ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:セント レジス ( 1 ) タグの人気記事
セント レジス バリ リゾート、グランドオープニングへ


b0053082_13561.jpg

きっかけは、このe-メイル・インビテーションから始まりました。


昨年、オープンしたバリ島のセント レジス バリ リゾート
実は、そのときはソフトオープンでした。
そして、待望のグランドオープニングが、先週の2月28日。

本当に嬉しいことに、
アジア各国からの招待メディアのひとりとして、
グランドオープニングのパーティへのお誘いを受けたわけです。


それは、もう行くしかないでしょ!


ということで日程を調整し、2泊4日でバリ島へ。


今回のオープニングパーティのテーマは、
Grand Opening with a Night of Diamonds and Pearls。

ドレスコードは、リゾート・シック ウィズ・ア・タッチ・オブ・ダイアモンズ・アンド・パールズ。

わお!
名門セント レジスらしいエレガントさです。


肌をたっぷりと見せるサマードレスは若いお嬢様がたにまかせるとして、
わたしが選んだのはこれ。

b0053082_113375.jpg


深いダークブラウンのシルクのトップに、母親のものだったロングのパールネックレス。
ダイヤモンドは残念ながら、忘れました(笑)。



セント レジスは、1904年、
ニューヨークの5番街にジョン・ジェイコブ・アスターによって誕生。
以後、ニューヨークを代表する最高級ホテルとしての名声を高めていきます。
アスター氏がすごかったのは、当時として最先端の
ラグジュアリーを求めたこと。
セントラルヒーティング、各ゲストルームに配された電話など。
ホテルとしては初の設備を整えました。


そして、ホテルはニューヨークのハイソサエティの舞台に。

その中でもひときわ、輝いていたのが、
アスター氏の夫人、キャロライン・アスター。
彼女がこよなく愛していたのが、ダイヤモンドとユリの花でした。


なので、ロビーやゲストルームにはバリ島では珍しくカサブランカが。
そして、ご存知でしたか?
セント レジスのロゴには、
ダイヤモンドを象徴するキラリと輝くダイヤ柄が隠されていることを。

b0053082_1463977.jpg

b0053082_148394.jpg


もうひとつセント レジスの歴史として語られること。

それは、カクテルのブラディ・メアリー発祥の場所であること。
世界中に点在するセント レジスでは、
それぞれのホテルのオリジナルのブラディ・メアリーが用意されています。

バリ島は、バリ・メアリー。

ブラウンシュガー、アブソルート・ペッパー、それにキュウリ、ヒカマと呼ばれる南米産の野菜をつぶしたものを入れてシェイクします。

お味はややスパイシーで、とろみが強い。


パーティの翌日には、
今回のゲスト、ジェイミー・カラム君のカクテル・メイキング・セッションも。
女性たちの熱い視線を一身に受けていました(笑)。

b0053082_201686.jpg




1912年、ジョン・ジェイコブ・アスターは歴史的なタイタニック号に乗船し、亡くなります。

彼の理想は、すべてのセント レジスのホテル、リゾートに受け継がれています。
来年、2010年にはホテルファンが待ち望む、
セント レジス ホテル 大阪も誕生。
厳しい経済状況の中ですが、
開業にむけて、計画通りにスケジュールを進めているそう。
本当に楽しみです。



でもまずは、バリ島でどうぞ、セント レジスのエレガントを体験してみてください。
by naoko_terada | 2009-03-04 00:04 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(4)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム