ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:ニュピ ( 2 ) タグの人気記事
静寂の中、万物に感謝する。バリ島で最も聖なる一日「ニュピ」
b0053082_1822192.jpg

今日はニュピ。
バリ島における「新年」にあたります。

この日は静寂の一日。
誰も一歩も外に出ることなく、電気も火も使わず室内で静かに瞑想し、心と体を浄化します。
すべての店は閉まり、道路には車やバイクはもちろん、誰の姿もない。
すごいと思うのは、なんと空港も閉鎖され、飛行機もこの日は発着しないこと。
まさに「神々の島」バリ島ならでは。
神(宗教)と共に生きる島ゆえのとても大切な聖なる儀式です。

一歩も外に出ないのはバリニーズだけでなく、観光客も同じ。
ニュピの日はリゾートの中で過ごすことが義務づけられています。
本来はホテルやリゾートもクローズしなければならないのですが、滞在する観光客のため一部の設備などは営業。道路やビーチに面したレストランやバーは使えません。


数年前、まさにこのニュピをウブドで過ごしました。
一日中、リゾート内にいなければならないのは想定内なので、ちょっと奮発してプール付きのヴィラを予約。食事は通常のオープンエアのレストランではなく、一番奥にあるスペースが臨時のダイニングになっていました。

ニュピは新月の日が選ばれます。
すべてのものごとの始まりとされる新月こそ新年にふさわしいもの。

通常であればバイクの音、音楽、子供たちの声などが聞こえてくるウブドも静寂に包まれます。
涼やかに流れていた庭園の噴水も止まり、すべてが時間が止まったようにみえる。

しんと静かな空間では、木々のシルエットがいつもより鮮やかに映り、太陽のきらめきもどこか神々しい。
小鳥の声、風にそよぐヤシの木の葉ずれだけがいつになく耳に響きます。

圧巻は夜になってからでした。

観光客はリゾートの外にでないかぎり、敷地内に出ることは許されます。

夕食をとりに臨時のダイニングに向かう途中、
いつもなら足元をてらす庭の照明もなく、漆黒の闇が広がるだけ。
光があることがあたりまえだと思っていることがどれほど無神経でおごりであることか。
ニュピはそんなささやかだけれど、とても大切なことを教えてくれます。

今日のニュピも、いつもと同じように静寂がバリ島を包んでいるはず。

万物に感謝し、平和でいられることを願う。
そんな夜が訪れるはずです。
by naoko_terada | 2014-03-31 18:25 | トラベル | Trackback | Comments(0)
明日はオゴオゴ、そしてニュピ!


↑上のタイトルを見て、「あ!今、バリなのね」と、思う方はバリ通ですね。

そのとおり、今週はバリ島にいます。

今回は新旧のリゾートを中心に取材をしていますが、
あさって16日はバリの新年にあたるニュピ。
今回はその体験も楽しみのひとつに。

ニュピは、サイレント・デイともいわれ、新月の翌日にあたり、
バリ・ヒンドゥーのなかでも最も神聖で大切な日。



・火を使ってはならない

・仕事をしてはならない

・感情をあらわしてはならない

・外出してはならない

という4つのことをニュピの日は終日、守らなければなりません。


そのため、バリにいるすべての人は家で静かに過ごします。
いつもは交通渋滞の街、道路にも車一台なく、人の姿もありません。
もちろんすべてのレストラン、ショップもクローズ。
なんと空港も閉鎖で、飛行機も飛びません。

ニュピにあたり、バリにいる観光客もホテル内で過ごすことになります。
当然、観光や移動はNG。
オンザビーチのバーなどは休業ですがリゾート内のレストランは最低限の営業が許され、スタッフもいつも通りにゲストサービスを行います。
リゾートから一歩も出られませんが、バリニーズと共に静寂なる一日を過ごすことは非常に貴重な体験になるはずです。


そして、ニュピの前日がオゴオゴ。

静かなニュピとはガラリと異なり、この日は各村ごとに作る巨大な張り子を争うようにかついで練り歩くバリきってのエキサイティングなお祭りの一日。
開始は夕方あたりからで、
ちょっと青森のねぶた祭りのような雰囲気ですね。
すでに街を通るたびに鬼やガルーダなどをかたどった巨大なオゴオゴが飾られているのが目につきます。

b0053082_22592725.jpg
b0053082_22594834.jpg

昨日は、ニュピの3日前に行われるムラスティと呼ばれる儀式があり、
それと同時に、トゥンパ・ランダップという儀式の日でもありました。

ムラスティは寺院にある聖なる品を海に持っていき、清める儀式。
トゥンパ・ランダップは、車やバイクなど鉄製品に感謝をささげる儀式。鉄の一種なのか、コンピュータなども含まれます。

昨日は行き交う車やバイクにお祈りのしるしの飾りが施されていました。
わたしもせっかくなので、いつも使用するカメラ、三脚、パソコンをお清め。


明日のオゴオゴ、そしてニュピは取材にならないので、ビーチエリアからウブドへ移動。
そこで、見学し、静かに過ごす予定です。


本当は仕事はしてはいけないニュピですが、そこはちょっと許していただき、
日本から抱えてきた仕事をリゾートで静かにこなしていきましょう。


今年のオゴオゴはかなりハデな様子。

いよいよ明日です。

楽しみ!
by naoko_terada | 2010-03-14 23:17 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム