ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:バルセロナ ( 4 ) タグの人気記事
こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ


こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_21543532.jpg

マンダリン オリエンタル バルセロナが、最先端のラグジュアリー・ホテルならば、
こちらは、お手頃なバジェット・プライスの1軒。
プラクティク・ランブラです。

ランブラ・デ・カタルーニャ通りの、100年ほどの古い建物をそのまま活かした、ブティック・ホテルです。
わたしが予約したのは、シングル・ルーム。
部屋はとっても狭いです。
入るとビックリしますよ(笑)。
たぶん、12、13㎡程度じゃないでしょうか。
長方形の室内は、大きなスーツケースを広げるスペースは、正直、ありません。
でも、インテリアはとてもセンスよく、テレビ、エアコンを備え、無料のワイヤレス・インターネット接続もできます。鍵はカードキーでオートロックです。

こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_2219681.jpg
こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_22191794.jpg
こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_22192898.jpg

シングル・ルームのシャワー&トイレはこんなにコンパクト。
おもしろいのは、床のタイルが建物のオリジナルのままということ。
歴史を刻んできた古びたタイルが、小さなゲストルームに個性を与えています。
シャワーのお湯もたっぷり。シャンプー、コンディショナーも常備。
でも、ここもしっかり狭いです。

こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_22272526.jpg
こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_22273581.jpg
こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_22274735.jpg
こちらもおすすめ、バジェット・バルセロナ_b0053082_22275776.jpg

建物は優雅な吹き抜けの空間を持ち、100年近いオリジナルの装飾が、随所に残されています。
階下を見下ろすと、小さなレセプションが見える。
スタッフも非常に親切です。

目の前のランブラ・デ・カタルーニャ通りにはカフェ、レストランがあり、人通りも多い。
メインストリートのグラシア通りはワンブロック先。
ロケーションも悪くありません。
これで、わたしが予約した際の料金が100ユーロ。
客室は狭いですが、清潔感、ロケーション、雰囲気などを考えれば、ホテル料金の高いヨーロッパでは、合格点です。
ちなみに、レストランはありません。


このホテル、ブログ「Pica★Pica Barcelona」の浅倉協子さんからのレコメンド。
今回のバルセロナ行きの目的のひとつが、浅倉さんとお会いすること。
ずっと、ブログとメールを通じてやりとりをしていたのですが、お会いするのは初めて。
ご主人のJaumeさん共に、おだやかさと知性を持ったすてきなお二人。
短い時間でしたが、楽しいひとときを共有させていただきました。


実は、浅倉さんが薦めてくれたのは、このプラクティクの姉妹ホテルのザ・プラクティクのほうでした。こちらもオシャレで、もうちょっとカジュアルなタイプ。ゲストも若い人たちが多いようです。

間違って、ランブラのほうを予約していたにもかかわらず、わたしは空港からタクシーで、ザ・プラクティクのほうに行ってしまいました。
レセプションで、予約のフォームを見せると、
「名前がないんだけれど」とスタッフに言われる。

「また、トラブル。。。」
と思っていると、彼はどこかに電話をする。
そして、「ミス・テラダ、あなたが予約をしたのはもうひとつのほうだよ」と言う。
彼が示す地図を見ると、ランブラまでは4ブロックほど。
時間は夜の8時頃だけれど、クリスマス前なので人通りも多く、にぎわっている。

ということで、小さなキャリーケースをころがして歩き出す。

いつもよりもスーツケースが重いのは、浅倉さんへのサプライズ・クリスマスギフトとして、
週刊誌、雑誌、新書、それにお菓子、佃煮、お茶などが入っていたから。
さらに、極めつけは元アシスタントの実家から送られてきた精米したての新米。
かつて、海外で暮らしていたこともあり、外国にいるとどんなものが食べたくなるかよくわかるので、「美味しい新米、食べてもらわなきゃ!」とばかりに、大事にスーツケースに入れて持参したもの。

それが、4ブロック歩いているうちに重みを増してきた(笑)。


でも、無事にホテルに到着。
新米も抹茶チョコも浅倉さんに喜んでもらえたようで、こちらも無事、目的達成。
次回は米10キロほどかついでいきますから(ウソ)。



至れり尽くせりの5つ星ホテルも大好きですが、
街の中に溶け込んだ、こういう小さなホテルも悪くありません。

旅ごとに、どこに泊まろうか。
そう、考える時はとってもシアワセなひとときなのです。
by naoko_terada | 2010-01-18 00:38 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(4)
MO バルセロナの魅力


MO バルセロナの魅力_b0053082_21570.jpg
MO バルセロナの魅力_b0053082_211499.jpg

MO(マンダリン オリエンタルの略です) バルセロナの施設です。

エントランスを入って、正面に見えるのは、オールデイダイニングのブランBlanc。
その名前のとおり、白を基調にした空間。
デザインは、やはりウルキオラ。
透け感のある意匠が印象的で、MO バルセロナのために作ったファニチャーが配された空間は、グラスルーフからの光がたっぷりと差し込み、透明感にあふれています。
前回の記事、最後の写真のルーフトップがここですね。


「彼女は、ベールをはがすようにホテルの中に入っていくような演出をしたの」
と、同行のPRの女性。
なるほど。この透明感は、そこから生まれたものなのですね。

ブランではタパスなどのスペイン料理のほかに、飲茶、ベントウボックスといったオリエンタルなメニューが。
オーガニックな食材もたっぷりと使われています。

MO バルセロナの魅力_b0053082_2224928.jpg
MO バルセロナの魅力_b0053082_222596.jpg

そして、話題となっているのが、こちらのMOメント(モーメント)。
スペインの店はミシュラン3つ星、東京の支店は2つ星を獲得した、カタルーニャ料理の名店「レストラン・サンパウ」を率いる女性シェフ、カルメ・ルスカイェーダがディレクター。料理を手がけるのは、彼女の息子のラウル・バラム氏。
今回は残念ながら、料理をいただく時間がなかったのですが、
ちょうど、旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラヴェラー」の取材が入っていて、料理撮影をしていたので、見せていただく。
カメラマン氏と挨拶をして、「東京のMOもステキだからぜひ、来てね。4月頃来れば桜の花見もできるから」とセールス(笑)。
海外にいるときは、機会があれば、こうして日本の魅力をメディアにアピールします。
でも、彼らのほうから「日本に行きたい!」と言われることのほうが多い。
欧州で日本の人気が高いことを実感します。

店内はスタイリッシュでエレガントな雰囲気。
最近、一流レストランには必ずといっていいほど備わる「シェフズ・テーブル」もあります。

MO バルセロナの魅力_b0053082_222098.jpg
MO バルセロナの魅力_b0053082_2221045.jpg

ガラリとムードを変えて、マ二ッシュな端正さを持つのは、バンカーズ・バー。
MO マンダリンがあるクラシックな建物は、かつて銀行だったもの。
このバンカーズ・バーには当時、使用されていた貸し金庫がインテリアとして活かされています。
コンセプトはジェントルメンズ・クラブ。
夜にはライブも入り、大人なナイトライフが楽しめそうです。

MO バルセロナの魅力_b0053082_251294.jpg
MO バルセロナの魅力_b0053082_25113100.jpg

ダイニングのほかには、「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・バルセロナ」が。
1000㎡の広さを持ち、カップルズ・スイートに、ヴァイタリティープール、タイマッサージ用ベッドを備えたオリエンタル・スイートなどトリートメントルームは全8室。さらに、ヒート&ウォーター施設、屋内プールとフィットネス施設を完備。
スパメニューは、タイムリチュアルなどMO東京でも人気のシグネチャートリートメントに加え、シトラスフルーツのエキスを使用する「リラクシングオレンジリチュアル」、セージ、フレッシュミント、オリーブオイルといった、地元ならではの素材を使った「バルセロナスプリング」などのオリジナルトリートメントも用意。
オリエンタルな空間は、バルセロナの中心にあるとは思えないよう。
ゲストがいたのでスパの写真は遠慮したので、ぜひ、現地で体験してみてください。

あ、フィットネスのスモウレスラーのインテリアがユニークですね。
笑っちゃいました。

MO バルセロナの魅力_b0053082_363823.jpg

ホテル視察を終えて、外を見るともう、夜。
このときは、クリスマスのイルミネーションがグラシア通りをきらめかせていました。

バルセロナを満喫するのに、最適なロケーションでもある、MO バルセロナ。
2010年3月31日までは2連泊分すると、3泊目が無料になるオープニング・プロモーションがあり、よりお得に滞在できるチャンスです!
by naoko_terada | 2010-01-14 01:40 | ホテル&リゾート | Trackback(1) | Comments(6)
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ


ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2216789.jpg

昨年12月に行ったスペイン・バルセロナ。

いくつか目的があったのですが、そのひとつが、こちら。
12月にジャスト、オープンのマンダリン オリエンタル バルセロナ

デザインは、スペイン出身のパトリシア・ウルキオラ。
女性らしい柔らかさと、洗練されたスタイルで、日本でも人気の高いデザイナーですが、
そんな彼女とマンダリン オリエンタルのコラボレーション。
気になるところです。

上の画像が、わたしの泊まった客室。
最もスタンダードな「デラックス」と呼ばれるもの。
32㎡と、ちょっと狭いですが、ホワイトを基調にした雰囲気はウルキオラらしい。
女性が好みそうな愛らしさがあります。

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_23145615.jpg

バスルームはオープンスタイルで、シャワーオンリー。
シャワーのみというのがヨーロッパらしいですね。
ちょっとわかりずらいですが、この奥にレインシャワーがあります。
水量はヨーロッパとしてはタップリ出て文句なし。水圧もOKです。
そして見えないけれど、左の奥にトイレという配置。

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2315551.jpg
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_23151783.jpg

モダンだけれど柔らかいフォルムが、ウルキオラらしいシンク。
ちゃんと計算されているのでしょう。
水はねもせず、使い心地は悪くありません。
アメニティはアロマセラピー アソシエイツ。

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2332684.jpg
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_23323230.jpg
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_23324224.jpg
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2332535.jpg

ベッドルームの横には機能的に収納されたミニバーとグラス類。
ディレクトリーなどもセンスよく配置されています。
また、スリッパもスモールとラージがあるなど、細やかな心づかいがマンダリンらしい。
カードキーのオリエンタルさ、色使いも、スペインでは新鮮です。

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_23411098.jpg

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2350836.jpg

「デラックス」は、女性のおひとりさまステイにちょうどいいサイズ。
カップルや女性同士には、ちょっと狭い。
その場合は、こちらの「デラックス ブルバード」がいいでしょう。
なんといってもバスルームがたっぷり、広々。
やはり、日本人はバスタブが欲しいですものね。

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2352386.jpg
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_23525123.jpg
ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_2353050.jpg

さらに、この部屋の特徴がバスルームの奥に続く、テラス。
バルセロナのメインストリートのひとつ、グラシア通りに面しているので、
ガウディのカーサ・バトリョや、周辺のモダニスト建築の建物を一望。
バルセロナらしさを、たっぷりと満喫できます。

ウルキオラ・イズムたっぷり、マンダリン オリエンタル バルセロナ_b0053082_003821.jpg

ちなみに、客室はグラシア通りに面したタイプと、
逆側、「ガーデンビュー」のタイプがあり、ガーデンからの眺めはこんな感じ。
下に見えるのはプールではなく、ガラス貼りのルーフトップ。
周囲のグリーンのスペースは「ミモザ・ガーデン」と称して、夏、テラス&バーとして利用するそう。
その先には、ローカルなアパートが連なり、
「こんなに見えちゃっていいの?」とゲストのこちらがとまどいそうなほど、
オープンなローカルの暮らしぶりがしっかり観察できます(笑)。



ゲストルームはこんな感じ。

次はダイニングをご紹介しましょう。
by naoko_terada | 2010-01-12 22:02 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(2)
成田~ヒースロー~バルセロナ


成田~ヒースロー~バルセロナ_b0053082_19384586.jpg

ロンドン・ヒースロー空港、ターミナル3の回転ずし「Yo!Sushi」。
食べていらっしゃるお方は、エリザベス女王です。

成田~ヒースロー~バルセロナ_b0053082_19405049.jpg

ウソです。
そんなことがあるわけありません。

ひと皿5ポンド近いスシ。
かなりの人気でにぎわっています。

でも、スタイルは真似ても、迅速で的確にお皿を計算して支払いをさせる、
日本のオペレーションまでは真似ることはできないようで。
せっかくクイックミールを食べたのに、レジで並んじゃってます。

ロンドンでのトランジット後、バルセロナへ。
ここへは6、7年ぶりです。
懐かしい。

今回はわずか4泊ですが、毎日、異なるホテルへ。
手頃なタイプから最新ラグジュアリーまで。
忙しいけれど、刺激的です。


前回、お話したように今回もJALを利用。
このブログを見てくださっているスタッフの方もいらっしゃるようで、
成田のカウンターで、そして機内で。
「暖かいお言葉、ありがとうございました。応援してくださる乗客のみなさまのためにがんばります」
と挨拶に来てくださるアテンダントのみなさん。

カウンターのグランドスタッフの方からは、手書きのメッセージをいただきました。


「今後もお客様に喜んでいただけるよう精一杯努めてまいりたいと思います」
「お客様一人一人の支えが今のJALの支えであると実感しています」
「ご利用いただいているお客様ひとりひとりに感謝しながら現場も頑張ります」

これらのメッセージの最初には、まず、お詫びの言葉があります。
そんな渦中で、誠意をこめてサービスを行うことの大切さ、大変さがにじみでています。

このメッセージはパスポートケースに入れて、
これからずっと、旅へと持っていきたいと思っています。


ただいまバルセロナは昼の12時。
そろそろチェックアウトです。

今、眺めているのはこんなビュー。
新しいバルセロナのホテルライフがここにあります。

成田~ヒースロー~バルセロナ_b0053082_2051342.jpg


遠くにはサグラダ・ファミリアの姿が。
バルセロナ。
やはり、美しい街です。

成田~ヒースロー~バルセロナ_b0053082_208250.jpg

by naoko_terada | 2009-12-07 20:11 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム