ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
タグ:ザ・リッツ・カールトン東京 ( 2 ) タグの人気記事
ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京
ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_19554410.jpg

ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_19555951.jpg

ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_19562179.jpg

ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_19563657.jpg

ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_19564942.jpg

ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_1957589.jpg

ようこそ!ザ・リッツ・カールトン東京_b0053082_19572069.jpg

2007年3月30日。

この日をずっと期待をこめて待っていました。
わたしと、そして多くのリッツ・カールトンの紳士淑女たちが。

冷たい春の雨と風の中、
8:30にテープカットが行われ、ザ・リッツ・カールトン東京が正式に開業。
新しい東京のホテルが誕生しました。

テープカットの後は、ご招待ゲストと共に45階のレセプションフロアへと。
エレベータを降りるとスタッフ全員がお出迎え。
拍手を受けつつ、奥のラウンジへと導かれます。
サ−ヴされるのは、ハウスシャンパンとなるドン・ペリニヨン。
レセプション横の壁には数億円と言われるサム・フランシスの巨大アートが。
招待ゲスト、今晩宿泊されるリッツ・カールトン・フレンズの方々。
そして国内外のメディアと、華やかさと高揚感あふれるフロア。
残念ながら外のパノラマは雨に曇って遠く富士山までは見えませんが、
コンクリートむき出しのこのフロアをヘルメットをかぶり、
作業中の工事関係者たちとすれ違いながら歩きまわった数カ月前を考えると、
本当に感無量。
ずっと取材に同行していたこれもまたホテル愛にあふれた編集のK嬢とふたり、
今までの過程を振り返りつつ、感動ひとしお。

新しいホテルはどんな高級ブランドでも未熟です。
歴史と伝統を持つホテルも、すべては一からスタートを切ります。

そんなホテルを一流へと導くのはホテル自身の絶対的な努力と、
豊かな経験と品格を持ったゲストたち。
東京のホテルが世界トップクラスになる要素は揃っています。
それを嬉しく、そして心から誇りに思います。

ザ・リッツ・カールトン東京の紳士淑女のみなさん、開業おめでとう。


ようこそ東京へ。
by naoko_terada | 2007-03-31 20:29 | TOKYO HOTEL | Trackback(1) | Comments(8)
オーストラリアの世界遺産から、東京ミッドタウンへ
オーストラリアの世界遺産から、東京ミッドタウンへ_b0053082_11274312.jpg

某女性誌の取材で、
グレートバリアリーフのリゾートから世界遺産の熱帯雨林のエコリゾートへ。
そして、ケアンズ空港のカンタスラウンジにて。
この時間は、とても静か。
後ろで会話を楽しんでいるオージーマダムたちの声がBGMのよう。
出発までの時間を使い、ゆっくりと今回の旅の記憶を呼び戻しています。

実は取材はまだ続いていて、
取材チームは明日からウルル(エアーズロック)へと移動。
わたしだけ、ひと足早く日本に戻ります。

そう、明日は東京ミッドタウンの開業日。
そしてザ・リッツ・カールトン東京のオープンのテープカットが早朝8:30に行われます。

桜も咲き、すばらしいオープニングデイを迎えることでしょう。
なんとメディアは1000人以上集まるとのこと。
我々も7:30には現場に行く予定。

ビーチと熱帯雨林の静寂から、
今とびっきり注目の東京ミッドタウンへと。

このメリハリと緊張感がたまらなく、好き。

人生もまた、旅の連続なのですね。
by naoko_terada | 2007-03-29 11:43 | トラベル | Trackback(6) | Comments(13)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム