ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:小笠原 ( 3 ) タグの人気記事
日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編
日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_2381322.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23823100.jpg

パットインでの滞在は3泊。
毎朝食のみツアー料金に含まれるプランでした。
朝食は洋食と和食が日替わりで登場。ステキなお母さまと女性スタッフ中心のキッチン。家庭的な味でなごませてくれます。ボリュームもたっぷり。
あ、写真は二日分だけ。1回、寝坊したかったので前夜お伝えしてパスしたのでした。^^

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23132484.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23133347.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_2321853.jpg

ディナーは一度、体験。家族経営なので、夜の事前予約はマストです。
この晩はミートローフのクロケット、のようなメインディッシュ。カリッと揚げたてに濃い目のソースでとてもおいしくいただきました。ワインがすすみます。
お宿の雰囲気もトワイライトタイムになるとまた、いいのです。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23242124.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23243336.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_2341265.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23412221.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23414412.jpg

このときのツアーには特典として通常は有料オプションとなるアイランドヒストリーツアーとナイトツアーが含まれていました。ということで小笠原到着後、すぐにアイランドヒストリーツアーに出発。
なんといっても島の歴史上欠かせない人物の子孫のご一族ですから。くわしく教えてくれます。太平洋戦争後、アメリカ軍統治下時代にできた学校「ラドフォードスクール」跡地、東京都有形指定文化財となっている開拓碑、文久2年(1862)に筆塚として建てられた寺子屋教育が小笠原で行われたことを伝える「にほへ碑」など、父島に点在する史跡をめぐります。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23422064.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_2342596.jpg

個人的におもしろかったのはビジターセンター。昔の開拓資料や写真などがあり、興味深かったです。ライブラリーには返還前、直後の小笠原をルポしたグラビア雑誌が閲覧でき、これも貴重。時間をつくって再訪したほど。入館は無料。トイレがありエアコンが効いているので涼むにも最高。笑

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23481963.jpg

その後、人気の展望台ウェザーステーションに行く山道を車で。ここは大村市街を望む絶景ポイント。ボニンブルーと呼ばれる海の深い青さが感動的です。おがさわら丸が停泊しているのが見えます。

「これからおがまるが出航するので見送りに一緒に行きますか?」
案内してくれた瀬堀さんに聞かれて、みんな「行きます!」と即答。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23505682.jpg

港に着くとすでに船内には乗客のみなさん。
新しい「おがまる」の大きな特徴が所要時間が片道約1時間30分、短縮された点。それにより出発時間も変更されました。以前の船は父島出発が14:00。現在の新おがまるは15:30と島での滞在時間が長くなりました。ツアーを催行する側も出発までの半日を有効的に使ってもらえることになるので、わずか90分の時間差が大きな違いを生んでいます。また、竹芝桟橋の出発も10:00から11:00に変更。ラッシュアワー時を回避でき、遠方からのアクセスがラクになりました。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23582910.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23584393.jpg

島民みんなで見送るのが小笠原流。おまわりさんも一緒です。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_23593686.jpg

さらに岸壁を離れてから感動サプライズがあるのも小笠原ならでは。これを一度体験してしまうと、みんな小笠原愛が生まれます。ホント。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_041519.jpg

そして、もうひとつの特典、ナイトツアーは滞在2日目の夜。
満月に近い時期とはいえ、島の夜は濃密です。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_053345.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_055244.jpg

この日は幸運にも不定期に開催されるウミガメの放流会があるとのこと。主催するのはウミガメやクジラの保護・調査などを行うNPO団体小笠原海洋センター。指定された海岸に連れていってもらうと、すでに地元の子供たちが。青いバケツの中では子ガメがカサコソと動き回っています。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_0104588.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_01107.jpg

スタッフの許可をもらい、手にとってみる。生まれたての子ガメはお腹まわりがまだ柔らかいのでそこを避けて甲羅のはしをそっとつかみます。手のひらに乗る小さい彼らですが、ビックリするくらいの力強さで手足をバタつかせる。これで大海原に泳いで出るのですからね。写真撮影がおわったら、懐中電灯を消して(明るいと子ガメが方向を失ってしまうため)、海へと放ちます。

「元気で帰ってくるんだよ」。言葉もなく、心の中でそう願います。

さて。ナイトツアーは通常、グリーンペペと呼ばれる光るキノコを見にいくのが主な目的となります。あとはオガサワラに生息するオオコウモリ、ヤドカリ。さらに圧巻の星空など。残念ながらこの夜はグリーンペペを見ることはできませんでした。ずっと天気がよく、ちょっと湿った環境が好きなグリーンペペが出現しなかったのです。ガイドを務めた瀬堀さんが一生懸命、見つけてくれようとしましたがダメ。でも、夜中の島をめぐるだけでも都会から来た人間にはおもしろく。私としては十分、満足。
それに瀬堀さんがグリーンペペの代わりにあるモノも見せてくれましたし(これはナイショ)。
楽しいナイトツアーでした。

日本の遠くへ。小笠原紀行③ 快適おひとりさまステイ。PAT INN(パットイン) お食事&ツアー編_b0053082_022170.jpg

こんな、おひとりさまもウエルカムの快適なお宿、Pat Inn。心からくつろげました。
みなさん、お世話になりました。

また、遊びにいきますね!
by naoko_terada | 2016-10-17 05:00 | 日本 | Trackback | Comments(0)
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_17364826.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_17585461.jpg

小笠原への旅。
いつもどおり、ひとり旅でした。
今回は新造船「おがさわら丸(通称おがまる)」の就航記念のプランとして、「おひとりさま計画プラン」なるものがあり、そのお宿がPat Inn(パットイン)でした。※このプランはすでに終了しています。
サイトを見ると2015年にオープンしたばかり。写真を見ると雰囲気もかなりステキ。ということで即決。ここを見つけたことも小笠原行きを決めたポイントのひとつになりました。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18131892.jpg

2階建てのレセプション&レストランのある棟とゲスト棟がエル字型に並びます。芝生の庭とトロピカルなムードがハワイにでもいるような気分にさせてくれます。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18165291.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18171453.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18173091.jpg

こちらがレセプション。
小笠原の写真集、書籍、パンフレットが置かれています。その一角に古い写真が。Pat Innを経営する瀬堀ファミリーのご先祖こそ小笠原初期の外国人開拓者のひとり、ナサニエル・セボリー氏です。島の歴史の中で語るべき存在です。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18233398.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18234437.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18235695.jpg

ゲスト棟の1階には共有のコインランドリー、シャワー。長期滞在、海でたっぷり遊んだあとにうれしい施設です。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18305338.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_183174.jpg

わたしの部屋は2階。シングルルームです。
手前にクローゼットがわりのハンガーラック。小さ目の冷蔵庫、テレビ&デスク、窓際にはかわいいテーブル。シンプルですがセレクトされた備品、インテリアがとてもかわいい。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18353085.jpg

わたしの部屋からの眺めはこんな感じ。海が少し見えます。港まで歩いて5~7分といったところでしょう。ベランダも広め。水着もばっちり乾かせます。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18381244.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18382547.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18383849.jpg

女性としてうれしかったのはバスルーム。たっぷりの広さにしっかりバスタブも完備。天井には部屋ごとに異なる手造りランプ。オーナー一家ご友人のハンドメイドとのこと。バスタオル&アメニティも充実。夜、海で遊び疲れたあと、お風呂でゆっくりリラックスが何よりも贅沢でした。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18432033.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18434339.jpg

こちらはツインのお部屋。
このランプもステキ。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18441784.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18442680.jpg

畳敷きのファミリールームは3室。
ご家族でも、グループ利用もいいですね。

日本の遠くへ。小笠原紀行② 快適おひとりさまステイ。開拓末えい一家が運営するPAT INN(パットイン)_b0053082_18485435.jpg

チェックインすると、「長い船旅でお疲れでしょう。お水をお持ちしますね」と、冷えた一杯のお水を持ってきてくれました。テーブルには一輪のプルメリア。フレッシュさから朝、つみとったものでしょう。

温かい宿のもてなしに、快適な小笠原の旅になりそうな予感が芽生えたのでした。

※次回はお食事とゲストのためのアクティビティをご紹介します。
by naoko_terada | 2016-10-14 18:46 | トラベル | Trackback | Comments(0)
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0302570.jpg

今年の7月。小笠原に行ってきました。
ちょうど、19年ぶりに東京・竹芝桟橋~小笠原・父島の定期航路船おがさわら丸が2代目から3代目に交代。ピッカピカの真新しい新造船での船旅です。
3代目となる新おがさわら丸は2代目よりも大型になり、その分、客室&施設の快適性がアップ。さらに片道25時間半だった所要時間も24時間に短縮されました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0414868.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_042049.jpg

竹芝桟橋からの出発は11:00。
世界遺産に登録されている小笠原は生態系の保全が厳しい島です。乗船する前、みんな外来種を駆除する消毒マットの上を歩いて通ります。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0492950.jpg

出航までのしばしの時間、甲板などをうろうろ。
空港のない小笠原ではおがさわら丸は島の生活のためのライフライン。多くの荷物が積みこまれます。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_052254.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0521190.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0522195.jpg

まもなく出航、というときに何やら見慣れないゆるキャラ?が。
小笠原のキャラクター、おがじろうだそうです。苦笑

汽笛が大きく鳴り響き、ゆっくりと岸壁を離れるおがさわら丸。
関係者、見物のみなさんが手をふってくれます。24時間の船旅のはじまりです。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0552560.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0553523.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_0554416.jpg

東京湾をゆっくりと進みます。
レインボーブリッジをくぐれば、東京湾から浦賀水道へと進み、あとは一路、父島を目指して南下。その距離、およそ1000キロ。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_111621.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_113348.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_115335.jpg

ということでさっそく船内探検。
新造船だけあり、いやぁ、ホントどこもきれい。かつオシャレ。案内表示もていねいです。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_121541.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_122145.jpg

まずは客室。
今回、行きは2等寝台、帰りは特2等寝台を予約。
フロアごとに小笠原の鳥や魚のアイコンがあり、間違わないような配慮が。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1244640.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_125466.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1251974.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1252897.jpg

こちらが2等寝台。
二段ベッドになっていて女性専用ルームがあります。個室は身長157cmのわたしには問題なし。男性はどうでしょう。枕、薄手の掛布団、シーツ完備。照明、コンセント、エアコンの代わりの小さな送風口があります。カーテンを閉めればプライバシーもほぼ完璧。下のベッドには荷物や靴を収納するスペースもあります。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_144068.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1441716.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1442943.jpg

そしてこちらが特2等寝台。2等は内側ですが特2等は海側。まあ、これはあまり関係なかったです。寝具もより本格的。
一番の違いは各自にテレビがあること。外洋で電波が届かない間は映画、小笠原の自然環境のビデオなどを流しています。帰りはこれで時間つぶしをしました。笑

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1472910.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1474454.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_148221.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1483277.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1485126.jpg

共有設備もきれい、かつ最新。
トイレ、洗面、シャワーはそれぞれ分かれています。もちろん男女別。
トイレはウォシュレット。個室内のベビーチェアのほか、外にはおむつ替えベッドも。シャワーにはボディソープ、シャンプーインリンスも備わっています。外にはヘアドライヤーも。どれも気持ちよく使えました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_194497.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_195387.jpg

売店「ドルフィン」。
以前の売店は小さく、商品の種類も少なかったのですが今はお土産からスナック、ビールなどのドリンク類に雑誌&書籍、日曜雑貨などなかなかの充実度。個人的にはコンビニのような淹れたてのコーヒーが味わえるのがありがたかったです。
そして、ドルフィンだけどペンギンが。そう、ここはスイカ決済ができるのです。便利~。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1541059.jpg

これは冷蔵コインロッカー。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1561337.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_1562429.jpg

貴重品を入れるロッカー、大型のスーツケースなどを置くスペースもあります。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_20263.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_20368.jpg

禁煙室、かわいいイスが置いてあるパブリックスペースなど。24時間という船旅を個々で楽しむための空間作りになっています。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_222432.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_223637.jpg

そして、航海中のおたのしみがごはん。レストラン「父島」は一ヶ所。朝、昼、夜を提供します。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_210102.jpg

夕食に選らんだのは、「おが丸島塩ステーキセット」1480円。それに白ワインのミニ700円。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2111961.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2113074.jpg

朝食は並んでいるものを各自、自由に取って選ぶシステム。わたしは、ご飯(小)、みそ汁、焼きサバ、小鉢2品で計1000円なり。レストランもスイカ決済OKです。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_248574.jpg

もうひとつの飲食施設が、展望ラウンジ「母島」。窓の外に水平線をのぞむとっておきのスポット。軽食からドリンク、アルコールにおつまみなども用意。売店で買ってきたものをここで食べる人たちも多くいらっしゃいました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_214837.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2141739.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2142763.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2143713.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2145548.jpg

売店もレストランも開いていない時間に小腹がへったら。
そんなときのために自販機もバッチリ。いろはす130円、コーラ160円、氷結160円、350ml缶ビール240円、ロング缶310円と良心的なプライス。お湯、冷水などもいつでも利用できます。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2221621.jpg

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2201150.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2202211.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2203542.jpg

そんな感じで船内をうろうろ、缶ビールをくぴくぴしている間も船はおだやかに進み、伊豆大島、八丈島沖を通り過ぎます。いつ頃、どこを通過するかなどの情報も船内で知ることができるので、そのたびにデッキに出てみます。この日は本当に静かで船酔いは一切なし。ゆっくりと陽が傾くのを見つめます。
ちなみに外洋に出ると船内はネットがとぎれます。唯一、八丈島沖に近づくとかろうじてキャッチすることができました。

日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2244128.jpg
日本の遠くへ。小笠原紀行① 2016年7月に就航。快適すぎる!新おがさわら丸_b0053082_2245635.jpg

太陽がストンと水平線に沈む。
その後にはドラマチックな夕焼けが空一面をおおいます。
ふと、うしろを振りむくと丸い月がゆるやかにのぼってきている。
360℃に広がる大海原ではあたりまえのことも、大いなる感動をもたらします。

潮風を感じながら、ゆっくりと船は南へと進んでいきます。
by naoko_terada | 2016-09-20 02:35 | 日本 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム