ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:小浜島 ( 2 ) タグの人気記事
沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験
沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_23591378.jpg

リゾナーレ 小浜島、二日目。
たっぷり睡眠をとった翌朝。

ビーチハウスで、モーニングコーヒーのサービスがあるということで、
自分でカートを運転してビーチへ。

南の国の生命力あふれる太陽の光を浴びながら、
目覚めのストレッチに参加されていたのは、仲の良いご夫婦。
数週間の長期滞在のようです。
そういう楽しみ方ができる、ご年配のカップルってステキ。
羨ましいですね。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_095523.jpg

朝食は、クラブハウスと呼ばれるダイニングで。
およそ50種類と、驚くほどバリエーション豊富なブッフェ。

でも、この日は軽めに。
というのは、このあと、併設の「琉球スパ」でたっぷり130分のトリートメントを受ける予定なのでした。

カートに乗って、隣接するゴルフ場に面したスパへ。
まずは、ハイビスカスのウエルカムドリンクでリフレッシュ。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_0172712.jpg

スタートは太陽(ティーダ)の足浴。
長寿の薬草といわれる「長命草」、抗酸化作用やポリフェノールが赤ワインの約34倍あるという「月桃」、沖縄の言葉でぬちぐすい(命の薬)ともいう「泡盛」を入れたお湯で、ゆっくりと足の温浴。
泡盛が入っているからでしょうか、じんわり温まる感覚があります。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_023252.jpg

そして、沖縄のミネラルたっぷりの塩でスクラブ。
指先のスクラブは、いつも、くすっぐたいけど、我慢(笑)。


沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_0244310.jpg

スパスイート仕様のトリートメントルームはリゾートらしく、解放感たっぷり。
窓の外にはゴルフコースと、その先に広がるブルーオーシャンがきらめき、まぶしい。

この日、お願いしたのは、「ハイビスカスの微笑み(バラッシュン)」という乙女なネーミングのコース。
たっぷり130分かけて、バスタイム、アロマボディマッサージ、フェイシャルを体験するもの。

沖縄 リゾナーレ小浜島 「乙女」な琉球スパ体験_b0053082_0295127.jpg

このコースの目玉が、トリートメントルームの外にあるバスタブでの、露天ハイビスカスジャクジー!
純度の高いハイビスカスエキスを、セラピストが注いでくれます。
お湯の中には、フレッシュなハイビスカス。
乙女チック♪

用意ができ、入浴タイム。
最初、視界は開けていて、目線に建物などはないのですが、外にあるのでパレオを巻いて入るように言われましたが、ひとりになったら、はずしちゃうのが正解(笑)。
ジャクジーバスに入っている分には、誰にも見えません。

スパスイートは二人で利用できるので、ここはやっぱり、ロマンチックにカップルで受けたいですね。

その後、室内でアロマオイルトリートメントを全身、入念に。
フェイシャルには、クチャと呼ばれる海底粘土を使用。
このクチャ、沖縄ではおばあたちの美の秘訣でもあります。市場やスーパーでも買えるのですが、洗顔や髪のトリートメントなどに利用。保湿成分とミネラル成分などで、艶やかにうるおいます。

今回はおすすめ、ということでシグネチャー的なこのコースを受けてみましたが、時間がない人には、ショートメニューもいろいろあるので、まずはお試しで体験するのもいいでしょう。

日に焼けて、紫外線にさらされたボディや髪の毛のケアに、
あるいは、天気の悪い日のチョイスに。

やっぱり、リゾートにスパは欠かせません。
by naoko_terada | 2012-08-11 00:49 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験
沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_1315850.jpg

6月に行った沖縄の続きです。

西表島ステイの後、次に向かったのが小浜島。

西表島から、一度、石垣島に戻り、そこから小浜島行きの船に乗り込み、25分。
NHKの朝ドラ「ちゅらさん」の舞台となった、
愛らしい島影が出迎えてくれます。

滞在はリゾナーレ小浜島
到着したときは、ちょっと曇り。
沖縄らしい赤瓦の建物ですが、ちょっとバリ島のリゾートにも似ています。
そう、ここはアジアンリゾートを意識した演出がコンセプト。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_1394597.jpg
沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_1394436.jpg

客室はヴィラタイプで、スタッフがカートで送迎してくれます。
カートは、ゲストが借りることもでき、
わたしは滞在中、自由に自分でカートを運転して楽しみました。

大きくガーデンヴィラと、ラグーンヴィラに分かれ、
これは、ラグーンヴィラのスイートになる、アンバサダースイート。
ベッドルームのほかに、広いリビングと、外にはテラスと、なんとアウトドアジャクジーバス。
リビングには、室内デイベッドがあり、
これも、バリ島のバレブンゴンか、タイのサーラといったお休み処をイメージさせます。

ベッド脇のテーブルには星座表が。
小浜島の星降る夜空を楽しんでもらいたい、という配慮。
こういう細やかな気配りがいいですね。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_1541548.jpg

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_157634.jpg

そして、女性なら声をあげて喜びそうなのが、バスルーム。
これもまさに、バリ島のラグジュアリーリゾートのよう。
奥にはシャワーブースがあり、ダブルシンクの脇にはロクシタンのアメニティ。
上質なバスタオルもたっぷりと用意され、すこぶるリッチな気分です。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_215170.jpg
沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_22427.jpg

このほか、ロイヤルスイートは、
室内95㎡に、テラス143㎡というレジデンシャルな空間。
外に広いプールとジャクジーが備わるので、
贅沢ですがファミリーで利用するのもいいでしょう。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_2986.jpg

スーペリアスイートには、こんなヌケ感のあるバスルームが備わり、
リゾート気分に浸れます。

ゲストルームのタイプによって、広さ、インテリアが異なり、
また、ガーデンビュー、ラグーンビューに、オーシャンビューなど、眺望もお好みで。
カップルはもちろん、女性同士やファミリー、三世代など幅広く対応できそうなので安心感もあります。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_21305.jpg

そんなさまざまなニーズに合わせ、
リゾナーレ小浜島では個性的なイベントや、アクティビティを用意し、飽きさせません。

そのひとつが、夕方からのガラウェルカム(期間:4/1〜9/30 日没前〜夕暮れ)。

ライトアップされたプールサイドで、ゲストはホテルからのウェルカムとして
オリジナルカクテルやドリンクサービスを楽しみながら、思い思いにくつろぐことができます。
ゲストを見ていると、リゾート慣れした方も多く、
スマートカジュアルな装いで、ディナーの前のビューティフルモーメントを、楽しんでいらっしゃいます。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_2213932.jpg

そして、ディナーへ。

食事はリゾートステイの中でも、最も期待するお楽しみ。

リゾナーレ小浜島には、ブッフェスタイルの「クラブハウスレストラン」と、コースメニューを堪能する「ディープブルー」の二ヵ所があります。
わたしは、これも取材と、いつものようにお独りさまで、「ディープブルー」へ。
テーブルの間には、仕切りがあるので周囲の視線も気になりません(笑)。

ここでは、八重山諸島の食材、食文化を活かした「琉球スパキュイジーヌ」が味わえます。

前菜は海ぶどう、もずく、エビなど沖縄らしいメニュー。
沖縄ではあたりまえの食材ですが、こういうのがやっぱり嬉しい。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_2323713.jpg

わたしがチョイスしたのは、鍋!
アグー豚と石垣牛のしゃぶしゃぶです。
これこれ、コレが、食べたかったのですー。

沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_233451.jpg
沖縄 リゾナーレ小浜島で極上リゾート体験_b0053082_2341247.jpg

どうですか、これ。
適度のさしが入った肉質は、甘味があり、とろける柔らかさ。

さらに、肉にもまして美味しかったのが島野菜。
なかでも、アダンの新芽は絶品。
写真では、豆腐のうしろに隠れてよく見えませんが、アクを抜き、細切りにしたものを、
サッとスープでゆがき、ポン酢でいただくとタケノコのような食感。
アダンを食べるのは、沖縄でも石垣あたりだけらしく、
わたしも初めての味。
手間ひまかかるものですが、これはぜひ、また味わいたい。
ほかにも、ゴーヤ、むらさきいもなど、どれもシャッキリと新鮮。

良質な肉と島野菜で、バランス、量もちょうどよく大満足。
お独りさま鍋ではありましたが、スタッフが手際よく接客してくれたので、居心地も悪くなく、たっぷりと堪能させていただきました。

レストランからヴィラまでは、カートで送ってもらいます。

メイン棟を離れると、闇はぐんと深くなり、見上げれば満天の星。
これも東京ではお目にかかれない贅沢。


明日もいい天気になりそうな予感。

リゾナーレ小浜島、自慢の施設。
「琉球スパ」での、極上スパトリートメントが待っています。
by naoko_terada | 2012-08-09 02:54 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム