ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:マレーシア ( 5 ) タグの人気記事
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.5
b0053082_21153936.jpg

プリンセスクルーズ記事、最終回です。

船はクアラルンプール郊外のポートケランに朝9時に着岸。この日の出発は18時。
ポートケランはマラッカ海峡に面した港湾で、マレーシアの貿易の重要拠点です。ただ、港周辺にはなーんにもありません。なので、乗客はエクスカーションに参加します。

マレーシアが初めての人はやはりクアラルンプール(KL)見学のツアーに参加する人が多かったです。これも自由行動のものから、KLを代表する名所、ツインタワーのペトロナスタワーなどの見どころをたっぷりまわるフルツアーまでいろいろ。わたしはKLはすでに行ったことがあるので、「リピーター向け」となっていた、「古都ケラン、リトルインディアと家庭訪問」ツアーに参加。所要約5時間半。料金はひとり$79。

b0053082_21203838.jpg
b0053082_21204778.jpg

わたしが参加したツアーは全部で十数名。現地のマレー系の英語ガイド氏が我々専用のバスに同乗して、まずはケランの街について解説をしてくれます。それを聞きながら窓の外を流れる景色を楽しむ。住宅や商業ビルなどがあちらこちらで建設中で、マレーシアの活気が垣間見られます。

b0053082_21224832.jpg
b0053082_2123188.jpg

途中、渋滞もあり約1時間半ほどバスにゆられて、到着したのがこのおうち。どうやらゲストハウスをしていらっしゃるよう。家の周辺にはこれもお仕事でしょうか。みごとなオーキッドガーデン。

b0053082_21242751.jpg
b0053082_21243785.jpg
b0053082_21244769.jpg

ぞろぞろとバスを降りたゲストたちも、ランの庭に「ワオ」と感嘆。日本では高価なコチョウランもたわわに咲いています。

b0053082_21255788.jpg

出迎えた家のお父さんが、「のどが渇いたでしょ」と、ささっと庭になっているココナッツの実をとって、パカンと割ってフレッシュなココナッツウォーターをふるまってくれます。

b0053082_2127564.jpg

おうちの中には紅茶とマレー風のお菓子が用意され、ここでティーブレイク。カップの脇にあるのはピサンゴレン(揚げバナナ)。素朴な甘さでおいしい。

b0053082_2128476.jpg
b0053082_21281476.jpg
b0053082_21282455.jpg
b0053082_21283317.jpg

「好きに見ていいよー」というお父さんの言葉にあまえて2階にあがってお部屋をチェック。質素ですが、きちんと手入れがされて心地いい空間。こういうところで何泊かしてマレーシアの家庭に触れるのもいいですね。

b0053082_2130588.jpg

こちらは毎年、KLの日本人学校のこどもたちを預かっているとのこと。そのペナントをおとうさんとおかあさんが見せてくれました。

b0053082_21311727.jpg

家庭訪問を終えたわたしたちが再びバスに乗って向かったのが、インド系マレーの人が多く住むリトルインディア。ここで1時間ほどショッピングも兼ねたフリータイムとなりました。

b0053082_21324486.jpg
b0053082_21325546.jpg

両脇にはサリー、アクセサリーを売る店、スパイスや日用品を並べる店がズラリ。インド人街らしくキラキラです。

b0053082_2134420.jpg

途中、お店をのぞいていたら、店員のおにいさんたちが、「オレたちを撮ってくれ!」というジェスチャー。インドの人って写真大好きですよね。なので、大サービスでパチリ。

b0053082_21343252.jpg
b0053082_21344491.jpg

店の前ではお寺にたむけるチューベローズの献花をせっせと作る女性の姿。できあがったものを売る露店も見かけます。日々の暮らしに信仰が欠かせないことがわかります。

b0053082_21431828.jpg
b0053082_21433011.jpg

占いも大切。緑色のインコがいるのわかりますか?このコが占い希望者があらわれるとおじさんの合図でカードを一枚ひきます。それを見て占います。とってもやってほしかったのですが言葉がわからなかったので、断念。

b0053082_21464592.jpg
b0053082_21465787.jpg

このほか、ブルーモスクが有名なシャーアラム、この地方セランゴールのスルタン(王様)の宮殿などに記念写真で立ち寄って、ツアーは終了。観光スポットとは異なる素顔のマレーシアを見られてとてもよかった。

そして夕方、ポートケランを出港したサファイアプリンセス号は、翌朝7時にシンガポールに帰着。楽しかった3泊4日のクルーズを全行程、コンプリートしました。

この手軽さとお値ごろプライス。わたしもまた家族と一緒に行こうかと思っているほど。本当に楽しかったです。ぜひ一度、みなさんにもお気軽クルーズ体験をしてみてほしいと思います。同じルートのクルーズ、次回は12月11日(金)。マイルかLCC利用でシンガポールへ。そこからの週末クルーズ。いかがですか?
by naoko_terada | 2015-06-14 22:01 | トラベル | Trackback | Comments(0)
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3
b0053082_23411436.jpg

b0053082_23495690.jpg

さて、エクスカーション(現地ツアー)のお話しを。

今回は3泊4日というショートクルーズで、寄港するのはペナンとポート・ケランというクアラルンプール郊外の港。どちらもマレーシアですね。

まずは2日目の午後。ペナンに到着。
ここはプラナカンの文化を色濃く残した世界遺産の旧市街ジョージタウンがあります。

プリンセスクルーズは寄港地ごとにさまざまなエクスカーションを用意しています。有料ですが専用のバスとガイドが付くので初めて訪れた場所はやはり便利です。ペナンにはわたしは何度も来ているので、今回はエクスカーションに参加しないゲストのための市内の大きなショッピングモールへの循環バスのチケットだけをオーダー。これは片道8ドル。事前に船内で購入します。

b0053082_2354245.jpg

灼熱の東南アジア。気軽な服装で、でもバス車内やショッピングモールやレストランなど店舗内はエアコン効きすぎで激寒のことも多いので薄いカーディガンをバックパックに詰め込み。ペナンの客船ターミナル前からバスに乗り込みます。

b0053082_2357081.jpg

b0053082_082819.jpg

バスに乗り込み20分ほどで、プランギンモールPrangin Mallに到着。クルーズゲスト専用のバスはここと客船ターミナルまでを出港まで巡回します。まず、みなさん両替。バスが到着したエントランス入ってすぐに両替所があります。ほとんどのゲストはここで両替。でも、中にもうちょっと進むと実はもうひとつ両替所が。こちらのほうがこの日は若干、レートがよかったです。
プランギン・モール自体はかなりローカル。わたしとしてはあまり見るところもないので、ここからジョージタウンへと向かいます。

b0053082_0122256.jpg

b0053082_0123398.jpg

世界遺産ジョージタウンはイギリス植民地時代の面影と、プラナカンと呼ばれる貿易で財をなしたマレーチャイニーズたちの栄華な暮らしぶりを知る史跡・邸宅が残されている貴重なエリア。それらをたどりながら歩くのが楽しい場所です。
※ジョージタウンの詳細はマレーシア政府観光局のコチラを。

ちょうど旧正月前で、お正月用の真っ赤なランタンなどを売るお店が目立ちます。

b0053082_0445237.jpg

b0053082_0171857.jpg
b0053082_0173227.jpg
b0053082_0174499.jpg

コロニアルな雰囲気の建物とチャイニーズらしい暮らしぶりが溶けあった不思議。それがジョージタウンの魅力です。観光客向けのトライショー(人力車)もここの風物詩。また、インド人街、イスラムのモスクなどもありマルチカルチャーさもマレーシアらしいエキゾチックさ。饅頭屋やバイク修理、雑貨など昔ながらの店構えのところも多いですが、最近はしゃれたカフェやショップなどもちらほら。見飽きません。

b0053082_0212618.jpg
b0053082_0213839.jpg

ここはジョージタウンの大きな見どころのひとつ。プラナカン・マンション。18世紀末の富裕な一族の邸宅。現在は博物館になっていますが、中には豪奢なプラナカン独自の衣食住の展示物が展示され圧巻です。でもここは以前、見ているので今回はパス。

b0053082_0242145.jpg
b0053082_0243621.jpg
b0053082_0244689.jpg

最近、ジョージタウンに増えているのがこういった壁画アート。ローカルの日常風景をえがいたペイントや、コミカルな鉄で作ったアイアンアートなどが50数か所。どこも記念撮影スポットとして大人気です。

b0053082_0304047.jpg
b0053082_0305396.jpg

地図を片手にふらり、ふらり。
そして、気づいたら埠頭まで歩いてきていました。サファイア・プリンセスが見えできましたよ。ここまで2時間ほど。初めてで博物館などを見てまわっても4時間ほどでしょうか。歩いて戻るのは問題なし。
ということで往復買ったシャトルバスの片道は結局、使いませんでした。ですのでわたしのようにジョージタウンを気ままに散策するのであればシャトルバスはどちらか片道だけの購入でいいと思います。

b0053082_0361317.jpg

船に乗り込もうとするゲストを待ち受けて、スタッフがおしぼりを渡しています。

b0053082_0401814.jpg

b0053082_0403032.jpg

写真を撮らせて!とカメラを向けるとはにかむクルー。クルーズの最大の魅力はいろいろありますがなんといってもこのクルースタッフのホスピタリティこそが一番。船に戻ってきたときに、「おかえりなさい!」と言われると本当にホッとするものなのです。この感覚はクルーズに乗ってこその思い。これを体験すると再び、船に乗りたくなるのが不思議です。ぜひ、このかけがえのない体験をひとりでも多くのみなさんと共有したいといつも思ってしまいます。

b0053082_0474015.jpg

b0053082_0475296.jpg

この日の出航は20:15。シャワーをあびてスッキリした後は、デッキで美しいペナンのサンセットを堪能。楽しかったペナンでの一日の終わりを楽しみます。出航までのちょっとメロウな気分もまた、クルーズならでは。ペナンは何度か訪れていますが客船から望むジョージタウンの街並みは新鮮。カクテル片手に潮風に吹かれながらほろ酔い気分に。

あ、でも、もちろん船でのお楽しみはまだまだこれからですよ。

でも、さよならペナン。
また、来れることを願って。

b0053082_0495060.jpg

by naoko_terada | 2015-04-23 00:56 | トラベル | Trackback | Comments(0)
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1
b0053082_20495114.jpg

2月にシンガポール発着の3泊4日のクルーズに乗ってきたときの記事をはじめます。大型客船はひさしぶりだったのですが、とーーーっても楽しかったのでご報告します。

今回の乗船はプリンセスクルーズの所有するサファイアプリンセスで。乗客定員2670名、11万5875トンの美人さんです。シンガポールを出てマラッカ海峡を北上、マレーシアのペナン、ポートケランに寄港。再びシンガポールに戻ってくるというお気軽なもの。

b0053082_2055839.jpg

シンガポールの乗り場はマリーナベイ・クルーズセンター。行きは不安だったのでタクシーを使いましたが、歩いてすぐのところに地下鉄MRTマリーナサウスピア駅ができたのでそれを使ってもいいでしょう。チェックインカウンターはこんな感じ。大型船なので乗客をさばくのに時間がかかるかな、と思っていたのですが驚くほどにスムースであっという間に完了。さすが、手慣れたものでした。また、キャリーケースのような小さな荷物ならポーターに預けず、自分で運んでもいいようなのでそうすれば荷物が届くのを待つ必要もありません。

b0053082_20592165.jpg

b0053082_20583314.jpg

b0053082_20584692.jpg

今回、頂戴したお部屋は海側バルコニー。出航前、バルコニーからマリーナサンズがよく見えました。

b0053082_2122373.jpg
b0053082_2123461.jpg
b0053082_2124656.jpg

ベッドルーム以外はこんな感じ。バスタブはなしですが3泊4日なのでまったく気になりません。クローゼットも広いけれど今回はショートクルーズ。ガラディナーもないので小さなキャリーケースのみ。荷物整理もあっという間に終了。2週間超え、フォーマルばっちりなクルーズと違い(そういうのも楽しいのですが)、この身軽さがラクちんでうれしい。

b0053082_1010396.jpg

b0053082_217562.jpg

初日、出航は16:00。ペナンへと向かいます。このクルーズの特徴はマレー半島とインドネシア・スマトラ島にはさまれたマラッカ海峡を航行する点にあります。それが何を指すかというと、「ほとんど揺れない」ということ。大きく揺れることもある外洋と異なり、まるでリバークルーズのよう。船酔いを心配される方、ものすごく揺れるのではないかと思われる方には安心して乗れるコースだと思いました。アジアの貿易に欠かせない場所だけに数多くのタンカー、コンテナ船が行き交うのを見ることもできます。

b0053082_21183625.jpg

出航後、船内探索。14デッキのプールはインドア。ジャクジーもあり全天候型で楽しめます。

b0053082_21381080.jpg

b0053082_21235365.jpg

そしてこれがプリンセスクルーズの大人気施設、ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ。15デッキにある屋外シアターです。さまざまなジャンルの映画を上映、もちろん無料。これがめちゃくちゃ楽しい。昼間は水着で、夜は涼しくなるとブランケットをスタッフが貸してくれるのでそれにくるまりながら名作を鑑賞。満天の星空の下、心地よい潮風に吹かれてまどろみながら。なんとも贅沢な時間でした。

b0053082_2129828.jpg
b0053082_21292445.jpg
b0053082_21293635.jpg

スパ、オーセンティックなバーラウンジ、毎日エンターテイメントが行われるシアター、カジノなどがあります。

b0053082_21412054.jpg

吹き抜けの空間ではライブやショーなども。最後の夜にはここで盛大にバルーンパーティが開催されるとのこと。

b0053082_21425844.jpg

こんな感じで初日はあくせくしないで、のんびりと船内をめぐって終了。
さー、そろそろディナーの時間です。
by naoko_terada | 2015-04-06 07:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
LCCのエアアジアXで、ボルネオ、プチプラリセット旅!④


b0053082_22403354.jpg


前回の続きです。

ガヤナ・エコ・リゾートから専用ボートに乗り込み、5分ほど。ガヤナのシスターリゾート、ブンガラヤ・アイランド・リゾート&スパに到着。

b0053082_22573976.jpg

ガヤナよりも、より秘境感のある環境に、そっとよりそうなやわらかな上質。

b0053082_22583113.jpg

おだやかな湾になったシーサイドに面したプールでは、欧米人客がゆったりとくつろぐ姿が。

b0053082_22593335.jpg

なだらかな山肌にたつ空間は、種々なハイビスカスが咲き誇り、美しい。
ボルネオ屈指の都市コタキナバルからボートで15分足らずとは思えない、熱帯のリゾートです。

b0053082_239927.jpg
b0053082_2391538.jpg
b0053082_2393737.jpg

客室はヴィラスタイル。
こちらは、プランジプールヴィラ。ビーチが目の前という最も海辺に近いタイプです。このほか、ヒルサイド、ツリートップなどジャングルの中に配されたタイプもあります。

b0053082_23122218.jpg

外にはこんなプランジプール。
その先には美しくきらめくブルーオーシャン。

b0053082_23133052.jpg
b0053082_23134236.jpg

リゾートのスタッフのみなさんと、ランチタイム。
ナシゴレンはここ、マレーシアでも定番メニュー。こういう、普通のものがうれしいんですよね。
でも、このリゾートがすごいのがワインセラー。
びっくりするくらいの銘柄、ビンテージが。
誰がいらっしゃって頼むのでしょう。これにはかなり驚きました。

b0053082_23155266.jpg

さらに、ブンガラヤの魅力が、スタッフによるジャングルトレッキングのアクティビティ!

b0053082_23355534.jpg

リゾートの奥に広がる熱帯のジャングルへカートで連れ出され、ちょこっと山道を歩くと、目の前に広がるのは肥沃な森とそこを横切る吊り橋。

b0053082_23371539.jpg

恐るおそる渡りはじめる、メディア女子たち。

b0053082_23375889.jpg

リゾートのちょっと先にこれほどの大自然があることに感動。
ここにはマレーシア全土の40%にあたる植物や生物が生息するとのこと。
途中、スタッフが植生や動物などについて教えてくれるのも楽しい。
歩く距離はそれほどでもないですが、思いっきりリラックス&リフレッシュ!


b0053082_2357792.jpg

吊り橋を渡り終えた後は、若い女子たちはフライングフォックス体験。
ご存知ですか?
ワイヤーに吊られて滑走する、あれ。

b0053082_02768.jpg
b0053082_025851.jpg

わたしは、リゾートのスパへ。
こちらも吊り橋を渡った先にありますが、あちらではセラピストが出迎えます。
スペシャルというバンブーマッサージをチョイス。
一日の疲れを、ゆっくりともみほぐしてもらいます。

b0053082_054978.jpg

夜は、リゾート最後の晩ということで、スタッフ、関係者と一緒にフェアウェルディナー。場所はオンザビーチの「パンタイ・グリル」。パンタイとはマレー語でビーチのこと。

b0053082_083565.jpg
b0053082_084983.jpg

大きなエビ、大串のサテなどが、目の前で焼きがります。
それを口に入れて、マレーシアのビールをジョッキでグビ。アンカー、タイガーといったブランドが定番。マレーシアはイスラム圏ですが、中国系マレーなど多国籍なのでお酒をいただける機会はかなりあります。これは、本当にうれしい!そして、安いのもさらにうれしい。

明日の朝はチェックアウト。
コタキナバルに移動して、取材最後の一日を過ごします。

b0053082_0131837.jpg

by naoko_terada | 2013-04-24 22:03 | トラベル | Trackback | Comments(2)
2月28日から、クアラルンプールで日本イベント開催! "Khabar Baik Japan" 元気です日本!


b0053082_12422314.jpg

2月28日から、マレーシア・クアラルンプールの中心ブキッビンタンにある大型ショッピングコンプレックス、パビリオンにおいて、日本をテーマにしたイベントが開催されます。

タイトルは、Khabar baik Japan(カバール・バイッ・ジャパン) - 元気です日本!
Khabar baik Japanとはマレーシア語で、まさに「元気だよ、ニッポン!」という意味です。


このイベントは単純な日本の観光PRではありません。

かつて、1980年代、マハティール首相の時代、マレーシアは、、「日本を手本に」というルックイースト政策を推進。日本との交流は経済、技術力など人的にも物流的にも相互理解へのかけはしとなり、また、マレーシアの発展へと寄与しました。

震災後も温かい支援を続け、日本へ好感をもってく​ださっているマレーシアの人たちに、お礼を伝えられないかという思いと​、中小企業や個人で活動をする人々にとって困難とされる海外進出​へのきっかけ作り、少しでも活性化されればということで、私も参加している有志の団体、SHOW YOU JAPAN CLUBが発起人となって立ち上げました。
その中心となるのが、アドベンチャージャパンという日本の魅力を世界へ発信する雑誌を作っている我が友人、田端則子さん。彼女と、多くの実行委員会のスタッフたちが現在、開催にむけて現地で寝る間も惜しんでファイナルカウントダウン中。デジタルハリウッド大学にマレーシアから留学​している学生の方々にもお手伝いしてもらっています。



イベント期間中は、さまざまなおたのしみがたっぷりです。

‎2/28-3/​4は、センターコートにてファッションショーSAKURA COLLECTIONをはじめイベント開催。
3/5-3/​10東京ストリートにて継続して日本フェアを実施します。

b0053082_1373557.jpg

和装ファッションショー「SAKURA COLLECTION」では、マレーシアトップスーパーモデルで、アジアベストモデル/韓​国のトップスターモデルアワード2011に輝いたウィルソン・タ​ンが出演!
デザイナーのChica Hanashhmaさんオリジナル着物ドレスも登場します。


b0053082_1312949.jpg

このほか、東京ストリートにて、Jalan Jalan Japan Travel Fairも開催。
マレーシアの人気女優で大の親日家、Koe Yeetちゃんも参加予定。

さらに会期中、春の間、夏の間、秋の間、冬の間と日本の四季をイメージ​した展示ブースも用意。
平安貴族の雅な世界を垣間見る、十二​単の展示など日本の伝統と美、文化を疑似体験してもらえる空間になっています。

また、抽選会も行われ、JAL提供の日本への往復航空券、私からのお願いを快諾してくださったウェスティンホテル仙台の宿泊券(マレーシアでは仙台、観光先として人気なのです!)、星野リゾートトマムリゾナーレ小淵沢からの宿泊プレゼントもあり、とにかく盛りだくさん。
マレーシア人の日本観光熱をさらに盛り上げること間違いなしです!

今回のイベント、現地メディアも非常に興味を持ってくれています。
イベントに先立ち、パビリオンとSHOW YOU JAPAN/​KBJ実行委員会がホストとなり、JNTOと​大使館と合同での記者会見も行われます。これはustreamでライブ放送予定。

このイベントに伴い、中小企業を対象とした地元企業とのセミナーや懇親会など、相互の経済活性化のための交流も開催。多方向でのマレーシアと日本の新たなつながり、親鸞関係が育つことを願わずにはいられません。


私は残念ながら、現地で応援することができなかったので、
日本から、田端さんをはじめ、実行委員スタッフたちに、そして心からサポートをしてくれたマレーシアサイドのみなさんに感謝とエールを。

イベントは28日からです。
マレーシア在住のみなさん、
そして、もし、この期間中にクアラルンプール観光に行かれている方がいらっしゃいましたら、ぜひ、会場を訪れてみてください。
日本がどれほまでにマレーシアで人気があるか。
きっと実感することと思います。

みなさんも、日本の魅力を彼らに伝えることができるメッセンジャーとして、ぜひご参加ください。

合言葉は、"Khabar Baik Japan !!"です♪
by naoko_terada | 2012-02-25 13:35 | 日本 | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム