ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:シンガポール ( 7 ) タグの人気記事
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23393182.jpg

やや放置プレーにしてしまいましたが、つづき。最後です。

今回はラウンジアクセスを頂戴しました。
あまり活用できませんでしたが、これがなかなか。
エントランスの雰囲気、すぐ横がジムとプール。
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23454628.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23455540.jpg

中は変則的な空間ですが、奥行きがありまずますの広さ。
そして、フード&ドリンクプレゼンテーションがかなりの充実。インド系かスリランカ系と思われるスタッフがてきぱきと采配。
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23511619.jpg

窓の外にはプールが広がり、リゾート感たっぷりです。
たとえば子供たちが泳いで遊んでいるのをラウンジから見守ることもできます。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_2350443.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23505384.jpg

ラウンジで一杯だけワインをいただき、広報の方とロビーで待ち合わせ。館内を見せてもらいます。こちらはスポーツバーbar'75 。1970年代のポップアートがテーマとのこと。カジュアルに軽く飲むには最適です。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23532172.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23533396.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23534287.jpg

そしてオールデイダイニングのアズールAzur。朝、ランチ、ディナーとインターナショナルなブッフェが充実。シンガポールという場所柄、チキンライスといった名物も登場、バリエーション豊かです。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_23595449.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在③_b0053082_00487.jpg

そして、エアポート空港ならではのサービスがBreakfast to Go. 事前予約でテイクアウトスタイルの朝食をフロントで受け取れるというもの。早朝、出発する際などチェックアウトと同時にピックアップ。移動中に食べられるというもの。コーヒー、ジュース、フルーツ、デニッシュ、サンドイッチなど内容も選べます。忙しいビジネスマンはもちろんお子さん連れにもいいかもしれません。

2015年ワールド・ベスト・エアポート・ホテル・アワードを受賞した、クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール。今までご紹介した施設&サービスの充実度ももちろんですが、評価の高さの理由のひとつにサスティナブルな取り組みがあります。

インターコンチネンタルホテルグループは独自にIHG Green Engage™ システムを各ホテルに課しています。以下、サイトから抜粋。

IHGにとって環境への配慮はとても大切なことお客様にとっても、ホテルを運営する側の私たちにとっても非常に重要な要素です。環境意識の高いお客様には、せひ同じ価値観を共有するホテルにご滞在いただきたい。そんな願いのもと、IHGでは環境保全をサポートするシステムを導入しました。 それがIHG Green Engage™ システム。ホテルによる環境保全の取り組みをオンラインで一元管理する画期的なシステムです。このシステムを導入すれば、各ホテルが環境に与える影響を個々に測定し、管理できるようになります。 このシステムでは、電力消費量、水の資料量、廃棄物の排出量を削減し、環境に与える影響を低減するための「グリーンソリューション」を200以上提供しています。各ホテルがその中から好きなソリューションを選択して導入できます。

IHG Green Engage™ システムでは、各ホテルの達成目標となる4段階の認証レベルを設けています。レベル3以上を達成すれば、エネルギー消費量を最大25%削減できます。

IHGでは、全ホテルにレベル1を満たすことを求めています。


クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポールでもヘッドシャワーを節水仕様に全室代えたことで、水道使用量を削減。また、食べ物のゴミを最小限に抑えたり、リサイクルを徹底するなど積極的にエコ活動を行っています。
さらに、客室で使い残った石けんをリサイクルして新しい石けんにリメイクするプログラムでは、家庭に事情のある地元の女性たちを雇用。彼女たちがスキルを身につけることを指導しています。

スタッフのためにはベッドメイキングをラクにするために、持ち上げる工夫をベッドに用いるなど雇用者の利便性、働く環境にも取り組んでいるとうかがいました。

ここに限らずゲストが見えない部分でもより、地元に貢献し、地球環境に配慮するのもホテルの義務。それを前向きに行っていることにホテル企業としての建設的な姿勢を感じます。

次回は今回、泊まれなかった空港ランウェイ側を狙って。
また、泊まりにいこうと思っています。
by naoko_terada | 2016-04-29 23:35 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②


クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12474493.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポートの客室はエアポートホテルという性質上、ツインかダブルかなどの違いはありますが、基本はデラックスルームとスイートルームというきわめてシンプルなカテゴライズ。
大きく異なるのが、エアポート側か眼下にプールをのぞむ内側かということ。

ここで、痛恨のきわみ。
当然、エアポート側をリクエストしていたのですが、な、なんと満室。最近は特に「空港側」を指定するゲストが多いそう。エアライン好きが増殖中なの?ああ、残念すぎます。。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12533634.jpg

それでも気を取り直して、お部屋のチェックです。入口手前にラゲージを置くスペース。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12551698.jpg

気に入ったのはテレビの下に設けられたシームレスなスペース。スーツケースはもちろん、手持ちのバックなどを置くのに便利でした。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12563951.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12564617.jpg

備品の収納もよく考えられています。しまえばスッキリ見えません。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12572499.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_12573242.jpg

バスルームはかなり大胆なデザイン。スイートも含め全室このモチーフが用いられています。女性好みのようにも思えますが、ビジネスマンの男性のみなさんはどうでしょう。ガラスウォールはロールスクリーンが降りるようになっています。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在②_b0053082_1323227.jpg

窓からはプールとヤシの木。トロピカルなムードです。もちろん、これもステキな景色なのですが、やっぱり飛行機が発着するのが見たかった。。これはリベンジするしかないですね。


次はクラブラウンジなどその他のサービスをご紹介です。
by naoko_terada | 2016-02-14 23:59 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①


クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12112927.jpg

サムイから日本へ。
今回はシンガポール経由でしたが、これが予想以上に快適でした。

現在、日本からサムイへの直行便がないので通常だとバンコク経由を選ぶと思います。
ただ、そうするとバンコクで入国をしなくてはならず、これが結構、こんだりするのです。なにしろタイ全土へ移動する人たちがこの入国審査ブースにいっきに集中するのですから。以前はまったく列が進まず搭乗時間ぎりぎりだった経験もあります。

それがシンガポールからだと出入国はいずれもサムイで。サムイ島で降りる人たちだけなのでかなーりスムース。シンガポール航空ならシンガポール~サムイ間も姉妹エアラインのシルクエアーを利用すれば荷物もスルーでいきます。

もうひとつシンガポール経由にした理由が、ホテル。
クラウン プラザ チャンギ エアポート宿泊が今回のもうひとつの目的です。スカイトラックス2015年ワールド・ベスト・エアポート・ホテルに選ばれたホテル。以前から泊まりたかったのです。

まずはチャンギ空港のターミナル3(T3)をめざします。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12251226.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12253123.jpg

クラウン プラザ チャンギ エアポートはT3に直結。T3方面への長い連絡通路で進みます。ホテル名も出ているので簡単です。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12293478.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12295039.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12315171.jpg

連絡通路を抜けると正面にエレベータがあります。ホテル名を示す案内がないですが、これで1階へ。
ちなみに周辺にはファーストフードやカジュアルウェアの店舗などがゆる~く営業。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12343670.jpg

1階で降りると左側にホテルへのエントランスがあります。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12352872.jpg

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12355082.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12362630.jpg

近未来的なエントランスを歩いていくと、レセプションフロアに出ます。待ち合わせのためのソファも多く広いです。さすが眠らないチャンギ空港のエアポートホテル、24時間いそがしそう。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12382336.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12383479.jpg
クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_12384844.jpg

ユニークなのはソファがパパイヤやスイカなどのトロピカルフルーツをイメージしているところ。シンガポールらしいですね。かわいい。フライト発着案内も完備です。

クラウンプラザ チャンギエアポート・シンガポール滞在①_b0053082_124099.jpg

チェックインをして客室フロアへ。廊下はオープンエア。ちらりちらりと飛行機やターミナルを結ぶスカイトレインが見えます。エアライアン好きにはたまりません。


次はお部屋を紹介しましょう。
by naoko_terada | 2016-02-10 00:00 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_20495114.jpg

2月にシンガポール発着の3泊4日のクルーズに乗ってきたときの記事をはじめます。大型客船はひさしぶりだったのですが、とーーーっても楽しかったのでご報告します。

今回の乗船はプリンセスクルーズの所有するサファイアプリンセスで。乗客定員2670名、11万5875トンの美人さんです。シンガポールを出てマラッカ海峡を北上、マレーシアのペナン、ポートケランに寄港。再びシンガポールに戻ってくるというお気軽なもの。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_2055839.jpg

シンガポールの乗り場はマリーナベイ・クルーズセンター。行きは不安だったのでタクシーを使いましたが、歩いてすぐのところに地下鉄MRTマリーナサウスピア駅ができたのでそれを使ってもいいでしょう。チェックインカウンターはこんな感じ。大型船なので乗客をさばくのに時間がかかるかな、と思っていたのですが驚くほどにスムースであっという間に完了。さすが、手慣れたものでした。また、キャリーケースのような小さな荷物ならポーターに預けず、自分で運んでもいいようなのでそうすれば荷物が届くのを待つ必要もありません。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_20592165.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_20583314.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_20584692.jpg

今回、頂戴したお部屋は海側バルコニー。出航前、バルコニーからマリーナサンズがよく見えました。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_2122373.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_2123461.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_2124656.jpg

ベッドルーム以外はこんな感じ。バスタブはなしですが3泊4日なのでまったく気になりません。クローゼットも広いけれど今回はショートクルーズ。ガラディナーもないので小さなキャリーケースのみ。荷物整理もあっという間に終了。2週間超え、フォーマルばっちりなクルーズと違い(そういうのも楽しいのですが)、この身軽さがラクちんでうれしい。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_1010396.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_217562.jpg

初日、出航は16:00。ペナンへと向かいます。このクルーズの特徴はマレー半島とインドネシア・スマトラ島にはさまれたマラッカ海峡を航行する点にあります。それが何を指すかというと、「ほとんど揺れない」ということ。大きく揺れることもある外洋と異なり、まるでリバークルーズのよう。船酔いを心配される方、ものすごく揺れるのではないかと思われる方には安心して乗れるコースだと思いました。アジアの貿易に欠かせない場所だけに数多くのタンカー、コンテナ船が行き交うのを見ることもできます。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21183625.jpg

出航後、船内探索。14デッキのプールはインドア。ジャクジーもあり全天候型で楽しめます。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21381080.jpg

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21235365.jpg

そしてこれがプリンセスクルーズの大人気施設、ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ。15デッキにある屋外シアターです。さまざまなジャンルの映画を上映、もちろん無料。これがめちゃくちゃ楽しい。昼間は水着で、夜は涼しくなるとブランケットをスタッフが貸してくれるのでそれにくるまりながら名作を鑑賞。満天の星空の下、心地よい潮風に吹かれてまどろみながら。なんとも贅沢な時間でした。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_2129828.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21292445.jpg
プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21293635.jpg

スパ、オーセンティックなバーラウンジ、毎日エンターテイメントが行われるシアター、カジノなどがあります。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21412054.jpg

吹き抜けの空間ではライブやショーなども。最後の夜にはここで盛大にバルーンパーティが開催されるとのこと。

プリンセスクルーズ「サファイアプリンセス」でシンガポール&マレーシアお気軽4daysクルーズ Vol.1_b0053082_21425844.jpg

こんな感じで初日はあくせくしないで、のんびりと船内をめぐって終了。
さー、そろそろディナーの時間です。
by naoko_terada | 2015-04-06 07:00 | トラベル | Trackback | Comments(0)
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」

先週は4日間のマラッカ海峡のショートクルーズの取材をしていました。
まずは発着地となるシンガポールへ。
前泊が必要だったので、気になっていた新しいホテルに泊まれるようにお願いしました。それが、昨年9月にオープンした「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」
「ホテル ジェン」はアジアを代表する高級ホテルブランド、「シャングリ・ラ」の新ブランド。既存の「トレーダース」というブランドを今後、「ジェン」に刷新していく計画です。

コンセプトは、シームレスな次世代ホテル。
今までの堅苦しいホテルサービスではなく、インタラクティブなハイテクを使い、ホテルとゲスト、ゲスト同士などのコミュニケーションを自由に、クリエイティブにつなげているのがポイント。最近、主要ホテルブランドが積極的に増やしている次世代の若いマーケット、トラベラーたちに向けたホテルスタイルです。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_17402831.jpg

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_180483.jpg

「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」があるのは、名前のとおりオーチャード・ロード。シンガポールきってのショッピングストリートの中心です。
特徴は最新ショッピングコンプレックス「オーチャードゲートウェイ」に直結していること。両隣の既存のショッピングゾーン、「313@サマセット」、「オーチャードセントラル」ともつながっています。地階はMRTサマセット駅。実にみごとにアクセス&観光に最適なロケーションです。

グランドフロアの車寄せからフロントのある10階へ一気に。
オレンジやイエロー、グリーンなどビタミンカラーをさし色にカジュアルで、ちょっとファンキー。次世代ホテルの特徴です。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1811240.jpg

コンシェルジュデスクにあったのは、モバイル機器の充電ステーション。ここ以外にもプールサイドなどに配置。いつでもつながっていたい世代に不可欠なツールですね。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1842633.jpg

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1843721.jpg

私が滞在したのは一番下のカテゴリーのスーペリア。二人だとちょっと狭いけれど、おひとり滞在なら問題なし。バスタブなしのシャワーオンリーですが1泊なのでこれもOK。シャワーの水圧はバッチリ。窓からの眺めはシティビュー。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1810471.jpg
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_18101325.jpg

アメニティはシンプルかつ過不足なし。ホテルディレクトリーはインターネットTVで。ペーパーレスなのも次世代ホテルならでは。コーヒー&ティーセット、冷蔵庫は備わっていますが無料のミネラルウォーターのみでミニバーはなし。代わりに各フロアのエレベータ脇にドリンク、スナック類の自動販売機があります。地下のサマセット駅改札にコンビニもあるのでビールなどはここで調達。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_18195857.jpg
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_182096.jpg

ホテルの施設で特筆したいのは、19階にあるルーフトップのスイミングプール。この写真を見て「あれ?」と思う方もいるかも。そうです、独創的なマリーナベイサンズの展望プールにそっくり。しかも、遠くにそのマリーナベイサンズが見えます。ジェンのほうがずっと小規模ですが、これはこれでなかなか解放感があります。バーもあり、ここでもi-phone片手に日光浴するゲストたちが多い。そうそう、ゲストサービスのひとつとして、滞在中、2500種類の新聞、雑誌が読めるPressReaderアプリへの無料アクセスがあります。客室に朝刊を届ける代わりとなるもので、これも革新的。もちろんwi-fiは無料です。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_18255249.jpg

同じく19階には「クラブラウンジ」があります。
クラブ利用者は朝食ブッフェ、ドリンクサービス、ランドリーサービスなどの特典が。そして17:30~19:30はイブニングカクテルタイム。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_18335776.jpg

ゲストがいらっしゃったので写真は撮りませんでしたが、ワインのほかにビール、スピリッツ類。おつまみは春巻き、揚げワンタンなどのチャイニーズもの、刺身、チーズ、スイーツといったところ。窓際の席からは下のショッピングセンターや、遠くにマリーナベイサンズが見えます。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_18362349.jpg
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1836363.jpg

19:30過ぎ(結局、最後までラウンジでだらだら飲んでしまった。。)、再度、プールサイドへ。ちょうど暗くなる前のマジックアワー。この時間がとても好きです。さっきまではしゃいでいたファミリーも部屋に戻ったようで、暑さもやわらぎ心地いい空間に。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_18384321.jpg

この角度からシンガポールの街並みを見るのも初めて。新鮮です。

シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1905297.jpg
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_191622.jpg
シャングリ・ラの新ブランド1号店、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」_b0053082_1911779.jpg

翌朝、朝食は10階にある「マカン@ジェン」で。マカンはマレー語で「ごはん」。
このブッフェはすごかったです。中華系のおかゆ、点心、麺類をはじめハムなどの焼き物、ハムなどのコールドカット各種、チーズ、フルーツ、ヨーグルト、アイスクリームまで。パンもデニッシュ系、パウンドケーキ、バゲットと豊富。湯気をあげる料理が並ぶステーションのシズル感はアジアの屋台を思わせ、食欲もマックスに。ファミリーも欧米の観光客やビジネスマンのみなさんもガッツリ、食べていました。

最近、ホテルの料金が高いシンガポール。客室の稼働によって料金も日々、異なりますが、「ホテル ジェン オーチャードゲートウェイ シンガポール」の場合、ルームチャージ2万円半ば~といったところ。シンガポール以外にもブリスベン、香港、マニラ、モルディブなどアジア太平洋で10軒を展開中。カジュアルに泊まれるアジア系次世代ホテルブランドとして、注目していこうと思っています。
by naoko_terada | 2015-02-12 19:39 | ホテル&リゾート | Trackback | Comments(0)
ララチッタ シンガポール最新版

ララチッタ シンガポール最新版_b0053082_2174211.jpg

今、何かと話題のシンガポール。

ということで、女子旅に最適のララチッタ シンガポール最新版が登場です。

わたしは、「旅の女子的 Key Word」という巻頭ページで、ホテルの活用法を。
さらに、「旅の女子的 Happy Advice」というところで、お薦め風水スポットを紹介しています。

シンガポールって、香港に負けないほどの風水スポットだということ、意外に知られていません。
市内には運気アップのハッピーパワーオーラたっぷりの場所が点在。
MRT(地下鉄)活用で、気軽に訪れることができるので、ぜひ参考にしてみてください。


以前、シンガポール政府観光局の日本支局長にインタビューした際、
「シンガポールは小さいことが強みなんです。
空港からの移動も少なく、短い滞在でも十分にまわって楽しむことができる。
そして、いつ来ても飽きさせないために、毎年のようにさまざまな観光施設を作り、イベントを開催していきます」とおっしゃっていました。

その言葉どおり、常に躍動するシンガポール。
観光施設も、日々、進化しているため最新のガイドブックでないと意味がありません。


女子好みのポイントをきっちり網羅したララチッタ シンガポール。

パラパラ、見ていたら行きたくなってきました。


ララチッタ シンガポール最新版_b0053082_2445931.jpg

写真は、風水スポットのひとつ、ファーイーストスクエア。

シンガポールでハッピーパワー、ゲットです!
by naoko_terada | 2012-07-04 02:49 | 掲載メディア | Trackback | Comments(0)
シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木


シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_148164.jpg
シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_149681.jpg

シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_1502798.jpg

F1史上、初のナイトレースで一躍、話題となったシンガポール。

そのシンガポールで、一番有名なホテル。
といえば、ラッフルズ・シンガポール。
白亜の姿が麗しい、アジアを代表するコロニアル・ホテルです。
サマーセット・モームが愛したホテルとして、
また、有名なカクテル「シンガポール・スリング」を生んだ場所として。
今ではシンガポールきっての観光名所でもあります。
最近はスタイリッシュなホテルが増えているアジアですが、
歴史と品格を感じさせるこういったクラシカルなホテル、
やはり、いいですねぇ。

シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_151322.jpg
シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_1512768.jpg

19世紀、スエズ運河の開通により、
多くのヨーロピアンが、夢と冒険心を秘めて熱帯のシンガポールへ。
そんな彼らの宿として、社交の場として愛されたのが、ラッフルズ。
温かいシャワーに、柔らかで清潔なベッド。
淹れたての熱い紅茶とたっぷりの朝食、
そして、バトラーたちによる最上級のもてなし。
過酷な長旅の後で、旅人を出迎えた
ラッフルズの誇り高きサービス精神は今も健在です。

シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_1524532.jpg

ラッフルズの白亜の建物の両脇には、
ひときわ特徴のある木が植えられています。
それは、「旅人の木」。
英語ではトラヴェラーズ・ツリー、あるいはトラヴェラーズ・パームと呼ばれます。
原産地はマダカスカル。
上の写真、建物の左側の背の高いヤシの木と、
プルメリアの低木のちょうど間から顔をのぞかせているのが、それ。

どうして、旅人の木と呼ばれるのか?
それは、扇のようでもあり、手のひらを広げたようでもある枝葉が
常に東西を示しているから。
旅人たちを目的の場所へと導く、コンパス代わりとなったことから、
この名前がつけられました。

シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_1554693.jpg
シンガポール、ラッフルズ・ホテルと旅人の木_b0053082_156117.jpg

そして、ラッフルズのロゴ・マークもこの、旅人の木がシンボル。
すべてのラッフルズのスタッフは、このロゴの入ったピンを身につけています。
もちろん、ラッフルズ名物のターバンを巻いたドアマンたちも、そう。

それは、大切なゲストが迷わずに帰ってこられるように。
旅人の帰る場所を、指し示すために。


そんな願いが込められています。
by naoko_terada | 2008-09-28 01:40 | トラベル | Trackback | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム