ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:ペナン ( 3 ) タグの人気記事
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_23411436.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_23495690.jpg

さて、エクスカーション(現地ツアー)のお話しを。

今回は3泊4日というショートクルーズで、寄港するのはペナンとポート・ケランというクアラルンプール郊外の港。どちらもマレーシアですね。

まずは2日目の午後。ペナンに到着。
ここはプラナカンの文化を色濃く残した世界遺産の旧市街ジョージタウンがあります。

プリンセスクルーズは寄港地ごとにさまざまなエクスカーションを用意しています。有料ですが専用のバスとガイドが付くので初めて訪れた場所はやはり便利です。ペナンにはわたしは何度も来ているので、今回はエクスカーションに参加しないゲストのための市内の大きなショッピングモールへの循環バスのチケットだけをオーダー。これは片道8ドル。事前に船内で購入します。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_2354245.jpg

灼熱の東南アジア。気軽な服装で、でもバス車内やショッピングモールやレストランなど店舗内はエアコン効きすぎで激寒のことも多いので薄いカーディガンをバックパックに詰め込み。ペナンの客船ターミナル前からバスに乗り込みます。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_2357081.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_082819.jpg

バスに乗り込み20分ほどで、プランギンモールPrangin Mallに到着。クルーズゲスト専用のバスはここと客船ターミナルまでを出港まで巡回します。まず、みなさん両替。バスが到着したエントランス入ってすぐに両替所があります。ほとんどのゲストはここで両替。でも、中にもうちょっと進むと実はもうひとつ両替所が。こちらのほうがこの日は若干、レートがよかったです。
プランギン・モール自体はかなりローカル。わたしとしてはあまり見るところもないので、ここからジョージタウンへと向かいます。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0122256.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0123398.jpg

世界遺産ジョージタウンはイギリス植民地時代の面影と、プラナカンと呼ばれる貿易で財をなしたマレーチャイニーズたちの栄華な暮らしぶりを知る史跡・邸宅が残されている貴重なエリア。それらをたどりながら歩くのが楽しい場所です。
※ジョージタウンの詳細はマレーシア政府観光局のコチラを。

ちょうど旧正月前で、お正月用の真っ赤なランタンなどを売るお店が目立ちます。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0445237.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0171857.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0173227.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0174499.jpg

コロニアルな雰囲気の建物とチャイニーズらしい暮らしぶりが溶けあった不思議。それがジョージタウンの魅力です。観光客向けのトライショー(人力車)もここの風物詩。また、インド人街、イスラムのモスクなどもありマルチカルチャーさもマレーシアらしいエキゾチックさ。饅頭屋やバイク修理、雑貨など昔ながらの店構えのところも多いですが、最近はしゃれたカフェやショップなどもちらほら。見飽きません。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0212618.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0213839.jpg

ここはジョージタウンの大きな見どころのひとつ。プラナカン・マンション。18世紀末の富裕な一族の邸宅。現在は博物館になっていますが、中には豪奢なプラナカン独自の衣食住の展示物が展示され圧巻です。でもここは以前、見ているので今回はパス。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0242145.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0243621.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0244689.jpg

最近、ジョージタウンに増えているのがこういった壁画アート。ローカルの日常風景をえがいたペイントや、コミカルな鉄で作ったアイアンアートなどが50数か所。どこも記念撮影スポットとして大人気です。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0304047.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0305396.jpg

地図を片手にふらり、ふらり。
そして、気づいたら埠頭まで歩いてきていました。サファイア・プリンセスが見えできましたよ。ここまで2時間ほど。初めてで博物館などを見てまわっても4時間ほどでしょうか。歩いて戻るのは問題なし。
ということで往復買ったシャトルバスの片道は結局、使いませんでした。ですのでわたしのようにジョージタウンを気ままに散策するのであればシャトルバスはどちらか片道だけの購入でいいと思います。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0361317.jpg

船に乗り込もうとするゲストを待ち受けて、スタッフがおしぼりを渡しています。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0401814.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0403032.jpg

写真を撮らせて!とカメラを向けるとはにかむクルー。クルーズの最大の魅力はいろいろありますがなんといってもこのクルースタッフのホスピタリティこそが一番。船に戻ってきたときに、「おかえりなさい!」と言われると本当にホッとするものなのです。この感覚はクルーズに乗ってこその思い。これを体験すると再び、船に乗りたくなるのが不思議です。ぜひ、このかけがえのない体験をひとりでも多くのみなさんと共有したいといつも思ってしまいます。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0474015.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0475296.jpg

この日の出航は20:15。シャワーをあびてスッキリした後は、デッキで美しいペナンのサンセットを堪能。楽しかったペナンでの一日の終わりを楽しみます。出航までのちょっとメロウな気分もまた、クルーズならでは。ペナンは何度か訪れていますが客船から望むジョージタウンの街並みは新鮮。カクテル片手に潮風に吹かれながらほろ酔い気分に。

あ、でも、もちろん船でのお楽しみはまだまだこれからですよ。

でも、さよならペナン。
また、来れることを願って。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.3_b0053082_0495060.jpg

by naoko_terada | 2015-04-23 00:56 | トラベル | Trackback | Comments(0)
ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ


ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ_b0053082_138643.jpg

アジアに来たら、やはりハズせないのが屋台。
ペナンといえば、ジョージタウンの近く
ガーニー・ドライヴと呼ばれる屋台街が有名です。


我々も取材を終えてホテルに戻る前に、ガイドさんに頼んで寄ってもらう。
車を止めて屋台街に入ると、
ワンッという活気とローカルの人たちの熱気に包まれる。
このシズル感がたまりません。

ナンバーの付いているテーブルを決めたら、
さっそくオーダーに。
観光客も多いので英語でメニューが表示されているものが多い。
中華、マレー、タイ。
それにハンバーガーやアイスクリームなども。
ガラスケースに入っている食材や、調理法を眺め、
どこが人気があるのかチェックしつつ、何品か注文。
どこも写真入りのメニューが貼ってあるので、
それを指さしすればOK!
テーブルの番号を告げれば、できあがりをちゃんと持ってきてくれるから優秀。

ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ_b0053082_1463082.jpg

まずやってきたのが、鉄板仕上げのあんかけ麺。
わたしとカメラマンというチーム日本がオーダーしたものの、
残念ながら味はいまひとつ。

ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ_b0053082_1464794.jpg

こちらは今回のロケ車を運転するドライバー氏のチョイス。
普通のサテですが、これはめちゃくちゃ美味しい。
炭火焼きらしく小ぶりの肉と、ピーナッツソースの甘辛さがちょうどいい。

さすが、地元!

お値段は10本で6リンギット(約150円)。
ビールが欲しくなるお味です。
もちろんすかさず注文。
テーブル周辺にバド・ガール的なおねえさんたちが待機していて、
瞬速で冷えたグラスとビールをテーブルに置いてくれます。
マレーシアはタイガー・ビールですね。

ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ_b0053082_1465894.jpg

そして、これはガイドさんのオーダー。
マレーシア名物のロジャック。
甘く、どろりとしたタレと、その上には砕いたピーナッツがたっぷり。
中身は野菜と、なんと干したイカのスライスが。

これは正直、ちょっと苦手。
中にまぜるものは野菜や果物など、いろいろらしいのですが、
イカはちょっと。。。

ペナンに来たらやっぱり、ガーニー・ドライヴ_b0053082_147874.jpg

最後はグルメな我がドライバー氏が頼んだ福建蝦麺。

これがもう、エビの濃厚なダシが効いていて美味しいのなんのって。
あまりの美味しさに写真撮るのも忘れてます。
小ぶりのお椀に入ってくるので、お代りする人も。
お値段は1杯3リンギット(約75円)。

こんな美味しいものたちが、わずか100円前後で味わえるシアワセ。
これこそ、アジアごはんの醍醐味。


一日の取材が無事、終わった我々は大いにリラックス。
まとわりつく熱帯の空気の中、
鼻水をすすりながら熱い麺をほおばり、
クイッと冷えたビールをのどに流し込む瞬間の快感にただただ、没頭するのでした。
by naoko_terada | 2009-11-25 02:20 | トラベル | Trackback | Comments(2)
シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ


今年は、本当に多くの場所へ行きました。

そこで、年末年始のホリデイの参考にと(ちょっと遅いですが。。。)、
これから何回かにわけて、
今年、訪れた国、ステイ先をアップしていきたいと思います。


シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7134717.jpg

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_714867.jpg

まずは、7月に行ったマレーシアを。
このときのテーマは、「プラナカン」。

「プラナカン」とは、15、16世紀に大陸から渡ってきた
中国人とマレー系女性たちが結ばれたことによって築かれた一族の子孫たちの総称。
彼らが今でも守り続けるライフスタイルは
大陸的な中国文化とマレー、ヨーロッパの文化が溶け合い、
他では見ることのできない繊細でアートフルさが何よりも特徴。
プラナカンならではの美学がそこには凝縮されています。

そのプラナカン文化の中心がペナンとマラッカ。

そして、ペナンで滞在したのが、シャングリ・ラ ラササヤン リゾート&スパ ペナン

ご存じ、シャングリ・ラのリゾートです。

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7192231.jpg
シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7193665.jpg

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7362616.jpg


ゆったりとした敷地に、美しい庭園がみごとに調和。
樹齢100年という大木が作る木陰は涼やかで、
心からくつろげる空気感が漂い、いつになく、着いたときからリゾート気分に。

ここはペナンの中では古株のリゾート。
この贅沢な空間も、それゆえ。
最新リゾートでは決して、演出できない奥深い時空間が随所に刻みこまれています。

ビーチに面したガーデン、
午後の斜陽がさし込む、ひんやりとしたチークウッドの回廊。
建物、プール、冷えたビール、子どもたちの声、スタッフの笑顔。

すべてが違和感なく、ゆるりと南国の景色に溶け込んでいる饒舌さ。

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7365667.jpg
シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_737876.jpg

ゲストルームは「ラサウイング」、「ガーデンウイング」に分かれ、
写真は「ラサウイング」のプレミア・ルーム。
ノン・スイートの中では、最も広く、バルコニーはなんとバスタブ付き!
ここから美しいガーデンや、その先の水平線を眺めることができます。

また、「ラサウイング」に滞在すると、
専用のラウンジや専任ゲストリレーションによるパーソナルチェックインなど、
ワンランク上のサービスが受けられます。

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_74533.jpg
シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7451555.jpg
シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_7453027.jpg

そして、シャングリ・ラといえば、「氣(チー)スパ」。
ラササヤンにもしっかり用意されています。

緑の庭園の中、独立したマレー風の建物がそれ。
さわさわと、柔らかなシーブリーズが吹き抜けるスパ・ヴィラは、
東京やバンコクの「氣スパ」よりもぐっと開放感にあふれています。
テクニック、メニューはもちろん「氣スパ」のスタンダード。
スパと滞在を組み合わせたパッケージも用意されているので、
お得に「氣スパ」体験をすることもできそうです。

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_8481954.jpg

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_8484131.jpg
シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_753016.jpg

シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_844741.jpg

リラックスの後は、お楽しみのひとつ、食事が待っています。

ダイニングのオプションはいろいろありますが、
人気だという「スパイス・マーケット・カフェ」へ。

マーケットと名付けられただけあり、
マレー料理はもちろん、チャイニーズ、和食、タイ料理など、
各国の味をその場でオーダー&チョイスするのが楽しい。
「プラナカン」の味を伝える、ニョニャ料理、ペナン料理などは、
ぜひ、味わいたいメニューのひとつです。

美味しそうな手延べ麺を仕上げ中のシェフにお願いして、
熱々のヌードルをオーダー。

ひょいっ、とこねては伸ばしながら、どんどん麺になっていくのが面白い。

スタイリッシュなシャングリ・ラのラグジュアリーも大好きですが、
こういう人肌を感じる、ゆったりとしたリゾートもまた、アジアの魅力のひとつ。

奥深きアジアの桃源郷です。


シャングリ・ラ ラササヤン ペナンの奥深さ_b0053082_8364758.jpg

by naoko_terada | 2009-11-17 08:39 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム