ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:バリ島 ( 22 ) タグの人気記事
バリ島、ファミリー向きのお薦めヴィラ
ブロガ−のbebeサンからご質問をいただいたので、
今回はファミリー向けの2ベッドルームのヴィラをご紹介します。
リゾートホテルでのトリプルは確かにリーズナブルですが、やっぱり狭い。
といって2部屋を利用するのも、あんまり。

という時に最近、増えてきたヴィラをぜひ。
トリプルよりは高いですが2部屋予約するよりはやや安い。
何よりも、広いリビングルームに専用プール、そして朝食はスタッフがヴィラにあるキッチンに作りに来てくれるという別荘のような贅沢な空間とサービス。
絶対、一度は体験していただきたいバリ島ならではの楽しみ方です。

まずは、ヌサドゥアを望む丘の上にできたばかりのザ・ヒル・ヴィラ
私もバリのヴィラはいろいろ見てきましたがこのロケーションは初めて。
下記の写真はデラックス3ベッドルームですが、2ベッドルームも同等のロケーションと雰囲気。ルンブンと呼ばれるバリの米蔵をイメージしたヴィラがユニークです。

b0053082_1172847.jpg
b0053082_1175392.jpg
b0053082_118850.jpg


そして次は、最近人気が出てきたスミニャックのヴィラ・アイル・バリ
ビーチからはかなり奥まった田んぼの中にありますが、無料インターネット、DVDプレーヤー、衛星放送も入る大形テレビなどスタンダードの高さはダントツ!
さらに無料アフタヌーンティーサービスや、45分間という驚きの長さのウェルカムフットマッサージなども。
ベッドルームの写真はハネムーン向けのフラワーデコレーションです。
これもとってもロマンチックですよ。
朝食は写真のようにスタッフがヴィラまで運んできて作ってくれます。
もちろん笑顔のサービス付きで。
b0053082_136555.jpg
b0053082_1371265.jpg
b0053082_1372195.jpg


ご両親などご年輩の方が同行なら、こちら。マヤ・サヤン
オーナーが日本人ということで、バリでは珍しく網戸があったり、ベッドがハリウッドツイン仕様などヴィラの設備にも細やかな心配りが。朝食に和食が選べるのもここの特徴。隣接してカフェがあり、カレーなど嬉しい和食ランチを食べることもできます。オーナーの愛犬クンたちもとてもフレンドリーにお出迎えしてくれますよ。
b0053082_1545499.jpg
b0053082_155554.jpg
b0053082_1551490.jpg

b0053082_1564913.jpg


宿泊料金は上記のクラスで2ベッドルームがUS$350〜500というのが相場。
なお、正規料金よりも格安な料金を提供する現地の旅行会社を使うのがバリ島での鉄則。
お得なパッケージを用意している時期もあります。
私のお薦めは、バリ・ツアーズさん。
いつも取材のコーディネートをお願いする頼りになる旅行会社です。
上記のリゾートもお得なプランがあるみたいですよ。

どうでしょう。
バリ島に、行きたくなったのでは?
アジアのリゾートはいろいろありますが、このプール付き、キッチン付きのヴィラがこれほど充実するのはバリ島だけ。

ぜひ、今年の夏休みはファミリーでバリ島へ!
by naoko_terada | 2007-05-18 02:23 | ホテル&リゾート | Trackback(2) | Comments(14)
初公開!バリ島、最新リゾート
b0053082_18523643.jpg
b0053082_18533376.jpg
b0053082_18535777.jpg

ご無沙汰してます。

さて、今回はさきほどバリ島から到着したての、最新画像をご紹介。
リゾート好きの方なら、もうご存知。
バリ島を代表するデザイン系ホテル、ザ・バレThe Baleに新しくデラックス・シングル・パビリオンが完成しました。
滞在された方ならおわかりでしょうが、基本的な雰囲気は従来のパビリオンと同様。
ただ、今までのシングル・パビリオンが240㎡だったものが、
新しいものは350〜400㎡とかなり広め。
全体の80パーセントにガラスを使用するため、
明るく透明感のある空間になっているそうです。

この画像、ご紹介するのはこのブログが初めて。
なにしろ昨日、写真がリゾートに届いたばかり、ということ。
ザ・バレのホームページにもまだ出ていません。
いつも訪れるたびに、温かく迎えてくれるマーケティングのM嬢が、
「早く見ていただきたくて、一番に送ります〜」とメールをくれました。

こうやって心にとめてもらえることは、本当に嬉しいもの。

ザ・バレを見ると、リゾートがどうやって成熟していくのかがわかります。

2001年にザ・バレがオープンした頃は、バリ島のデザイン系ホテルはまだ少数。
あまりにもミニマルで斬新なデザイン性に、正直、「長く続くかしらん」
と思ったものでした。
でも、毎年のように訪れる度に、ザ・バレはスタイリッシュさを守りながらも、
少しづつおだやかな空気を身に付け、心落ち着けるリゾートへと変わっていきました。

その大きな理由は、スタッフにあると感じています。

ザ・バレには長く働いている人たちが多い。
そのため、リゾートやゲストに対する愛情がとても深い。
少しでも報酬がいいと、さっさと辞める人間が多いバリ島ではとても貴重。
そして、GMもまた、彼らのことをファミリーとしてケアする良きリーダーです。

宿泊は6月1日からとのことで、お値段はUS$700とのこと(!)。
スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドにも加盟しているので、こちらからも予約が可能。
GMいわく「バリで初めて、予告期限より早く建築を終わらせたホテルをめざす」そう(笑)。
インドネシアらしくて、おかしい。

期待しましょう。
by naoko_terada | 2007-02-23 20:03 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(9)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム