ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:日本 ( 33 ) タグの人気記事
ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!
ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_1137138.jpg

世界基準で、有名なガイドブック「ロンリープラネット」。
そのロンリープラネットが旅雑誌も発行しているのは意外に知られていないかもしれません。

今年から韓国版もスタート。
で、現在、発売中の最新号で、我が愛する伊豆大島と星のや軽井沢が12pにわたり、紹介されています。
i-pad用にダウンロードもできますので、ハングルがわかる方はぜひ、ご購入してください。


さて、なぜ、この二ヵ所なのか。

それは、私が仕込んだから(笑)。


きっかけは、私が編集長とFB(フェイスブック)でつながっていたこと。
彼とは英国のプレスツアーで知り合い、面識がありました。

震災後、海外から日本を訪れる観光客が激減していた7月、
彼にダイレクトメッセージで、日本取材をしませんか、と打診。
ちょうど、その頃から伊豆大島の観光応援の手伝いをはじめたこともあり、アウトドアアドベンチャー好きな韓国マーケット、ロンリープラネットに訴求すると思ったからです。


結果、編集長側も日本記事掲載を考えていたというタイミングもあり、
スムースに取材決定。
それが、8月の上旬でした。


その後は、日本サイドの受け入れ側として宿、足をご負担いただくことになった、
東海汽船への取材のサポートの概要説明と、取材チームの撮影内容とスケジュール作成。
媒体としての価値をわかってもらうための広告換算から、どの程度の露出効果があるのかを日本側にお伝えしつつ、英語でスケジュール調整を韓国側とやりとり。
東海汽船のアウトドア&虫キング、Yさんには取材中の案内も含め、
大変、お世話になりました。


途中から、もう少し記事の内容をふくらませてもいいのかも、とジャーナリスト的視点から感じ、急きょ、星野リゾートに取材の打診を。
海外マーケットに関心のある星野リゾートの動きは迅速でした。
協力を快諾していただき、星のや軽井沢取材に決定、瞬時に海外担当者をたてて動き出します。


取材チームは女性編集者のピョンさんとカメラマンのチュンさん。
羽田に彼らが到着した際は、
私が名前の入ったボードを持って、お出迎え(笑)。
かつて、シドニーで現地ガイドをしていた頃を思い出しました。

滞在は伊豆大島2泊、軽井沢1泊の強行スケジュール!
自分的には完璧な取材日程を組んだつもりですが、天気が悪ければアウト。
しかも、前日まで東京は台風。。。。

ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_12275991.jpg

ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_12282556.jpg

韓国チームが晴れオンナ&晴れオトコだったのでしょう。
翌日、台風一過のすばらしい快晴の中、
三原山トレッキング、星空観賞など伊豆大島の大自然と、
イセエビ丼、明日葉など食文化に親しみ、島の人たちとの交流も深めてもらうなど、
とても充実した取材に。

ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_12284621.jpg

あ、くさやにも挑戦。
島で食べるくさやは新鮮なので、臭みというよりも風味といった感じでかなり美味。
韓国取材チームも「おいしい!」と言って、味わっていました。


このあたりの様子は、今回、お世話になったグローバルネイチャークラブのベテラン・エコガイド西谷さんのブログ日記をご参照ください。

↑こちらのツアー、かなり本格的なエコ体験型で、知る人ぞ知る穴場スポットに連れていってくれるので、自然好き、虫・動植物好きにはお薦めです。



ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_12291237.jpg

その後、取材チームと私だけ伊豆大島から軽井沢へ。

ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_12294021.jpg

ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_12305052.jpg

ロンリープラネットマガジン韓国版で、伊豆大島と星のや軽井沢をフィーチャー!_b0053082_1231769.jpg

前日まで、三原山、富士山などを眺めていた我々は、ぐっと気温も下がった初秋の軽井沢へ。
目の前には、これもまた雄大な浅間山。
「前日まで数週間、まったくの曇りだったのに、今日は久しぶりの浅間の姿です!」
そんな嬉しい言葉をいただきながら、
星のや軽井沢のお宿の施設取材、ムササビウォッチング、マウンテンバイク&たき火カフェなど、秋の軽井沢らしい体験を。
ミニダッチオーブンで作ってもらった焼きリンゴの美味しいこと!
夜には秋ならでは、きのこ通の料理長渾身のきのこ料理の数々も堪能。


翌日も快晴の軽井沢で、残りのスケジュールをこなし、ミッションコンプリート!
伊豆大島と軽井沢という、東京からわずかの距離なれど、豊かな大自然の島と山、
ふたつの表情の日本を満喫していただき、帰国の途へ。
ほんの数日間の同行でしたが、
帰る際には、友人としての親密感が高まるのは、同じ体験を共有しているからこそでしょう。



そんなみなさんのご協力をいただきながらの取材の成果が、記事に。
韓国語なので、まだ内容がわからないのですが、
美しく、ドラマチックな写真が伊豆大島と軽井沢の魅力を際だたせています。


今回の取材の仕込みに関して、
私は一切、金銭的な報酬は得ていません。
自発的に、自分ではじめて、自分で動いただけです。

以前から、日本の魅力を海外のメディアに、メディア的視点から伝えたい、つなぎたいと思ってきました。
特に震災後は、海外マーケットを取り戻すことは日本の観光業の大きな課題です。
今回のプロジェクトもそんな私の考えを形にしたもの。
そして、わたしがお金を受け取る立場になってしまうと、思いがまわりに伝わりにくい、と感じるのです。

もちろん、自分の仕事もあるので、それと並行して今回のプロジェクトを遂行するのは、
正直、かなり大変でした。

でも、メディアの人間として、
また、海外とつながりのあるジャーナリストとしてできることを行うのは、ミッションでもあります。

「できることをやる」

というのはわたしの場合、こういうことなのです。



本来、海外メディアの取材のサポートは観光庁などが行います。
でも、観光に従事する現場の人間たちが、もっとメディアでの発信の重要性と拡散性を理解し、自分たちで動くことが大事だと実感しています。

要はメディアをうまく活用したところが露出が高まり、売れる、ということ。

それは、お金をかけるという意味ではありません。

自分たちが提供できるものを集めて形にしていけばいいのです。
今回は東海汽船がフェリー、所有する大島温泉ホテルの宿と食事を提供。
星のや軽井沢も、宿泊、アクティビティ、食事などをサポート。

わたしは橋渡し役としてのメディアのスキルを提供。

そこから始めればいいのです。


もちろん、行政からのサポートもときには必要です。

ただ、すべておまかせになってしまうと、
メディアがどういうことを求めているのか、どれだけ自分たちがやったことにヴァリューがあるのか。
それが実感できないことになる。
だから、自力でできるところまでをやり、無理な部分は行政がサポートする。

そんなフレキシブルさが今後は、生まれるといいなぁ、と思っています。



長くなりました。

今後も同じように、対海外メディアのみなさんに、日本の新しい情報、切り口の取材の提案を勝手にしていきます(笑)。

そして、雑誌で掲載されたあとは、現場のみなさんのがんばりへとバトンタッチです。
実際、記事を見て、伊豆大島や軽井沢を訪問する外国人旅行者のみなさんに、感動を与え、思い出に残る旅を楽しんでもらうためには現場でのもてなし、対応が不可欠です。



日本の観光の未来を変えるのは、すべてわたしたちなのですから。
by naoko_terada | 2011-10-08 13:11 | 日本 | Trackback | Comments(2)
にほんのろうそくプロジェクト

にほんのろうそくプロジェクト_b0053082_14464532.jpg


にほんのあかりを灯そう。

4月11日から、静かに続いているプロジェクトです。


始めたのは、私が心から尊敬し、大好きな友人。
実に、彼女らしい企画です。



以下が、そのメッセージ。



1本は、空の上の仲間たちのために。

1本は、私たちがつくる未来のために。




9月11日は
にほんのあかりを灯そう。

あの日まで、そしてあの日から。
3月11日に失ったものがあります。得たものがあります。
大きなあかりの代償と、小さなあかりの幸福感と。
それぞれに想いをはせながら、2つのあかりを灯しましょう。
これからの暮らし方を、静かに考える夜に。
日本と世界の未来を、確かに変える夜に。

毎月11日を、そんな記念日にしていきましょう。



***


「にほんのろうそくプロジェクト」は、本当に “ 提案だけ ” のプロジェクトです。
2011年3月11日に起きたことを、きちんと記憶にとどめて、これから暮らすために
毎月、毎月、確認していきたい。そんな思いだけの、提案です。

月命日(つきめいにち)という概念があります。
4月も5月も、10月も12月も、11日はこの震災でなくなった方たちの月命日。
そう思ったら、11という数字が2本のろうそくに見えてきました。
天国が安らかな場所であるように、まずはその想いをこめます。

そしてもうひとつの意味。それは、わたしたち自身に課せられた課題です。




2 本 の ろ う そ く

に ほ ん の あ か り


日本にこれから必要なあかり、それは勇気かもしれないし、友情かもしれない。
電気なのかもしれないし、太陽かもしれないし、星のあかりかもしれない。

この日は、わたしたちがこれから、どう暮らしていくのか。
その答えを探す日でもあります。
忘れずに、毎月、毎月、考えるのが、わたしたちの役目だと思うのです。

仲間とキャンドルナイトにするも、よし。
ひとりでたき火をするも、よし。
家でごはんを食べながら、電灯の下で考えるのも、またよし。
大切なのは、ろうそくを灯すことではなく、「忘れずに考え続けること」でいきましょう。
それなら無理せず、どんな状況でも、誰でも、できるもの。


そのための“提案”。
毎月、11日にむけて、発信し続けてみます。
よい “ 提案 ” があったら、よい “ 11 ” があったら、ぜひ教えてください。


ここにアップした、ロゴも自由にアレンジして、遊んで、使いまわしてください。
そうしてどんどんいろんな形になって広まって、いつか提案など必要なくなって
みんなが考えるようになったら、確実に世界は、変わるような気がします。


にほんのろうそくプロジェクト

by naoko_terada | 2011-09-11 14:57 | 日本 | Trackback | Comments(0)
伊豆大島が舞台。新ブログ「東京アイランダー気分で」スタート!


そろっと、新ブログが始まりました。

タイトルは「東京アイランダー気分で」


舞台は伊豆大島です。
第一回目でも書いていますが、縁があって伊豆大島の魅力を、
熱いココロを持った人たちと一緒に仕掛けていくことになりました。


そのひとつが、このブログ。

ほかにもいろんなおもしろいプロジェクトがゆるっと、進行中です。



あふれるアイデアと、フットワークの良さ。
そして、時空間をとびこえるソーシャルネットワークでのつながり。
お金がない分、そんなところでがんばってます。


意外に知られていない伊豆大島のあんなこと、こんなことを、
旅する目線で語っていければな、と思っています。


ということで、
ハッピー・トラベルデイズ同様、
こちらもどうぞよろしくお願いします!
by naoko_terada | 2011-09-04 01:55 | 伊豆大島 | Trackback | Comments(0)
思いたっての夏休み。ずっと行きたかったあの場所へ。



思いたっての夏休み。ずっと行きたかったあの場所へ。_b0053082_192378.jpg

ずうっと走り続けているような感覚で日々、こなしていましたが、
ここにきて、ちょっと息切れ。

とりあえずやるべきことを終えて、急きょ、夏休みをとることに。
なんとか捻出して、3日間。

それが、先週のこと。


どこに行こうか、と思ってもなんといってもお盆の超ど級のピーク時。
涼しいところがいいと思い、北海道なんてエアを検索しても無理。
好みのホテルも空き室なし(涙)。

といって、海外にまで行く気分でもない。

で、飛行機じゃなくて新幹線を調べたら、意外に空席が。
今年はずらして遊びに行かれる人も多かったのでしょうか。
(それにしても、JRの空席案内はなんで24時間対応しないのでしょう)。



そこで、ふと思ったのが上の写真の場所。
金のシャチホコが雄々しい。

もう、おわかりですよね。


でも、目的はこのお城ではなく、こちら。

思いたっての夏休み。ずっと行きたかったあの場所へ。_b0053082_19152871.jpg

一度、この目で見たいとずっと願っていたもの。

フランク・ロイド・ライトの傑作。
大正12年(1923)に誕生した、旧帝国ホテル。


場所は、そう、明治村です。
by naoko_terada | 2011-08-22 19:23 | 日本 | Trackback | Comments(0)
UOMOで、青森応援! そして、今号は山口県まつり!
UOMOで、青森応援! そして、今号は山口県まつり!_b0053082_1452795.jpg

先月号の仙台に続き、
東北応援の第二弾として青森を連載中のUOMO「わがままコンシェルジュ」にてご紹介。

一部の沿岸部をのぞき、
地震による直接的な被害が少なかった青森県も、
観光の風評被害で大きなダメージをこうむった場所のひとつ。

わたしたちが訪問した6月末は、
JRによる「青森県デスティネーション・キャンペーン」中で、
新青森まで再開を果たした東北新幹線を利用した観光客の方々の姿も。
とはいえ、場所によっては戻りが遅れているところも少なくありません。


震災後、風評被害というものは避けて通れないものだと思っています。
一定の期間はじっと耐えるしかないものです。

それでも、少しずつ観光客は戻ってきます。
旅館、ホテルや地元の観光施設は、
そのタイミングを見据えて、少し先を考えることが必要です。


また、旅するわたしたちも、いつが旅行にはベストのタイミングなのか。
それを知りたいと思っています。
まだ、行くのは早いのか。
行くとしたら、どうやって行くのか。
新幹線は、道路は問題ないのだろうか。。。

などなど。


UOMOの連載では、実際にわたしたち取材チームが現地を訪れ、
実感した経験からアップデートした情報を掲載しています。


さらに、今号は、観光審議委員として観光促進のお手伝いをさせていただいている山口県の個性あるプロダクト、リゾートなどが偶然にも一挙大集合!

UOMOで、青森応援! そして、今号は山口県まつり!_b0053082_15402437.jpg


スーパークールな姿と、華やかで透明感あるフレーバーさが際立つ、日本酒 ohmineや、
瀬戸内海、1日1組だけのハイダウェイ、小屋場 只只
連載の「エグゼクティブの愛用品」には、究極の旅アイテム、GENELEC TANAKA modelが登場。


今月のUOMO、情報満載です♪
by naoko_terada | 2011-07-27 13:57 | 東北応援! | Trackback | Comments(0)
これもありました。ELLE 8月号 「日本の楽園リゾート」


これもありました。ELLE 8月号 「日本の楽園リゾート」_b0053082_12342716.jpg

もうひとつ、お手伝いしていました旅特集。

エル8月号の巻末、「日本の楽園リゾート」です。

トップのすばらしいヌケ感あるシービューは、まるでイタリアのようでもあります。
でも、実はこれが国内。
既存のホテルなども、最近、リニューアルが施され、
華やかでスタイリッシュな表情を見せてくれて、驚かされます。

老舗のホテルやリゾートは、その土地の一番すばらしい空間に建てられたことが多く、ロケーションがすばらしいところが多いもの。
そこにデザイン性や最新性が加われば、最強です。

ほかに、関東きってのパワースポットの宿坊などもレコメンドしています。


海外もいいですが、国内も幸せすぎるほどステキですよ。
by naoko_terada | 2011-07-15 12:43 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)
OPENERS  あたらしい東京へのロードマップ


ビジョンを持った媒体との仕事は、相互のモチベーション、パフォーマンスが迅速に行動、公開となる場合が多く、常に刺激と喜びに満ちます。

オウプナーズも、そんなメディアのひとつ。


ファッション、料飲、ホスピタリティ産業などが経済をまわしつつ、日本の中心となる東京の新しい未来への形をどう創造できるか。そんな視点のプロジェクトをスタート。


それが、Guide to Tokyo in New Perspective あたらしい東京へのロードマップ


わたしも、ホテル編としてザ・ペニンシュラ東京、ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ、ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパと、それぞれ異なるブランドを取材、執筆させていただきました。


スタート前にY編集長と打ち合わせした際、このプロジェクトを長期に、多岐にわたり続けていくお話をうかがいました。今回はホテルに絞りましたが、わたしも、今回限りとは思わず、さらに多くのホテリエ、旅館の女将やオーナーなど、観光産業にたずさわるみなさんとお会いし、形になる行動をしていきたいと思っています。



ビジョンを持つのはメディアだけではありません、
ホテルや宿など、ホスピタリティ産業こそ、その大きな存在です。
by naoko_terada | 2011-05-22 14:28 | 日本 | Trackback | Comments(0)
Let's Go Japan!

Let\'s Go Japan!_b0053082_16475359.jpg

たいへん、ご無沙汰してしまいました。

約2週間ほど、オーストラリア取材、それも都会ではない大自然エリアだったこと。
さらに、すでにツイッタ―、facebookではつぶやいていますが、愛用のパソコンが壊れてしまい、メールチェックもおぼつかない状態でした。


ということで、しばらくぶりに記事をアップ。


Let's Go Japanという英語圏の方への日本の観光復興メッセージをお届けするサイトが、誕生。その中で、コメントをさせていただいています。

それがこちら


このサイトは、マーケティングガーデンというラグジュアリーホテル、各国観光局、エアラインなどのPRを行う「観光」に精通したPR会社が立ち上げたプロジェクトの一環。グローバルなマインドを持つバイリンガルのスタッフを抱えた企業だからこその行動力で、制作されました。



日本の観光を売るためには、私たちが積極的に海外の方へ想いを発信しなければならないこと、そして、それが思っている以上に効果を与えるということを仕事を通じて実感しています。わたしのほかにも観光業界の中心となっていらっしゃる方々のコメントも掲載されています。ぜひ、外国のお友達がいらっしゃいましたら、教えてあげてください。

ロゴも、日本をイメージ。


Let's Go Japan、よろしくです。
by naoko_terada | 2011-05-20 16:47 | 日本 | Trackback | Comments(4)
米国ラグジュアリーマガジン Robb Reportでセント・レジス大阪


米国ラグジュアリーマガジン Robb Reportでセント・レジス大阪_b0053082_051418.jpg

アメリカの富裕層向け雑誌、Robb Report(ロブ・レポート)にて、セント・レジス大阪のオープニング記事を書かせていただきました。

わずか200文字程度とはいえ、英語での執筆。
友人のオージーに最終スペル&文章チェックをしてもらいましたが、
英語での表現は日本語とは異なる難しさがあります。
いい勉強になりました。

それにしても、このRobb Report、本物の富裕層雑誌ですね。
今回はクリスマス前の特別号ですが、どのページをめくってもスーパーラグジュアリーな車、豪邸、メガヨット、ハイジュエリーなどがまばゆいばかりに並んでいます。
ゴルフやシガー、スーツ、時計など男性好みのページが多いので、読者層はハイエンドの男性のよう。

セントレジス大阪は美しきバーの写真がメインに。
外国の雑誌特有のアンダーな色調が、異国情緒を際立たせています。


機会があれば、ぜひ、ご覧くださいませ。
by naoko_terada | 2010-12-08 01:07 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
婦人画報 「今、泊まりたい宿 105選」


婦人画報 「今、泊まりたい宿 105選」_b0053082_1464778.jpg

今年、創刊105年という日本の婦人雑誌の先駆けであり、
日本の「美」を伝え続けてきた「婦人画報」

今月号は、その105年にちなんで「今、泊まりたい宿 105選」が巻頭特集です。
わたしもちょろりと選者として「今すぐ行きたい宿」でお宿をレコメンド。


それにしても、日本には惚れぼれとする宿が数多くあります。
老舗もあれば、誕生したばかりの最新のお宿も。
ホテルとは異なるしっとりと艶めく空間は、日本の美学の集大成。



春がゆきて、新緑の季節。


旅へと心が躍ります。
by naoko_terada | 2010-05-01 14:17 | 掲載メディア | Trackback | Comments(2)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム