ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:ヘイマンアイランド ( 1 ) タグの人気記事
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド


オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_024867.jpg

眼下の海の色がひと際、鮮やかなターコイズブルーになっていく。目的地までもう少し。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_072039.jpg

一瞬、窓の外に見えたのはホワイトヘブンンビーチ。一生に一度は訪れたい世界の絶景のひとつ。そう、ここはグレートバリアリーフ。母なる地球が造りあげた世界遺産に登録される大サンゴ環礁です。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0115269.jpg

昨年、11月にオーストラリア政府観光局が立ち上げた観光キャンペーン「美食大陸オーストラリア」の取材の一環で訪れたのは、グレートバリアリーフのウィットサンデー諸島にあるワン&オンリー・ヘイマンアイランド。モルディブ、バハマ、モーリシャスなど世界屈指のビーチエリアに最高級ラグジュアリーリゾートを手がけるワン&オンリーがついに豪州デビュー。ということでぜひ、取材をしたいと願ったのでした。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0171262.jpg

ヘイマン島は古くからリゾートとし有名でした。イギリス王室御用達でもあったことから、「ロイヤル・ヘイマン」の称号を得たりと、常に高級リゾートとして君臨。そのヘイマンがワン&オンリーとして昨年7月にリブランドされたのです。開業にあたり8000万ドルをかけて一大改装を施し、客室もダイニングもアップグレードしたとのこと。それでも、以前と変わらない独特の形をした真っ青なプールを見ると、何度も取材で訪れたことのあるわたしには懐かしさがこみあげます。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0373491.jpg

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0375025.jpg

グレートバリアリーフに浮かぶ島なので、もちろん美しいビーチと海があるのは当然、でもヘイマン島は驚くほどに熱帯雨林の緑濃い島でもあります。ワン&オンリーとしては生まれたてですが、歴史あるリゾートだけに敷地内のヤシの木やトロピカルな植物はたわわに繁茂し、涼しげな木陰と印象的な陰影を落とします。真っ赤な火炎樹の大木も見覚えがあります。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0412814.jpg
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0415267.jpg

チェックインをすませ、取材担当者と挨拶をしたあと、部屋へと連れていってもらいます。ヘイマンアイランドはプールを囲むようにホテル棟が広がります。このあたりはまったく変わっていない。

そんなわたしも客室のドアを開けて、思わず「おおっ!」と声をあげてしまいました。以前とは比べものにならない広さと高級感じゃあないですか。さすがワン&オンリーとうならされます。聞けば、既存の部屋ふたつを一室に広げたとか。わたしが頂戴したのはプールウイングのワンベッドルーム・ダイレクトプールアクセス・スイート。贅沢です。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0512582.jpg
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0513962.jpg

ダイニングスペースにリビングエリア、さらに分かれたベッドルームがあり、その奥にはこんなグラマラスなバスルームが!わたしは一人での滞在ですが、これはもうカップル向きですよね。透け感のあるデザイン性とあわせてなんともロマンチック。オーストラリアへのハネムーンをお考えなら、絶対、お薦めです。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_053970.jpg
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0532055.jpg

そして名前のとおり、圧巻は部屋から直接プールにアクセスできること。目の前には広々としたブルーラグーンのようなプールが、「早く水着になって遊びにおいで」と誘うよう。くー、これから撮影じゃなければすぐにでも飛び込みたいところです。

このほか、やや奥まった位置にあるヘイマンウイング、さらにケリー・ヒルがデザインしたビーチウイングなどがあり、ヘイマンウイングの最上階には最高級のペントハウスも整っています。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0573097.jpg

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_0574052.jpg

まずは「ランチを」というプレス担当の女性に誘われて、プールサイドの「オンザロックス」へ。撮影も兼ねてお薦めというグリルドフィッシュタコス、そしてビックリするような巨大な地元産ロブスターを!どれだけ大きいかを伝えるため、i-phone5を横に置いてみましたがどうでしょう。でも、新鮮なロブスターはプリッとした弾力とジューシーさで美味しすぎます。目の前には桃源郷のようなリゾートの風景と、そこでバカンスを満喫する世界中からのゲストたち。ただ、ただため息の美しさです。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_173164.jpg

静謐ささえ漂う、リゾートの奥深さ。まさにここだけの唯一の存在。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1132040.jpg

ヘイマンアイランドではスパにも力を入れています。アマラという100%天然成分のスパプロダクトを使用したトリートメントは、「レスト」、「リバランス」、「リニュー」の3つのRをキーコンセプトにするもの。その中でシグネチャーのメニューのひとつが、レインフォレスト・マッサージ。熱帯雨林の中に設けられたオープンエアのカバナでオリジナルなストロークでボディ&マインドに働きかけるオイルマッサージを受けます。これが最高にまどろみの心地よさ。あえて環境BGMを止めてもらい、ヤシの葉擦れ、鳥たちの鳴き声に包まれての至福のトリートメントです。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1224929.jpg
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_123281.jpg

ヘイマンアイランドの大きな魅力のひとつがダイニング。リゾートというとレストランの数が限られますが、ヘイマンアイランドには7つのレストラン&バーがあります(一部、曜日によって定休あり)。そのひとつ、シグネチャーダイニングがファイアー。地元クイーンズランド州産をはじめ、シーフード、ビーフ、ラムなどオーストラリア有数のハイクオリティの食材を使ったガストロノミー料理が味わえます。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_131686.jpg

キッチンにお邪魔したら、フレッシュなハーブや野菜などはこうやって育てているんだよ、とシェフが見せてくれました。島という隔離された環境で新鮮な食材を使って一流の料理を作るための手間ひまを惜しまない姿勢に感心します。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1323523.jpg

また、日本人にとってはアジアンフレーバーのメニューが楽しめるバンブーもお薦め。写真はToothfishって、アイナメの一種でしたっけ?それの四川風チリソースがけ。バターリッチな白身にピリッとスパイシーなソースは思った以上に完成度が高く、とても美味しかったです。
ダイニングシーンが充実するのはアイランドリゾートとしてとても貴重。もちろんこれ以外にも24時間のルームサービスや星空の下でのロマンチックディナーなどもリクエストできるので、二人だけのロマンチックな時間を満喫することだってできます。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1401619.jpg

翌朝も完璧すぎるほどのブルースカイ。雲ひとつありません。朝の光にきらめくリゾートは本当におだやかで心を癒します。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1434749.jpg

朝食は海辺のダイニング、パシフィック。ここは朝食のみにオープンするという贅沢さ。すでに多くのゲストでにぎわっていました。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_145720.jpg
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1451691.jpg
オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1452596.jpg

一流のリゾートではゲストの写真はNG。なので朝食風景の写真も控えめに。さすがはワン&オンリー。冷やされたマムを常備。また、気に入ったのはホームメイドのミューズリー。ヘルシーで美味しい。フレッシュなフルーツもたっぷり。それにしてもリゾートにこれだけゲストがいたのかと、朝食時のにぎわいをみて驚きます。敷地内を歩いていてもあまりゲストとすれ違うこともなかったのですが、わたしたちが滞在していたときは完全に満室。しかも、誰でも知っているセレブもお泊りだったとか。それほどにプライベート感があるのだとあらためて実感しました。

オーストラリアの世界遺産グレートバリアリーフに誕生、ワン&オンリー・ヘイマンアイランド_b0053082_1535348.jpg

おいしい朝食を狙うのはコカトゥー。オーストラリアではおなじみのオウム。ちょっとテーブルを離れたすきにあっという間に焼きたてのトーストやクロワッサンをかすめ取っていきます。

オーストラリアらしいリラックス感と、一流のラグジュアリーを備えたワン&オンリー・ヘイマンアイランド。ステキな誰かと一緒にぜひ、訪れてほしいリゾートです。
by naoko_terada | 2015-02-25 02:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム