、魅力にあふれています。


今度、東京に遊びにくる外国人の友だちに教えてあげよう。
このクールジャパンなホテルを。
by naoko_terada | 2010-01-22 00:20 | 日本 | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム