ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:旅 ( 7 ) タグの人気記事
自遊人(じゆうじん) 2018年 2月号「これからのリゾート。」
自遊人(じゆうじん) 2018年 2月号「これからのリゾート。」_b0053082_12253304.jpg
新潟県南魚沼に拠点を置き、日本各地のサスティナブルな人、モノ、プロジェクトなどを丁寧かつユニークな視点で発信する雑誌「自由人」。最新号のテーマは「これからのリゾート。」
その土地に愛情を持つ個人オーナーから外資のアプローチまで、日本各地に世界を魅了する大小個性のあるリゾートが少しずつ増えてきています。今、日本のリゾートはどうなっているのか。どこへ向かうのか。編集長であり、今や話題の古民家宿里山十帖のオーナーでもある岩佐十良さんと対談をさせていただきました。

対談にあたり、あらためて「リゾートとは何だろう?」ということを考えてみました。
アジアンリゾート以前、アジアに観光で行くことはまだまだ一般的ではありませんでした。ハワイ、グアム、サイパン、ゴールドコーストなどのビーチが主流。日本だけではなく世界の社会状況などと共にリゾート文化は成熟してきたのだと思っています。
リゾートの変遷をおさらいするにはちょうどいいと思います。

また、話題の豪華クルーズ瀬戸内海の「ガンツウ」や、「ベラビスタ」「坐忘林」などリゾート通に評価の高い宿などもかなり詳細に紹介されています。
今年行くための保存版としてぜひ、一冊。お手にとってみてください。



by naoko_terada | 2018-01-09 08:00 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
「本物を楽しむ大人のWEBマガジン」GENUINで連載がスタート。第一回目はリスペクトをこめてアマン東京

「本物を楽しむ大人のWEBマガジン」GENUINで連載がスタート。第一回目はリスペクトをこめてアマン東京_b0053082_21255522.jpg


ご無沙汰してます。
ばたばたでブログ更新してませんでした。。

今回はさらりとご紹介です。
新しいWEBマガジンでの連載がはじまりました。
それが、GENUIN

これから旅のトレンドを感じさせるデスティネーションをピックアップ。宿やホテル、ロケーションなどわたしに響いてきた事象をとりあげていく予定です。
わたしのコラムのほかにも車、世界遺産、エアライン、教育、資産運用など多様性のあるトピック&コラムなどが登場、楽しめる内容になっています。


ということで、よろしくどうぞ!
あ、このコラムもがんばって更新しますねー。





ご無沙汰してます。
ばたばたでブログ更新してませんでした。。

今回はさらりとご紹介です。
新しいWEBマガジンでの連載がはじまりました。
それが、GENUIN

これから旅のトレンドを感じさせるデスティネーションをピックアップ。宿やホテル、ロケーションなどわたしに響いてきた事象をとりあげていく予定です。
わたしのコラムのほかにも車、世界遺産、エアライン、教育、資産運用など多様性のあるトピック&コラムなどが登場、楽しめる内容になっています。


ということで、よろしくどうぞ!
あ、このコラムもがんばって更新しますねー。
by naoko_terada | 2015-07-11 21:20 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
J-WAVE VINTAGE GARAGE 出演のおしらせ


J-WAVE VINTAGE GARAGE 出演のおしらせ_b0053082_1371551.png

エイティーワンポイントスリー、ジェ~イウェ~イブ♪

で、おなじみ。
J-WAVE。
5月4日(日)18:00~18:54のプログラム、VINTAGE GARAGEにゲストとして出演させていただきます。
ホストはご存知、ロバート・ハリスさん。

すでに収録済みなのですが、とーってもゴージャスなストレッチリムジンに乗せていただきました。

そして、わたしが選んだ好きな場所は都内の某所。
おいしいコーヒーと共に、旅人憧れの「モノ」がズラリと並ぶ、とっておきの場所を選んでいます。

わたしは残念ながら聴けませんが、
GWの後半、ご都合よければぜひ、お聴き下さい。
by naoko_terada | 2014-04-30 01:45 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
緊急告知! 山口・ベルフルールでトークイベント ―旅は美味しい―
緊急告知! 山口・ベルフルールでトークイベント ―旅は美味しい―_b0053082_2004978.jpg

公私共に、仲良くさせていただいている、
山口県のライフさんが運営する、北欧雑貨の店ベルフルールにて、トークイベントが行われます。

光栄にも、その第一回目のゲストとして参加させていただきます。

旅をイメージしたお料理を作ってくださるのは、塩山舞さん。

みなさんとの参加型の楽しい時間にしたいと思っています。
山口のお近くのみなさん、お時間あればぜひ、お越しください。


<実りの秋 ベルフルール企画  ―旅は美味しいー>

日時 9月15日(土)18:30〜

場所 ベルフルール

会費 2,000円(ドリンクは別途500円)

参加ご希望の方は、電話にてお申込下さい。(083−972−4556)



ところで、ライフ代表の藤井一郎氏は、実はとってもすごい人。
バング&オルフセンを日本に持ち込んだ人であり、平成23年度 経済産業省 ものづくり日本大賞「優秀賞」を受賞した、空気を清浄する香炉、リュースを開発。

山口デンマーク協会代表でもあり、とにかくアイデアと情熱の人。

でも、決してビジネスマターで動いている人ではありません。
リュースの原点である、白金を使った商品を自分でひとつ、ひとつ手で作っては店に並べるような、実直さのかたまり。お金よりも、モノを作り、ヒトをつなげることだけに情熱を注いでいます。
ステイタスや、年齢などで人を比べることもなく、とにかく誰にでもオープンで、フェアな視点を持っている。
私が惚れ込んだのもそこ。

そして、そんな一郎氏を支えるのが家族。
仲良しで、お人好しで、心根よし。
気持ちのいい愛すべき、友人一家です。


周辺にお住まいの山口のみなさんも、ベルフルールにはまだ来られたことのない方もいらっしゃるでしょう。
今回は店舗まるごと開放らしいので、ぜひ、遊びに来ていただければ嬉しいです。

最後に、今回のイベントの発起人でもある、末廣亮平氏のコメントをご紹介します。
末廣氏は、山口宇部出身。イケア神戸とアクタス神戸の代表をされていた方で、現在、ライフ顧問に就任されていらっしゃいます。

では、ベルフルールでお会いしましょう!


三十数年前、
当時では考えられない法外な値段と突き抜けたデザインのデンマークのオーデイオ B&O(バング&オルフセン)を持って東京に居た僕のところに藤井一郎はやって来ました。

彼のデンマーク人生はそこから始まり、デンマークハウスを輸入販売し、デンマーク協会を作り、デンマークの家具、雑貨を扱い、極めつけは長男を12歳でデンマークへやってしまうのです。
その彼が持てる力を結集して建てたのがベルフルールです。
山口の田舎の山の中に確固たる主張を持って存在し、見る人を引き入れ心地良い空間の正しき形を感じさせてくれるのです。

ここにはその居心地良さに引かれて、多くの才能豊かな人達が集まります。
そのタレント豊かな人達がこの空間を生かそうと、僕の念願でもあった年間を通したイベント企画に力を貸してくださることになったのです。
記念すべき第1回目は、世界を知りつくし、まさに世界で活躍されるトラベルジャーナリスト寺田直子さんの楽しいお話とその中に登場する国の数々の料理を独自のレシピで作り、時には海外の顧客のところまで出向いて料理されるシェフ、塩山舞さんのコラボが実現することになりました。

友人、藤井一郎の作り出した空間の隅々をいつもとは少し違った角度から見て頂けると思うと僕自信ワクワクしています。
一人でも多くの方に興味を持ってお越し頂けたらの思いでお知らせ致します。

                                                          末廣亮平

by naoko_terada | 2012-08-28 20:44 | トラベル | Trackback | Comments(0)
皆生温泉・東光園、超ど級の夕食


皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_223316.jpg

お料理に力を入れている、とうかがっていた東光園での夕食。
個室風のダイニングで、暮れかけた海を眺めながらいただきます。

献立がテーブルにあり、手にとって眺めてのけぞりそうになる。
すごいボリューム。。。。

まず、先付で登場したのが、いきなり鮑(アワビ)。
姿蒸しの冷製です。
小ぶりですが、柔らかく蒸されていて美味しい。


その後、先八寸

・菜の花のピーナツ味噌
・苺の白和え
・切り昆布と奈良漬けのべっこう煮
・鱒の南蛮漬け
・里芋のけしの実揚げ
・いかの菜種焼き
・かぶのすり流し
・人参の葛寄せ

彩り鮮やかに小さな器に盛られて目にも美味しい。
あ、これは写真なし。
食べちゃいました(笑)

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_224938.jpg

本日のお造りは、こちらも豪華にアワビです!
こちらは刺身ならではのコリリとした歯ごたえが身上。
かみしめると甘味が広がります。

贅沢です。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_225720.jpg

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_231843.jpg

お次のお肉、これ、実はお椀のかわり。
東光園名物、大山黒牛ロースの滋味スープです。

大山黒牛(だいせんくろうし)は、皆生温泉からもほど近い、名山、大山(だいせん)と日本海に囲まれた大山町で飼育されている肉牛とのこと。太陽をたっぷりと受けた地元産のわらと、安全性の高い濃厚飼料で育てられ、赤身と霜降りのバランスがとても良いとされています。
それを、牛すじ肉などから丁寧にとった「山のスープ」と、たっぷりの昆布と鰹節からとった「海のスープ」を、絶妙のバランスで配合したオリジナルのスープでしゃぶしゃぶ風に。

適度なさしの入ったお肉は、水菜と一緒にいただくと後味もさっぱり。
もちろん、スープには肉の旨みがぎゅっと濃縮されて溶け込んでいるので、これも風味豊か。
半分ほどいただいた後は、京都・原了郭の黒七味をさっと振り、
より深みある味に仕立てて飲みほします。


ふぅ~。
ここまでで、かなりのボリューム。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_233219.jpg

でも、まだまだまだ続きます。
許してくれませんから。


「本日の焼き物です。のどぐろの塩焼きです」

一流料亭に登場する高級魚です。

境港は、のどぐろはもちろん、松葉ガニ、ベニズワイガニ、天然クロマグロなど、
高級鮮魚、海産物が水揚げされる良港ですが、その恩恵をたっぷりと堪能してもらいたい。その思いから料理長、総支配人みずから新鮮な食材を求めて、生産者、業者を見つけてきたそうです。いいものが入らなかったら、釣りざおを抱えて浜へ行くこともあるとか(笑)。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_234266.jpg

お料理に合うお酒を、と所望したら、
スタッフの方が選んでくれたのがこちら。
気持ちよく冷えたところに、木の桶の香りがほのかに移り、さわやかです。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_235242.jpg

おしのぎ、として出てきたのは大山黒牛のにぎり。
一貫がそれなりに大きいので、食べごたえあり。
さっとあぶった肉の旨みが、ご飯にあいます。

美味しい。。。

その後、揚げ物として、白いかのおかき揚げ 青紫蘇とミョウガのサラダが。
白いかも高級な食材ですよね。
こちらもさりげなく登場しますが、贅沢です。
あ、これも食べてしまいました。
すみません。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_24298.jpg

で、次に出てきたのがこちら。

「?」

熱々の瀬戸の鍋の中に砂です。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_241526.jpg

スタッフが熱い砂をかき分けて中身を取り出してくれます。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_245287.jpg

フォイル、紙にくるまれた中身を丁寧に。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_25243.jpg
皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_251356.jpg

出ましたぁ~。

東光園別製 鮑と茸の砂丘蒸しです。

また、アワビ?などと思わないように。
こちらは、洋風のさっぱりとしたソースをからめて蒸されているので、今までの料理の流れから、コースの印象を変調させてくれて、おもしろい。
でも、蒸すとどうしてこんなに柔らかくなるのでしょうね。

皆生温泉・東光園、超ど級の夕食_b0053082_252757.jpg

南高梅のシャーベットがお口直しに登場して、
いよいよフィナーレです。

大山黒牛フィレ肉の炭火焼き、奥大山産こしひかりのご飯、香のもの、赤だし。
とどめは、わかりますか?
真ん中で隠れている大山黒牛のひとくちビーフシチューです。

香ばしい肉がジューシーに焼ける匂いと、
炊きたてのこしひかりで、
お腹いっぱいなのに、どうしても食べてしまう。
やっぱり、ご飯好きです。
しみじみ、美味しい。
ふふ。
幸せで、笑っちゃいます。


最後、本日のデザートが出ましたが、食べたのかどうかさえ記憶にありません(笑)。



それにしても、本当にたっぷりの量です。
今回は特別なメニューもあったのかもしれませんが、お客様にお腹いっぱいで満足してもらいたいと、あえてこれだけの内容、ボリュームにされているそうです。

11月から3月までは、境港が水揚げ日本一となる松葉ガニが旬。
今から楽しみにされる方もいらっしゃることでしょう。


たっぷり海の幸、山の恵みを味わい、温泉に浸かってワイワイ楽しむ。
これぞ、日本人の楽しみかたですね。



ごちそうさまでした。

うぅ、苦しい。。。。
by naoko_terada | 2010-10-06 03:20 | 日本 | Trackback | Comments(6)
J-WAVE Sunday Library 2週目オンエアです


J-WAVE  Sunday Library 2週目オンエアです_b0053082_1975299.jpg

先週に引き続き、
明日、朝5:00からのJ-WAVE、Sunday Libraryにゲスト出演いたします。

前回、お話できなかったホテルのこと、
旅する理由などをお話させていただいています。
個人的には、会話の間で流れる「旅」を切り口にした選曲がわたし好みでお気に入り。


ご自宅で、あるいは、海辺や山間のどこかで。
お聴きいただければ、嬉しいです。



わたしはその頃、空港へと向かっている途中。

新しい出会いを期待しましょう。
by naoko_terada | 2010-07-17 19:13 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
プレシャス 「女は旅できれいになる!」


プレシャス 「女は旅できれいになる!」_b0053082_2237657.jpg

オークル系の肌がサマーバカンス気分な、小雪さんの表紙が目印。
プレシャス8月号の特集は、「女は旅できれいになる!」。
わたしもほんのちょっと、コメントしています。

旅で女性は美しくなるか。
そう、思います。

非日常の旅空間は、刺激的で、ロマンチック!
旅先で、5人に1人が運命的な出会いをした、というアンケート結果もあるように、
旅は女性にとってとても大切な時間と体験をもたらします。


この夏、運命の出会いがあることを願い、
どこかへバカンスへ行ってみませんか?
by naoko_terada | 2010-07-07 22:36 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム